忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

相棒10 第17話「陣川、父親になる」

■ ■ ■ キャスト ■ ■ ■
杉下右京【 水谷 豊 】
神戸 尊【 及川光博 】
月本幸子【 鈴木杏樹 】
伊丹憲一【 川原和久 】、三浦信輔【 大谷亮介 】、芹沢慶二【 山中崇史 】
角田六郎【 山西 惇 】、米沢 守【 六角精児 】
陣川公平【 原田龍二 】
青井由香利【 松本莉緒 】
津村紗弥【 宝積有香 】、川野麻紀【 奈良崎まどか 】
古賀大樹【 榊原利彦 】、鈴本友之【 藤原大悟 】、藤代明実【 小野麻亜矢 】
良田麻美、志水正義、久保田龍吉、大川真澄、夏 映子
MKD office llc、芸優、テアトルアカデミー、アルファコア

■ ■ ■ スタッフ ■ ■ ■
【ゼネラルプロデューサー】松本基弘(tv asahi)
【プロデューサー】伊東 仁(tv asahi)、西平敦郎、土田真通(東映)
【脚本】守口悠介
【音楽】池 頼広
【撮影】中村耕太  【編集】只野信也
【照明】中島淳司  【録音】渡会民雄
【VE】石川友一   【スクリプター】小関ひろみ
【美術】伊藤 茂  【装飾】伊藤 悟(東京美工)
【装置】紀和美建  【持道具】田村篤司
【衣裳】岡本華菜子(東京衣裳)
【ヘアメイク】山北真佐美(WEST FURIE)
【スタイリスト】斎藤真喜子【スチール】阿部昌弘
【選曲】辻田昇司(アウル)【MA】藤沢信介 
【音響効果】大野義彦   【EED】谷内和正
【プログラミング】高山元勝  【タイトルバック】イイノ・メディアプロ
【劇用車】インペリアル  【車輌】ストロングワーク
【演技事務】清水亜紀
【宣伝】西尾浩太郎、冨田裕美(tv asahi)
【編成】西山隆一、尾木晴佳(tv asahi)
【コンテンツビジネス】村上 弓、水谷誠也(tv asahi)
【助監督】深野剛義 【制作担当】遠藤聖一
【ラインプロデューサー】今村勝範
【仕上協力】東映ラボ・テック、東映デジタルラボ
【技術協力】アップサイド 【美術協力】高津装飾美術
【衣裳協力】
ピースクラウン、永島服飾(株)、フレックスジャパン、ARAアラ商事株式会社、CHAPS EST1978、伴治郎
コットングラフィック、COMME CA MEN、Champion、Hanes、堀越ネクタイ、株式会社 犬印本舗
はるやま、リベラル、フーフォレー、Le mori co.,LTD.、Angeliebeエンジェリーベ、J・O・E・Y -factory-
【装飾協力】
msi、TOSHIBA、Daiohs.、OAランド、brother、IWATSU
(株)警察時報社、タムラ厨房調理機、株式会社 岡本商會、ACSEINE
【持道具協力】
GIRARD-PERREGAUX、クラウン製靴(株)、JAEGER-LECOULTRE、BALL、IKETEI、SHEAFFER、株式会社サン・フレイム
lineabold、大塚製靴(株)、Runwalk、SoftBank、HIDEO WAKAMATSU TOKYO、ROCKPORT、CROTON、efffy
【撮影協力】
TULLY'S、45Digital Conびni、衆議院憲政記念館
【監督】近藤俊明
【制作】tv asahi、東映
放送日:2012年2月29日(水)9:00~9:54pm テレ朝系
記録日:2012/03/04
視聴率:14.0%

陣川くんが出てきてるのにさっぱりして見られた。
ウザさがあまりない。
いつものウザさはあまり好きではないので
イラッとする事なく見終えたのだけど
逆をかえせば陣川ファンにとっては残念なことに
陣川らしさがなかったという事だろうな。
相原の方がよっぽどガチャガチャしていた。
女性に対してスマートな振る舞いが見られたソンくんも
オモリ役としてはあまりパッとしたイメージなし。
最後に、花の里で神戸から聞いたのか?噂通りに
幸子@さっちゃんの前で泣き崩れる陣川にはいつも通り
大変な様子だった。
ところで理由に嘘をついた妊婦は
なぜ取材を受けたんだろうなぁ。
説得の仕方が凄いのか。お金の問題か?
いきなり毒物持ってる彼女も怖かったなぁ。
画面軽く切り替わってたところを思うと
手紙を書いたことを知って用意して
日を改めて編集してる所でもう一回彼女の真意を確かめて
毒物をもったという設定だったのかな、アレ。

