忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

相棒8ー11 願い

1994年に起こった田島はるか失踪事件で当時田島家が住んでいた家から盗聴器が発見された。その事から失踪事件が計画的な誘拐事件だったのではないかと推測した右京は事件を調べ始める。

杉下右京【 水谷 豊 】
神戸 尊【 及川光博 】
伊丹憲一【 川原和久 】、三浦信輔【 大谷亮介 】、芹沢慶二【 山中崇史 】
角田六郎【 山西 惇 】、米沢 守【 六角精児 】
鷹野涼子【 黒田福美 】、南条義弘【 山口馬木也 】
南条夏樹【 肘井美佳 】、香坂雅彦【 小須田康人 】、南条恵子【 今本洋子 】
坂田雅彦、小林尚臣、浜近高徳、手塚秀彰
和泉今日子、大綱めぐみ、福島勝美、優希
志水正義、久保田龍吉、松田梨紗子、深澤大河
宮崎稲穂、八巻博史、中西台次、山本修、須藤正三、石塚良博
芸優、テアトルアカデミー、VIVIT
アルファコア、東映アカデミー

■ ■ ■ スタッフ ■ ■ ■
【ゼネラルプロデューサー】松本基弘(tv asahi)
【プロデューサー】伊東 仁(tv asahi)、西平敦郎、土田真通(東映)
【脚本】太田 愛
【音楽】池 頼広
【撮影】会田正裕、笹村 彰 【編集】只野信也
【照明】中島淳司  【録音】渡会民雄
【VE】深澤雄壽  【スクリプター】栗原節子
【選曲】三田兼玄(アウル) 【MA】藤沢信介
【音響効果】伊藤進一(カモメファン) 【EED】谷内和正
【美術】伊藤 茂 【装飾】田村康利(大晃商会)
【装置】紀和美建 【版画】猫野ぺすか
【衣裳】岡本華菜子(東京衣裳)
【スタイリスト】斎藤真喜子
【メイク】西島容子  【持道具】市川清美
【スチール】阿部昌弘 【タイトルバック】IXNO image LABORATORY
【殺陣】二家本辰己(日俳連・アクション部会)
【車輌】ストロングワーク、マエダオート
【宣伝】西尾浩太郎、大川希(tv asahi)
【演技事務】清水亜紀、高地宏明
【編成】西 勇哉(tv asahi)
【インターネット】村上 弓、木戸由紀子(tv asahi)
【助監督】東 伸児 【制作担当】遠藤聖一
【ラインプロデューサー】今村勝範
【仕上協力】東映ラボ・テック、TOVIC
【技術協力】アップサイド
【美術協力】高津装飾美術
【システムサポート】
Panasonic、yano、Studio DU、Blackmagic design

【衣裳協力】
ピースクラウン、フレックスジャパン、三松商事、ワキタ、コットングラフィック、HIROTA CO.,LTD、HANABISHI
堀越ネクタイ、ミカレディ、シャルトル、ILE CENTRE (株)イルサントル、L'EQUIPE YOSHIE INABA、SPECCHIO、BELLE MAISON、ラブエル

【装飾協力】
TOSHIBA、Daiohs.、OAランド、IWATSU、(株)警察時報社、タムラ、VAIO
STANDARD、(株)埼玉金周、HAMILTON、SHEAFFER、BALL、IKETEI
lineabold、大塚製靴(株)、クラウン製靴(株)、マスダ、MURAI

【撮影協力】
埼玉県小川町観光協会、川崎マリエン、湘南藤沢フィルムコミッション、小林画廊、観明字

【監督】安養寺工
【制作】tv asahi、東映

放送日:2010/01/13 テレビ朝日系列
記録日:2009/01/15
視聴率:15.7%
相棒 season5 下 (朝日文庫) 相 棒 season6 上

■ロケ地メモ
湘南藤沢フィルムコミッションより『大庭台墓園』=藤沢市大庭3782番地

まだ前回と前々回の感想をあげていないが
なんというか予告の方にすでに気を取られている今回の相棒です。
・・・・だってしょうがないだろう。
大河内へ向かってあの言葉。
そして予告での伊丹の言動。
来週誰書いてんだろう?楽しみで仕方がない。

