忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

相棒3rdー16 人間爆弾

現金強奪事件が発生。伊丹から犯人が特命係の2人を指名していると連絡が入る。現場へかけつけてみると栄一が現金輸送車を前に爆弾をつけて薫たちに助けてくれと泣き叫んでいる。栄一の話によると仕事で北海道から東京に来たが仕事の休憩時に何者かに襲われ気がつくと爆弾のついたベストを着せられていて携帯電話で現金強奪を支持されたのだという。栄一には無線付きのCCDカメラが取り付けられており、犯人はどこかでこちらの様子を伺っているようだ。爆弾の配線もなくCCDカメラにうつらない背後から薫は栄一の爆弾を取り外し助け出す。栄一と犯人との関係を聞き出すが何も思い当たる事のない栄一は東京へ来た経過から話し出す。前科があることから疑われる栄一だが今は更生しているのに信じてもらえない事にふてくされる。栄一が現金強奪に失敗した事を思うとまた犯人は同じような手口で現金を強奪するのではないだろうか。
次の日、金融会社でお金が脅し取られる事件が発生する。通報によりかけつけた伊丹たちだがビルの屋上にのぼっていく男を追いかけるも電話先の犯人はこわいだろ?とあざ笑うかのように言葉を投げかけ屋上までいかせると屋上からバッグを下へ投げさせて、現金を奪い逃走した。第二の被害者と栄一は面識がない。しかし第二の被害者が関わった事業に大北海道展 北の博覧会という文字を見つけ何か関係があるのではないかとこの事業について調べを進めていくと、この博覧会は失敗に終わった事が判明する。中には自殺までした人間がいるそうだ。この博覧会の関係者が犯人だろうか。では何故、栄一が第1の被害者として狙われたのだろうか・・・・。

キャスト
杉下右京 【 水谷豊 】 、 亀山薫 【 寺脇康文 】
奥寺美和子 【 鈴木砂羽 】 、 宮部たまき 【 高樹沙耶 】
伊丹憲一 【 川原和久 】 、 米沢守 【 六角精児 】
中園警視正 【 小野了 】 、 芹沢慶二 【 山中たかシ 】
内村警視長 【 片桐竜次 】
塩塚玄 【 菅原大吉 】 、 若杉栄一 【 マギー 】
長橋貴信 【 山崎大輔 】 、 徳本卓爾 【 本城丸裕 】
藤崎卓也、三鴨絵里子、大門賢二
志水正義、久保田龍吉、矢嶋俊作、長谷川紀子
田崎正太郎、長尾奈奈
群馬県立前橋産業技術専門校の皆さん
放映プロジェクト、テアトルアカデミー、芸優、東映アカデミー

スタッフ
【チーフプロデューサー】松本基弘(tv asahi)
【プロデューサー】
島川博篤(tv asahi)、香月純一、須藤泰司、西平敦郎(東映)
【脚本】砂本量
【音楽】池頼広 【音楽監督】義野裕明
【撮影】上林秀樹 【照明】高橋道夫
【録音】谷村彰治 【VE】石川友一
【編集】只野信也 【MA】藤沢信介
【EED】谷内和正 【音響効果】大野義彦(大泉音映)
【美術】伊藤 茂 【装飾】田村康利(大晃商会)
【装置】紀和美建
【衣裳】小松沙和(東京衣裳) 【スタイリスト】斎藤真喜子
【メイク】石川麻紀美
【宣伝】五十嵐恵(tv asahi) 【スチール】阿部昌弘
【タイトルバック】サワイアキヒコ(ビヨゴンピクチャーズ)
【助監督】近藤俊明 【スクリプター】天池芳美
【進行主任】金井光則
【制作担当】今村勝範 【プロデューサー補】伊東 仁(tv asahi)
【制作デスク】清水亜紀
【仕上協力】東映ラボ・テック、TOVIC
【技術協力】オーエイギャザリング【美術協力】高津装飾美術

