忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

相棒4ー5 悪魔の囁き

水谷豊・杉下右京
1回分まるまる犯人探しの今回でしたがイケるものですねぇ。
内田先生が発していた「悪は人を魅了する」の言葉どおり
自分も悪に魅了されていたのかも。
いや、この雰囲気に呑まれたのかな~。とにかく2話続けて濃かった。
ウィンパティオ、ウィンパティオ・・・
意味は分からないけれど村木に続いて出たこの呪文に妙に
ゾクゾクしてみたり。恐怖感からですねぇ。
異次元って感じ、けれど自分の中にもあるという悪魔。
恐いよなぁ・・・。そうそう、恐いといえば
先生が犯人の部屋に入った時のカーテンの向こうに
引き込まれていくような腕の動き
あの薄暗い中で何か得たいの知れないものにすぅ~っと持っていかれ
そうになってるところも恐かったな。変なパワーがみなぎってそうな。
未知の世界があけられる瞬間。ここ好きだった。
確信するべくとった行為は絶望からだったのか、興味からだったのか・・・
どちらもだったのか、彼女もまた悪に魅了されかけてた一人だったんだろうな。
「快楽のためだけに人の命を奪うなんて」という言葉にはほっとしたよ。
人として彼女自身は戻ってきたのだと。
それにしてもラストに向けての高橋一生くんの演技は凄まじかったなぁ。
不安定で、嬉しげで、自分の中に入っていく感じが凄く良かった。
あれが別の人だったらまた違った終りに感じてただろうな。
彼があの役でよかったよ。ホントに。

右京の怒り
救って欲しいのは僕だ、本当の被害者は僕なんですよと言う犯人に
右京の怒り爆発。「いいかげんにしなさい!」
「自らの欲望のために勝手な理屈を作り上げただけです」
って、いつもひねた言い方する所がある右京さんだけど
怒る時っていうのはすごくストレートだよね。だから響く言葉でもある。
薫に向かってもそうだった。犯人を捕まえる事、そこには被害者がいるという事。
キツイけどストレートな右京の言葉。
そんな言葉を聞いても、いや聞こうとせず、死のうとする犯人。
きっと警察としての右京さんの一番嫌うところなんだよね。
死をもって終わらせるというのは。
第1話でもそれが出てるし、死のうとする犯人達を前にシリーズ通して
ずっと右京がいい続けている事。そんな思いが薫にもうつったのかな。
いつもに増して、薫の怒りも爆発してたような気がする。

薫の右京さん好き発覚
ピアスと右京さんがいなけりゃ13年前の事件と今度の事件との
わずかな類似点に気づく人はいなかっただろうけどなッ!!
犯人前にして、右京自慢かぁ~。
どれだけ右京さんが好きなのだと。褒め称えすぎてるのにちょっと笑った(ヲィ)
久しぶりにガツンと言われて凹んでたはずなのにね~(笑)

今日も暇な角田課長
帰って来た特命の2人に『暇か?』攻撃をかわしたかと思ったら
薫すかさずツッコミ「どっちが」
言っちゃった。言っちゃった!!(笑)
その後、頑張れよサンチャゴ!って角田課長が言うのだが
意味が分からないでいたら「老人と海」って言われて薫が『そっちか』って
答えてたんだけど自分にはわからなかった・・・( ̄Д ̄;;
で、調べたらヘミングウェイの老人と海だったのね。
そこに出てくる漁師の名前がサンチャゴらしい。しらねぇ・・・。

三浦さんのキャラその1?
村木の奥さん、取調べ中に何を言い出すのかと思えば三浦さんに向かってぼそっと
「おじさん、老眼でしょ?」
わー!おじさん言うなぁー、老眼言うなぁーー!!
と思ってたら三浦さんからの返答が
『最近少し』
そうなのかよっ!!(笑)
なにげに後で芹沢がチラッと三浦さんの顔を伺ってる。失礼ですよ芹沢くん。
ここまで三浦さんに眼鏡なかったのにこの後からだよね。
バレたからもういいかと開き直ったのか?(笑)
やっと三浦さんにもプラスαのキャラがついた瞬間だったな。

