忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

相棒4ー4 密やかな連続殺人

水谷豊・杉下右京
今日もひきつけられました。連続殺人犯は誰か~っていうので
この期間に2時間で砂本さん脚本。しかも知らない脚本家さんとするのは
珍しいことだなって初めて見た時不思議に思ってた。
このしばらくした後、その理由も、もう一人の脚本家さんも
判明するわけですが・・・。詳しくはオフィシャルガイドブック相棒を参照ということで。
後になっても記憶に残ってる回です。

何より登場人物が全員濃くて濃くて濃くて・・・。
犯罪者も、そうでない人もキャラが全面に出てるのね。
レギュラー陣だってそうだ。内村部長たちの右京の話に
耳を傾けるけど絶対右京の前では折れないっていう意地の悪さと
実績があるから気にせずにはいられない、右京が去った後の
こそこそ感!(笑)可愛かったよ。

可愛いと言えば
伊丹・亀山ペアのズボン捲り上げてのプールサイドでの会話が
ツボだった。先生と右京さんとは違って、わっかりやすい腹の探り合いな(笑)
普段なら2人のぶつかりあいが相棒名物だが、2人して同じ場所に
相棒連れずに一人で出くわしたからか、近くで話し合いながら
情報交換しながらやってるのが珍しい。対等な立場でのやりとりがいいね。
この2人が並んでるの好きです。
仲がいいのか悪いのか今日の伊丹の亀山に対する挨拶は
このカメキチ!だった。イタミンが楽しげで何よりです。

芹沢の成長っぷりには驚いたな。一山超えたからか?
手回しがイイ芹沢に対して伊丹が一言。
「時代は芹沢さんですか」
イタミン語録が増えましたね。最初は本で見たのかな、この語録。
まさか伊丹の口から発せられるとは。
そうやって最初に調子にのった事で「俺達はもう必要ないってか」と三浦さんに
ごちゃごちゃ言われる所から薫にイラッとした伊丹に頭をはたかれ
これまた夫婦を見てイラッとした伊丹に車内でほっぺたをムギューッと抓られる。
芹沢くんは仕事が出来ても散々ですか。
これからも先輩方の大人気ない姿に堪えていってくれ。
伊丹のどつきは芹沢専用。愛のムチだと思えばなんとか頑張れるはずだぁ。

最後のシーンはひきつけられたよ。CG具合が凄かったけど。
この先は破滅なのに何か楽しげで、荒れる天候が彼を迎え入れてるみたいで
悪魔のような羽が不気味さをかもし出してた。最後なのに燃え上がったよ。
奇抜なというか、頭のイイ犯罪者が設定だからかそれを取り巻く人たちも
凡人にはついていけないような、そんな人がいっぱいだった。
どちらかというと右京さんに近い人種。根本的に違っているのは犯罪に対する心構え。
右京が犯罪者となったならば、誰か捕まえられるのだろうか。

メモ
■第一発見犬?の名前はじゅんちゃん
■時代は芹沢さんですか(by伊丹)
■じゅんちゃん、所持品発見(犬の手を借りた捜一)
■方耳ピアス殺人事件
■この亀吉(カメキチ)
■村木の家は練馬区旭丘
■芹沢くんのほっぺたをムギューッ(抓る)伊丹
■つまんねぇこと根にもってる芹沢
■薫ちゃんはウソつくとき丁寧語になる
■伊丹と薫ペア多い
■角田課長が読んでいた本・キリン芸能。暇なのは角田課長
■実際には神さんには頭あがらなくても心の中では俺の方が偉いんだぞって思いたい(by角田課長)
■予備校には縁が無かった右京
■村木は人気予備校講師で年収5000万だった
■舎人中央公園OL殺人事件(13年前の事件)
■荒川河川域OL殺人事件(今回の事件)
■村木が勤めていた所・明新ゼミナール
■高所恐怖症・米沢さん
■奥さんの仕事場・NSPコンサルティング
■冒頭付近で役名。
■薫「マジですか?」、右京『マジです』
■久しぶりに佐古秀樹登場。詳しくは1stー4話「下着泥棒と生きていた死体」参照
■佐古秀樹は刑事を止め屋台@おでん屋を開いた。
■美和子は薫の行動パターンをお見通し

酷いシリーズメモ
■君のつまらない思いつきには慣れていますから(右京→亀山)
■右京さんにとって鋭すぎる薫ちゃんはオカシイ模様
■もともと変人でらっしゃるから(角田課長→右京)
■つくづく暇な特命係(角田課長)
■予備校には縁が無かった薫に対して“スポーツ特待生だからねぇ”(角田課長→薫)

方耳ピアス殺人事件履歴
1980年代
■1981年・・・大阪(扼殺)
■1983年・・・北海道(刺殺)
■1987年・・・広島(毒殺)
■1989年・・・宮城(刺殺)
1990年代
■1989年・・・東京(絞殺)
■1992年・・・千葉(毒殺)
■1996年・・・長野(絞殺)
2000年代
■2001年・・・福岡(溺死)
■2004年・・・京都(扼殺)
■2005年・・・東京(刺殺)