【衣裳協力】
ピースクラウン、三松商事(株)、フレックスジャパン
AVIREX USA、シルクバード、OSHKOSH CLASSIC
ALPHA INDUSTRIES INC、We-nge、都繊維、
住商オットー、Moririn Co.,Ltd.、撫松庵、堀越ネクタイ(株)

【撮影協力】
マウスコンピュータージャパン、HITACHI WOOO、Vertex Standard、yamani、タムラ
エースバッグ、NTTドコモ、TOSOトーソー(株)、(株)警察時報社、HAMILTON
CASIO、CITIZEN、オークニジャパン、Paul Stuart ポール・スチュアート、NETTUNO、日本文化厚生農業協同組合連合会
TAKE-UP、ミリオンマップ、群馬県産業経済間産業政策課、群馬県立図書館、FRESSAY

【監督】和泉聖治
【制作】tv asahi、東映

write:2007.04.07
本放送:2005/03/02(水)
視聴率:13.4%

 

汚い計画をたて、他人のことを考えもせず
お金を持ち逃げした人間に情けや同情やなど言ってられず
同じように苦しい目にあわせたかったんだろうか。
親は何であんな目にあわなくてはいけなかったのかと
悔しいやら哀しいやらの思いでいっぱいだったんだろうな。
そして事実を知ってか、彼らの今を知ってか、その計画へと向かわせた。
大切な人の為の復讐といってもいいのだろうか。
ホントはいい人で最後の栄一の態度や右京の言葉は
一種の賭けや願いだったのかもしれないけど
引き返して欲しいときに引き返してくれて
その心の持つものは変わっていなくて、何だかほっとした。
ただ、やりきれなさだけが残ってるようにも思えた。

CCDカメラの映像という意図で穴から覗くような感じの映像が
面白くて好きだなぁ。栄一の時もそうだけど第二の被害者の時の
伊丹たちが引きながらおっかけるのがあまり見られない図で面白かった。
正論を言う芹ちゃんとそれでも追っかけなければと思うイタミン。
それに続く刑事さんたちの図ってことは結構偉いんだな、イタミンって。
命令してたもんなぁ~。指示がカッコイイよ。

栄一@マギーの久しぶりに登場したと思ったら相変わらず情けない。
爆弾くくりつけられてへっぴり腰だなんて
一般人でありながら、あんまり無いこと経験していくな。
栄一がいると薫ちゃんはアニキみたいな存在になってるのがいいね。
いつもより男らしい。兄貴分は美和子とグダグダだが
弟分のような栄一は子供が出来て幸せまっさかりかぁ。
更生も順調でなによりだ。子供が出来たらなおさらちゃんとしないとなぁ。
子供の名前は薫ちゃんの一文字をとって薫子。
真子ちゃんの子供にしてみると、とても似合っている薫子という名前だが
栄一の子供と見るとなんだかあわなさそうな名前ではあるな(失礼)
薫ちゃんが名前を貰いましたって栄一の言葉を聞いて
写真を見てるのが何とも言えないくらい嬉しそうな顔してるな。
調子にのせると何でもやってくれそうだ。