で、今回のはというと正直、人間関係が分かりづらかった。説明台詞が多かったのもあるが。
誰が死んでて誰が生きてるのか途中でこんがらがったり
金渡してた人の前振りがなかったから、アレ旦那?いや違うな・・・と
一瞬きょとんとしてしまったり。
まぁ、カッコいい山口馬木也が見られた事は嬉しかったですけれども。
馬木也の鋭い眼光に、キターキターキターと、一人ほくそ笑んでしまったぜ。
理解力というか整理整頓力の無さに軽く凹んだ回でした。
しかしなんだな、相棒見てるとチラチラと好きな役者さんが出てきてくれるのが嬉しいな。
名わき役。大好きだ。
今回何気に気になったのが、一番最初に情報聞きに行った警察の人。
右京さんの事を人の話を聞いてないのかと指摘したあの人ちょっと好き。
レギュラー陣は米沢さんは使いッパシリ。伊丹には珍しく情報提供の右京さん。
いつの間にか右京さんの携帯電話に伊丹んの電話番号が登録されてるんだよね。
誰が教えたんだろう。薫ちゃんなのかな。
セリちゃんは、うきうきわくわくと情報貰って楽しそうで何より。
べらべらしゃべってるけど、また怒られるんだろうな。
角田課長はせっかく情報提供したのに、知ってたで終わらされる。
そこは知らなかったでいいのにな・・・まぁ、二人いたら知ってるものなのかね。
ひっそりと雑誌を奪われる大木、小松ペアが可愛そうすぎる(笑)
右京さんはというと今回の激憤部分がカッコよい。
あと好きにしろといっておきながらついてきてるのを確認して
神戸と顔を合わせて事務所に入る右京さんに少しの優しさを感じた。
過去の事件をどれだけ記憶にとどめているのか気になる右京さんの頭である。
今更だが、過去の人の過ちをネチネチと言えるのだから相当執念深いのだろうか・・・。
いろんな事に未練たらたらなのかもしれないな・・・。
神戸くんは、特に何もなく。右京さんとの対立も、冷静な批判もそんなになくて。
うーん、もうちょっと対比があると嬉しかった。
今回はそんな感じかなぁ。
時効ネタといえば、ありふれた殺人というのが個人的には強烈な印象を残しているが
今回のは、本当に被害者遺族側が・・・という、切ない話。
でも事件を追って行く事で感情を動かされるよりは、事実を確認したという気分で。
一つのネタでもこうも違う話が出来るんもんなんだなぁと思ったよ。
あと、気になった事が一つ。音楽が煩く聞こえた。以上。
では、次回を待つとする。最後に一言だけ。
久しぶりにFBI研修から帰ってきた三浦さんが見られて良かった。
妙に落ち着く存在である。


■青空警察相談会も特命係の仕事
■パンダのきぐるみ。相棒はパンダ押しか?!
■1994年1月19日、田島はるか、失踪事件。緑川署。杉並区。
■今井康則、任意同行。自殺。
■久我山会計事務所。
■音楽の入れ方おかしい。
■聞けよ(神戸)
■去年の12月のはじめ。風下に立つなって。
■盗聴器をしかける男@山口馬木也。
■緑川署の刑事さんw
■暇だろ?
■南条義弘。画家。情報提供するも撃沈する角田課長。
■明邦大学 有機化学研究室 教授 香坂雅彦
■まつい。会計事務所の職員。
■乾哲夫(いぬいてつお)、強盗殺人犯。51歳。14年の刑。青酸カリ。
↑生年月日 昭和33年5月13日。東京都墨田区錦糸町4-10-21
 現在住所 東京都練馬区西練馬、ロイヤルコンフォート
↑身長165cm、体重63kg、靴27.5cm。
↑B96cm,W65cm、H98cm
↑血液型B型。視力:右1.2、左1.0
■伊丹の元へ右京から電話。
■うきうきとやってきてペラペラ喋って帰る芹沢。
■時効ですべてが許されると思ったら大間違いです!(右京)
■伊丹もイライラッ。犯人を取り押さえるのは芹沢と三浦さん。
■自供。ガーベラ。
■あなたがたが、こうするしかなかった事がとても残念です(右京)

拍手[4回]

PR