クラシックメモ
■G線上のアリア/J.S.バッハ(冒頭、テレビを眺めているところ)
■バイオリン協奏曲第二番(第二楽章)/J.S.バッハ

record:2007.09.21
放送日:2005/11/02

薫は元刑事の佐古の開く屋台へと足を運んでいた。
そこで未解決事件の被害者の遺留品だというピアスを譲り受ける。その次の日
荒川の河川域でOLの死体が発見された。死体には方耳にしかピアスがついていない。
何か関連があるのではと右京に話し、2人は13年前の事件を調べることに。
当時、ピアスの事は伏せられていた事から今回の事件が模倣犯だとは考えにくく
13年前の事件と同一人物である可能性が高い。しかし13年もたって殺人を犯すだろうか。
各都道府県の警察に問合せをした薫たちは、各地で同じように方耳にピアスが残されていた事件が
あった事を知る。手口を変えて連続殺人を犯していた事、同じ所で殺人を犯していなかった事と
警察の情報交換がされていなかった為に今まで発見されていなかった。
右京たちは13年前の事件で当時容疑者として疑われていた村木を訪ねた。マンションへ行ってみると
村木は手首を切って部屋から逃げ出すように出てきた所に出くわす。伊丹曰く家に上がりこんで
しばらくしたところ様子がおかしくなり村木が自分で手を切ったのだという。
村木の手当が終わった頃、病院へ奥さんがやってきた。奥さんは現れるなり夫の村木に暴力をふりはじめ
死んでみろと罵り始めた。しかしピタッとやめたかと思うと2人で寄り添って帰っていった。
その際、右京は奥さんの耳に注目。方耳がつぶれている事を発見する。
行動パターンは変えるのになぜピアスだけは持ち去るのか。
精神科医の内田美咲(奥貫薫)に訪ねた所、ピアスを取る行為は人を支配することに当たるという。
村木は奥さんを間接的に支配したかったのではないだろうか。
角田との話で人気講師は各地に出張に行くことが多いと知った右京たちは
昔、村木が働いていたゼミの村木の出張記録を確かめる。
事件があった場所と時期を同じくして村木が出張していたことを確認する。
村木の犯行かと思われたところ、今回の事件の殺害現場が発見された。
橋の上で殺害し、川へ突き落としたようだ。しかし村木は事故で体が不自由になっている。
今回の事件は起こせないのでは無いだろうか。妻が共犯か?不自由なのは芝居か?
1課が村木の家を家宅捜索したところ、村木の家から事件の時に消えた片方のピアスと同じものが発見された。
逮捕かと思われたが村木は逃げるように屋上へ行き10件の罪を告白し飛び降りてしまう。事件は解決・・・か?


キャスト
杉下右京【水谷豊】、亀山薫【寺脇康文】
奥寺美和子【鈴木砂羽】、宮部たまき【高樹沙耶】
伊丹憲一【川原和久】、三浦信輔【大谷亮介】、芹沢慶二【山中たかシ】
角田六郎【山西惇】、米沢 守【六角精児】
内村警視長【片桐竜次】、中園警視正【小野了】
内田美咲【奥貫薫】、村木順子【山下容莉枝】
安斉直太郎【高橋一生】、佐古秀樹【山崎一】
志水正義、久保田龍吉、飯口美穂、大塚太心
門脇亨、堤幸恵、土井里美、中野寛海
放映プロジェクト、トライアルプロ、テアトルアカデミー、東映アカデミー
村木重雄【小日向文世】

スタッフ
【チーフプロデューサー】松本基弘(tv asahi)
【プロデューサー】
島川博篤(tv asahi)、須藤泰司、西平敦郎(東映)
【脚本】砂本量、瀬巻亮犬
【音楽】池頼広   【音楽監督】義野裕明
【撮影】会田正裕  【照明】高橋道夫
【録音】舛森 強  【VE】石川友一
【編集】只野信也  【MA】藤沢信介
【EED】谷内和正 【音響効果】大野義彦(大泉音映)
【美術】伊藤 茂  【装飾】高桑道明(大晃商会)
【装置】紀和美建  【車輌】アスカロケリース
【衣裳】谷川亜希(東京衣裳)
【スタイリスト】斎藤真喜子、笠本ゑり子
【メイク】石川麻紀美
【宣伝】五十嵐恵(tv asahi) 【スチール】阿部昌弘
【CC】永見康明
【タイトルバック】サワイアキヒコ(ビヨゴンピクチャーズ)
【助監督】東 伸児  【スクリプター】唐崎真理子
【進行主任】金井光則 【演技事務】清水亜紀
【製作担当】今村勝範、磯崎憲一
【プロデューサー補】伊東仁(tv asahi)
【仕上協力】東映ラボ・テック、TOVIC
【技術協力】オーエイギャザリング【美術協力】高津装飾美術

【衣裳協力】
ピースクラウン、フレックスジャパン、三松商事(株)、撫松庵、シルクバード
伊万里、中田商店、HOUSTON、ファントム、NEXT、???、airwalk
AINEXX、AVIREX USA、堀越ネクタイ、Epoch、MARCON、ミカレディ、SAN E ORIGIN

※ ????は不明

【撮影協力】
DELL、HITACHI WOOO、STANDARD、BENQ、タムラ
エースバッグ、NTTドコモ、TOSOトーソー(株)、MONT BLANC、警察時報社、HAMILTON
CASIO、CITIZEN、ヒラテ、学校法人目白学園、山野美容専門学校、TIPNESS

【監督】和泉聖治
【制作】tv asahi、東映

視聴率:14.8%

※今回はオープニングにキャスト、スタッフが記載され制作だけがラストに。

拍手[2回]

PR