忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

相棒4ー8 監禁

水谷豊・杉下右京
ビバ、サトエリ!ということで今回は最初っから犯人が分かっている
時間制限アリ、パターン。内容はサブタイトル通り監禁。
誰が監禁されたかというと、もちろん巻き込まれ率No.1を誇る
亀山薫!ですよ。人質になったり、爆弾目の前に脅されたり、家のっとられたり
いろいろ、いろいろありましたけれども人間違えで監禁までされる日がくるとは。流石。
「刑事のくせに拉致監禁」(by美和子)
薫ちゃんだから違和感のないとも言うよな。
ちっとは褒めろと?では・・・えぇえ・・・・・んとねぇ・・・
見つからないわけじゃなくてね(ヲィ)
手を縛られての怯えっぷりはセクシィでしたよ。可愛かった。
・・・あぁ、褒めてないなぁ。ちょっとは心配してたぞ、薫ちゃん。
右京さんのモノマネは似てたなぁ~っ。さすが寺脇さんだ(笑)

右京さんはといえば、薫ちゃんが四苦八苦して色々やられてる中
女子学生と談笑・・・( ̄Д ̄;;
遅れてきてるのだから少しは心配してあげてください!
ってまぁ、前があるからな、薫ちゃんの場合はな。
探し始めたと思えば発覚、薫ちゃんが連れ去られたワケ・・・( ̄Д ̄;;
まさか褒めてくれそうで可愛いから薫ちゃんに渡してあげたなんてことは
・・・無いよな。酷すぎる(笑)
今回の右京さんは、良い所をごっそりと持っていったよな気が。
そ知らぬふりでヒーローのように登場だよ。
観察力、行動力、推理力、さすが和製シャーロックホームズ!と
言いたいところだが過程が過程だけに褒め称えられない(笑)
騙されてるのも知らない薫ちゃんってば・・・幸せなのかもな。
途中、邪魔者扱いされてたのも知らなければ幸せだよな・・・うんうん。
今回は右京さんの笑顔と、おとぼけ顔が素敵でした。

最強の女?ミサエ
ミサエのぶっとんだ暴れっぷりが最高だった。
サトエリと演技ってイメージの中でそんなに結びついてなくて
どうなんだろう?と思ってたんだけど、これは良かった。
ハンマー振り回すとか、金属バット引きずってるとか
正体不明の液体を入れた注射を持った姿とか、パンチ力の凄まじさとか
ぶっとびすぎた頭で可愛くて乱暴。
絶対近くに置きたくないタイプだけれど最高だったよ(笑)

捜一と右京さん
もはや亀山という名前を忘れられたのか“亀”呼ばわりされてる男が
どうなっているのかも知らずにほのぼのと楽しそうに話す3名。
そこで最近話題の事件をピックアップ。
元ていせい大学文学部教授、おちあいそうはち。
評論家にして歴史評論家でもある、いとういちろう。が一ヶ月で失踪。
三浦さん曰く、名づけて『インテリ失踪事件』
キメていう事じゃないけど、貶すほどでもないと思ったオイラは
ネーミングセンスが古いという事なのか。
せっかく三浦さんがキメッて言った事件名を「古い!」といったイタミンの言葉に
三浦さんがバチコンッと殴ったのは芹沢くん・・・。相変わらず災難ですねぇ。
笑っただけなのにな。その後横で口を押さえて話を切り替えてるイタミンが笑えるよ。
イタミンは直接殴るよりも別の方が動くってことなのか。三浦さん、操縦なれしているなぁ。
そんな三浦さんがつけた事件名に薫ちゃんが含まれているのではと右京さんが
米沢さんに伝えた言葉が、インテリ(1名除く)失踪事件。
ははっ、ははっ・・・さらりと除いてあげないでください(失笑)

今日のツボシーンは女性社員の絶叫!
叫びっぷりが尋常じゃないんだ。
可愛らしいきゃーーーじゃなくて、あ゛ぁ゛ぁあああ~~~ッ!!みたいな。
まさに絶叫。何度も絶叫。いやぁ、いい叫びっぷりでした(笑)

今日の教訓としては甘い言葉にはご用心でしょうか。
犯人となってしまったものも、殺されたものも。

メモ
■推理小説研究会の中学生と対談
■右京をモデルに推理小説を書きたいらしい。
■都民ジャーナルに記事が載る
■中学生と楽しそうに話しているのが羨ましいらしい角田課長
■ずっと特命係を覗いている暇すぎる角田課長
■薫が来て無くても「別にいっか」な角田課長
■薫の言う相棒って響きが違和感でもあり、いい響きでもあるな。
■4ー2殺人講義に出てきたマンション管理人@遠山ちずさんが都民ひろばに投書。
■ミサエは2度も実刑を食らっている。
97年、職場での業務上横領に始まって詐欺、横領、強盗未遂、暴行、暴行、恐喝、詐欺
■ミサエは金が相当好き
■新田南不動産の空き物件は68件、関東一体に手広くやってる。
■薫が捕まっていた場所・利根郡片品村1625-174
■右京は中学生の時に推理小説を書いていた。
■右京の書いた小説のタイトルは「亡霊たちの咆哮」
■右京曰く遊び半分で書いたものだが、薫曰く小難しい小説。
■刃桜の会はその小説に出てくるもの。
■その小説を面白がった推理小説サークルの大学生が同人誌で取り上げたのが広まったきっかけ。
■右京の小説は「新時代ミステリー作品集」に載っている。
■午後11時38分
■手握られすぎ
■新田は右京の大ファンだった。
■薫の携帯はハンマーでぶっつぶされた。
■美和子の携帯はたぶんSH901iS(ホワイトアイスかシルバーサンド)