・父親になる!と特命係にやってきた陣川。
・写真屋で働いている女性=あおいゆかり
・写真屋で指名手配犯の写真を現像する陣川。
・幸せになっちゃいけない。ドキュメンタリー。
・女に惚れるとろくなことがないと角田課長に言われる陣川。
・スマートな動きと気づかいを見せる神戸。右京から非難の目。
・北赤坂における女性ディレクター服毒死事件、調査報告書、北赤坂警察署
・かわのまき、株式会社メディアプログレスのディレクター。
・平成24年2月20日、北赤坂署 東山孝之。の報告書。
・東京都港区北赤坂3丁目9-11、株式会社メディアプログレス 4F。
・平成24年、2月19日、株式会社メディアプログレス勤務 川野麻紀さん
↑(35歳)は一人で残り、映像の編集作業をしていた所
↑毒物を混入した珈琲を自ら飲んで、死亡した。
↑第一発見者は社長兼プロデューサーの古賀大樹さん(46歳)
・所有品のハードディスクが壊されていた。
・仕事の事で悩んでいた川野。全部否定する陣川にイラッとする米沢。
・どこかに出て行って、米沢神戸にほっておかれる陣川。
・否定する神戸を後輩のと強調する陣川。
・2007年度、ユニバーサルドキュメンタリー特別賞、川野麻紀、「新しい家族のかたち」
・特集ドキュメンタリー「四月二日の妊婦たち(仮題)」企画書
・取材テープ。2011/09/04
・4月2日に産む理由。星占い。子供のため…新学年に切り替わる時だから。夫婦の記念日。
・子供まで比べられる。姉も妊婦。比べられたくないので姉の子供と違う学年にしたかった。
・ゆかり以外は撮影中止。2か月前。
・陣川、編集部で夜通し川野のとったテープを100時間見続ける。2日間。他人の言葉は耳に入りません。
・捜一も捜査へ。
・30代くらいの不審な男がうつっていた事をバラしちゃう芹沢。
・4月2日の出産をあきらめたゆかり。
・占いに大変興味があると言う右京。
・サンサイン占星術、古代ルネサンス。わすれちゃいました。
・20年前、伊勢崎市街でビル火災3人死亡。
↑原因は美恵子が放置していたアイロン。青井美恵子(ゆかりの母)経営のクリーニング店で死亡。
・上の階で喫茶店を経営していた大山幸一、大山英子夫妻が逃げ遅れて死亡。
・事件の日付が4月2日。群馬県伊勢崎市。
・ゆかりは母子家庭。母親もなくして養護施設で育て足られた。
・鈴本友之(すずもとともゆき)、昭和56年6月21日(31歳)
↑本籍:東京都世田谷区成城学園2丁目10番地
↑勤務地:株式会社 東条ホーム、東京都渋谷区舞隅3丁目2番11号
↑優良運転者
↑防犯カメラにうつっていた謎の男。
↑あおいゆかりの恋人。川野と口論になっていた。
・先輩には情報をもったいぶって言う芹沢。
・アフリカ縦断200日の旅、三度目の冬。
・仮ナレ。仮ナレーションの略。自分でいれている。
・お取り込み中の所・・・・・、失礼しますよ~by伊丹
・火災の被害者遺族、大山からの手紙、字が綺麗だ。
・失望
・麻紀、昭和52年5月11日、父:大山幸一、母:大山英子、続柄:長女
↑養父:川野正義、続柄:養子
↑出生地、群馬県伊勢崎市。
・取材候補者リスト
↑1:相沢陽菜アイザワハルナ22歳、2:青井由香利アオイユカリ30歳
↑3:北岡絵美キタオカエミ30歳、4:田上智子タガミトモコ37歳
・あなたに川野さんを殺す理由などどこにもありませんよby右京
・幸せに向き合う
・元彼を後押しする男前陣川
・初幸子と対面の陣川。幸子をさっちゃん呼びの陣川。
・子持ちししゃも
・こうじ。子供に名づけるつもりだった陣川。
・杉さん、ソンくん、サッちゃん。
・酔って泣きくずれるのは、いつもの事な陣川
・イタミン、小説8下と杉下右京の冒険のプレゼントナレーション
・曲:ヘンデル作曲、 オンブラ・マイ・フ(OmbraMaiFu)

拍手[2回]