メモ
■屋台のおでん屋の名前は、おでん 御待堂 OH!MACHIDOW
■探し当てた女性と薫がモメてた場所は
 東京都豊島区北大塚2丁目6-8(イル・ド・フランス)
 東京都豊島区北大塚2丁目12-5(高田神仏具店)あたりか?
 大塚駅北口付近?バナナ倶楽部、エクセレントパート1
■電話をとった女性・エデンの星
■奥さんのアリバイは助手が立証、でも助手が犯人?
■本当に本庁の人?「ほんちょ、ほんちょ~」(ホントホントって薫ちゃんギャグ?!)
■薫ちゃんのグチで気がつく右京さん
■米沢さんの高所恐怖症話で気がつく右京さん
■殺害された時間:平成17年11月1日午後8時から平成17年11月2日午前2時頃
■G線上のアリア(内田先生が村木の書いた絵をばら撒いて見てる所)

record:2007.09.23
放送日:2005/11/09

村木が10件すべての事件を自供し死亡したことにより終わり方に見えた。
しかし村木は足に怪我をしている事とピアスが3つ発見されていない事から3つの犯行が立証できない。
妻が共犯者であるとふんだ1課は取調べを行うが妻にはアリバイがある事が分かる。
右京たちは犯人が埼玉の人間だと思い込み女性を殺したのではないかと、女性が埼玉にいた
理由と犯人との合流方法を探る。遺留品から浦和に注目し、客が外でデート譲と待ち合わせできる
倶楽部に殺された女性が在籍していたことが分かる。そこで客の情報を得ようとするが
客からの呼び出しの電話に応じた女性が金を持って逃げてしまっていた。倶楽部で電話が
かかってくるのは男性だけとは限らないときき、村木の担当の内田を怪しむ右京は
内田の公演記録を調べ、3つの事件と公演の行われた場所が近い事を知る。
そんな時内田から呼び出しがあり、村木が書いた絵を見せられた。これは内田の挑戦なのだろうか。
しかし内田は高所恐怖症のようで、橋で人殺しが出来るだろうか・・・


キャスト
杉下右京【水谷豊】、亀山薫【寺脇康文】
奥寺美和子【鈴木砂羽】、宮部たまき【高樹沙耶】
伊丹憲一【川原和久】、三浦信輔【大谷亮介】、芹沢慶二【山中たかシ】
角田六郎【山西惇】、米沢 守【六角精児】
内村警視長【片桐竜次】、中園警視正【小野了】
内田美咲【奥貫薫】、村木順子【山下容莉枝】
安斉直太郎【高橋一生】、佐古秀樹【山崎一】
水橋【新納敏正】
志水正義、久保田龍吉、かなやす慶行、石井悠葉
堤幸恵、大浦理美恵、岩脇彪志
放映プロジェクト、トライアルプロ、テアトルアカデミー、東映アカデミー
村木重雄【小日向文世】

スタッフ
【チーフプロデューサー】松本基弘(tv asahi)
【プロデューサー】
島川博篤(tv asahi)、須藤泰司、西平敦郎(東映)
【脚本】砂本量、瀬巻亮犬
【音楽】池頼広   【音楽監督】義野裕明
【撮影】会田正裕  【照明】高橋道夫
【録音】舛森 強  【VE】石川友一
【編集】只野信也  【MA】藤沢信介
【EED】谷内和正 【音響効果】大野義彦(大泉音映)
【美術】伊藤 茂  【装飾】高桑道明(大晃商会)
【装置】紀和美建  【車輌】アスカロケリース
【衣裳】谷川亜希(東京衣裳)
【スタイリスト】斎藤真喜子、笠本ゑり子
【メイク】石川麻紀美
【殺陣】二家本辰己(日俳連・アクション部会)
【宣伝】五十嵐恵(tv asahi) 【スチール】阿部昌弘
【CC】永見康明
【タイトルバック】サワイアキヒコ(ビヨゴンピクチャーズ)
【助監督】東 伸児  【スクリプター】唐崎真理子
【進行主任】金井光則 【演技事務】清水亜紀
【製作担当】今村勝範、磯崎憲一
【プロデューサー補】伊東仁(tv asahi)
【仕上協力】東映ラボ・テック、TOVIC
【技術協力】オーエイギャザリング【美術協力】高津装飾美術

【衣裳協力】
ピースクラウン、フレックスジャパン、CRICKET、三松商事(株)、都繊維、シルクバード
中田商店、HOUSTON、AVIREX USA、???、NEXT、nicole、撫松庵
堀越ネクタイ、Epoch、???、伊万里、MARCON、ミカレディ、SAN E ORIGIN

※ ????は不明

【撮影協力】
DELL、HITACHI WOOO、STANDARD、BENQ、タムラ
エースバッグ、NTTドコモ、TOSOトーソー(株)、MONT BLANC、OAランド、CASIO
HAMILTON、CITIZEN、ヒラテ、学校法人目白学園

【監督】和泉聖治
【制作】tv asahi、東映

視聴率:13.8%

拍手[0回]

PR