暗号
やまとはくにのまほろば
たたなづくあおがき
やまごもれる
やまとしうるはし

都民のひろば
警視庁に和製シャーロック・ホームズ
投書によると、警視庁の特命係には、まさに和製シャーロック・ホームズとも言うべき刑事が存在するという。
先日の事である。私が管理をしているマンションにおいて、以前よりマンションに住んでいた大学生の娘さんが、
非業の死を遂げた。警視庁の捜査で彼女は毒物を飲み自殺をしたとの結果であったが、私自信どうしても彼女が
自殺したとは思えず、その訴えをするべく警視庁に向かい、特命係の刑事さんにその事情を説明し、彼女の
死の真相を調べてもらう事にした。
彼らは二人組の刑事で捜査をし、いとも簡単に彼女が毒殺された真相を暴いたのである。
結果、彼女の交際していた男性が逮捕され、彼女の無念を無事はらしたのである。
東大法学部を出ているというその刑事は、ささいな手がかりをつなぎ合わせ、あらゆる謎を解いてしまう。
まさに和製シャーロック・ホームズというべきおもむき。
今回の事件以外にも、きっと幾多の事件の解決にこの特命係が深く貢献しているに違いない。
(マンション管理人・六十歳)

record:2007.09.28
放送日:2005/11/30

ミサエという女に捕まえられ気を失っていた薫は
気がつけば部屋の一室で両手両足をイスにしばられ動けない状態にされていた。
ミサエは金庫の鍵をあけたいから、金庫の前にある暗号を解いてくれという。
その頃、右京は先日の事件で関わった管理人が投書した都民ひろばの記事を見たという
推理小説研究会の中学生のインタビューを受けていた。
右京と間違われていると気がついた薫だったが言っても信じてもらえない。
近くにあったガラス片でロープを切って逃げようと試みるが失敗に終わってしまう。
逃げようとした時に死体が転がっているのを見つけてしまい自分の身が危ないことを知る。
しかし逃げる際に足を怪我し、逃げることが不可能になってしまった事から
薫はとにかく時間を稼ぐ事だけを考え行動をしはじめた。
美和子が薫が電話に出ない事を不審に思い、右京のもとへと訪ねてやってきた。
伊丹たちの元へ行ってみると今話題になっているインテリ失踪事件に巻き込まれたのではと
冗談半分に話していた。右京は薫の身に何かあったのではと前日の帰り際に出くわした女性を思い出し
カバンについた指紋を前歴者リストと照合。前歴者の名前にその女性の名前がある事に気がつき
彼女の行方を追い始めた。


キャスト
杉下右京【水谷豊】、亀山薫【寺脇康文】
奥寺美和子【鈴木砂羽】、宮部たまき【高樹沙耶】
伊丹憲一【川原和久】、三浦信輔【大谷亮介】、芹沢慶二【山中たかシ】
角田六郎【山西惇】、米沢 守【六角精児】
進藤ミサエ【佐藤江梨子】、新田信彦【酒井敏也】
中川謙二、吉本菜穂子、加藤英真、碇由貴子
志水正義、久保田龍吉、梅田宏、石田哲也、吉谷彩子
放映プロジェクト、藤プロダクション、テアトルアカデミー、東映アカデミー

スタッフ
【チーフプロデューサー】松本基弘(tv asahi)
【プロデューサー】
島川博篤(tv asahi)、須藤泰司、西平敦郎(東映)
【脚本】古沢良太
【音楽】池頼広   【音楽監督】義野裕明
【撮影】会田正裕  【照明】高橋道夫
【録音】舛森 強  【VE】石川友一
【編集】只野信也  【MA】藤沢信介
【EED】谷内和正 【音響効果】大野義彦(大泉音映)
【美術】伊藤 茂  【装飾】田村康利(大晃商会)
【装置】紀和美建  【車輌】アスカロケリース
【衣裳】谷川亜希(東京衣裳)
【スタイリスト】斎藤真喜子
【メイク】石川麻紀美
【殺陣】二家本辰己(日俳連・アクション部会)
【宣伝】五十嵐恵(tv asahi) 【スチール】阿部昌弘
【タイトルバック】サワイアキヒコ(ビヨゴンピクチャーズ)
【助監督】東 伸児  【スクリプター】竹本貴久子
【進行主任】金井光則 【演技事務】清水亜紀
【製作担当】今村勝範、磯崎憲一
【プロデューサー補】伊東仁(tv asahi)
【仕上協力】東映ラボ・テック、TOVIC
【技術協力】オーエイギャザリング【美術協力】高津装飾美術

【衣裳協力】
ピースクラウン、フレックスジャパン、三松商事(株)、AINEXX、AVIREX USA、ALPHA INDUSTRIES INC
中田商店、tay、OshKosh、S.P.R、BELLE BOUDOIR、we-nge、都繊維
NEXT、撫松庵、堀越ネクタイ、Pinky&Dianne、&byP&D、ARTISAN銀座店

【撮影協力】
ミリオン、STANDARD、エースバッグ、NTTドコモ
TOSOトーソー(株)、MONT BLANC、警察時報、HAMILTON、CITIZEN
UNTITLED、マスダ、&byP&D、Tulsa Time 、???

???は不明個所

【監督】和泉聖治
【制作】tv asahi、東映

視聴率:14.0%

キャストメモ
■進藤ミサエ【佐藤江梨子】・・・暴れまわってた女性
■新田信彦【酒井敏也】・・・ミサエの横にいた気の弱そうな男
■吉本菜穂子・・・たぶん、新田の所で働いていた社員

拍手[1回]

PR