伊丹vs亀山
伊丹からの電話を彼だとわかって切ってしまう亀山くん。
ってことは伊丹の携帯電話の番号を亀山くんは知っているのだな。
しかも登録してるってことだよね。もしくは暗記済み(笑)
現場についていち早くそのことについてブチ切れるイタミン。
どんな時でもケチはつけるのな(笑)
でも今回はvsっていうよりはイタミンが亀山くんを心配してるのが強く現れてたかな。
人を押しのけて栄一に近づこうとしたのを止めたり
後からなら大丈夫?って薫が言った後、言葉の意味をすぐに察して止めに入ったり
行くって言ったら止められない事を感じてて息を吐いてみたり
グチグチ言いながらも防弾チョッキのファスナーをあげろと指図してみたり
爆弾が爆発して倒れた2人を見て
犯人に一番近い栄一にではなく、亀山くんにかけつけてみたり
心配してます!みたいなのが緊迫した状況だからか素直に出てて
いつもと少し違うのが面白い。
そして落ち着いて栄一の取調べとなるとまたいつもの伊丹んに戻って
『遠慮は無用だ、こいつはいつも暇だから』なんて言うあたりが
可愛いよイタミンな所以だろうな(笑)
今回のイタミンはカッコカワイイね。見所満載。
第2の被害者の偉そうな態度にキレてるのがカッコよかったり
亀山くんの言葉にそれは違うだろうな顔の動きだったり
右京さんの言葉についていけなくて目をパチパチさせてたり
細かいところもあわせて、見所満載だった。

右京さんは緊迫した中でも携帯カメラで写真をとってる冷静さが凄いな。
そんなに遠くに電波は飛ばないだろうっていう知識が
あるから撮ってるのだろうけど、薫ちゃんがこれから爆弾に向かおうという時に・・・。
爆弾といえば、その爆弾がくっついたベストを投げる
爆弾処理班の方はどうなの!?だったよね。
確かに後を切って栄一から脱がしたらスグにバレるだろうから
スイッチを押されるとは思うけど。普通に車の下に投げ込んだのがビビったよ。
まぁ、無事でよかった。うん。

栄一の取調べ
今までに何度も思ったことだけどとりあえず言わせて欲しい。
相棒の取調室は密度が高すぎるよね。しかも男ばっかり。
何の場なのか分からなくなるくらいの密度だよね。
ここで栄一の言葉に不信感あらわにしてぬぅう~と顔を前にやる
イタミンと芹ちゃんの息のあった動きと格好がいいね。
なんか分からないけど前へ乗り出すイタミンの腰をつかみたいと思った。

中園さんは結構いい人なのか。
激怒してる内村に対して犯人を逃してしまった伊丹たちを
かばうような言葉を言う。
腰ぎんちゃくではあるけれど、部下側にもつく。
言うことを聞いてるだけの人間でもなくて思った事は言ってみる人なんだな。

右京さん
『帝都新聞には北海道支社がありましたね』と
薫と美和子の仲を知ってて言う右京さんて鬼?
思いついたのが嬉しいのかそれとも嫌な顔させるのが楽しいのか
笑顔で言うのはやっぱり鬼だから?
関係者の言葉に何やら思い当たった時の表情には緊張させられる。
これで終りではなく、まだ何かが起こるという表情。
4人の張り詰めた空気にも緊張させられたけど
右京さんの犯人への願いを込めているであろう問いかけは
カッコよかった。栄一の人を思う気持ちもカッコよかったよ。
ラストは右京さんの笑顔で〆。
からかっているのを見て微笑む右京さん
困ってるのを見て微笑む右京さん
酒のつまみに人の困惑・・・・・やっぱり鬼だな。


メモる
■栄一の子供の名前・・・薫子(かおるこ)
■現金輸送車・・・SGS総合警備 SOGO GUARD SECURITY
■右京の携帯・・・FOMA N900iS シルバー
■薫の家のコーヒーの豆は常に何種類かある??5つの瓶。
器具も揃っていることからコーヒーにはこだわりがあるらしい。
■薫の家・・・美和子がいないので散らかっている。
■薫の服・・・AVIREXのトレーナー
■右京さんの服・・・シャツにサスペンダー。ベルトなし。
■臼井みよ・・・栄一が爆弾つけられていた時に現場付近にいた女性
■第2の被害者が金を得にきた場所・・・みなとファイナンス(代々木通第一ビル)
■角田課長は電話だけ。
■第2の被害者の会社・・・グレイス
■第2の被害者の入院先・・・河野記念病院
■大北海道展 北の博覧会

拍手[1回]

PR