PR
CROTON、efffy
【撮影協力】
TULLY'S、45Digital Conびni、衆議院憲政記念館
【監督】近藤俊明
【制作】tv asahi、東映
放送日:2012年2月29日(水)9:00~9:54pm テレ朝系
記録日:2012/03/04
視聴率:14.0%

陣川くんが出てきてるのにさっぱりして見られた。
ウザさがあまりない。
いつものウザさはあまり好きではないので
イラッとする事なく見終えたのだけど
逆をかえせば陣川ファンにとっては残念なことに
陣川らしさがなかったという事だろうな。
相原の方がよっぽどガチャガチャしていた。
女性に対してスマートな振る舞いが見られたソンくんも
オモリ役としてはあまりパッとしたイメージなし。
最後に、花の里で神戸から聞いたのか?噂通りに
幸子@さっちゃんの前で泣き崩れる陣川にはいつも通り
大変な様子だった。
ところで理由に嘘をついた妊婦は
なぜ取材を受けたんだろうなぁ。
説得の仕方が凄いのか。お金の問題か?
いきなり毒物持ってる彼女も怖かったなぁ。
画面軽く切り替わってたところを思うと
手紙を書いたことを知って用意して
日を改めて編集してる所でもう一回彼女の真意を確かめて
毒物をもったという設定だったのかな、アレ。

・父親になる!と特命係にやってきた陣川。
・写真屋で働いている女性=あおいゆかり
・写真屋で指名手配犯の写真を現像する陣川。
・幸せになっちゃいけない。ドキュメンタリー。
・女に惚れるとろくなことがないと角田課長に言われる陣川。
・スマートな動きと気づかいを見せる神戸。右京から非難の目。
・北赤坂における女性ディレクター服毒死事件、調査報告書、北赤坂警察署
・かわのまき、株式会社メディアプログレスのディレクター。
・平成24年2月20日、北赤坂署 東山孝之。の報告書。
・東京都港区北赤坂3丁目9-11、株式会社メディアプログレス 4F。
・平成24年、2月19日、株式会社メディアプログレス勤務 川野麻紀さん
↑(35歳)は一人で残り、映像の編集作業をしていた所
↑毒物を混入した珈琲を自ら飲んで、死亡した。
↑第一発見者は社長兼プロデューサーの古賀大樹さん(46歳)
・所有品のハードディスクが壊されていた。
・仕事の事で悩んでいた川野。全部否定する陣川にイラッとする米沢。
・どこかに出て行って、米沢神戸にほっておかれる陣川。
・否定する神戸を後輩のと強調する陣川。
・2007年度、ユニバーサルドキュメンタリー特別賞、川野麻紀、「新しい家族のかたち」
・特集ドキュメンタリー「四月二日の妊婦たち(仮題)」企画書
・取材テープ。2011/09/04
・4月2日に産む理由。星占い。子供のため…新学年に切り替わる時だから。夫婦の記念日。
・子供まで比べられる。姉も妊婦。比べられたくないので姉の子供と違う学年にしたかった。
・ゆかり以外は撮影中止。2か月前。
・陣川、編集部で夜通し川野のとったテープを100時間見続ける。2日間。他人の言葉は耳に入りません。
・捜一も捜査へ。
・30代くらいの不審な男がうつっていた事をバラしちゃう芹沢。
・4月2日の出産をあきらめたゆかり。
・占いに大変興味があると言う右京。
・サンサイン占星術、古代ルネサンス。わすれちゃいました。
・20年前、伊勢崎市街でビル火災3人死亡。
↑原因は美恵子が放置していたアイロン。青井美恵子(ゆかりの母)経営のクリーニング店で死亡。
・上の階で喫茶店を経営していた大山幸一、大山英子夫妻が逃げ遅れて死亡。
・事件の日付が4月2日。群馬県伊勢崎市。
・ゆかりは母子家庭。母親もなくして養護施設で育て足られた。
・鈴本友之(すずもとともゆき)、昭和56年6月21日(31歳)
↑本籍:東京都世田谷区成城学園2丁目10番地
↑勤務地:株式会社 東条ホーム、東京都渋谷区舞隅3丁目2番11号
↑優良運転者
↑防犯カメラにうつっていた謎の男。
↑あおいゆかりの恋人。川野と口論になっていた。
・先輩には情報をもったいぶって言う芹沢。
・アフリカ縦断200日の旅、三度目の冬。
・仮ナレ。仮ナレーションの略。自分でいれている。
・お取り込み中の所・・・・・、失礼しますよ~by伊丹
・火災の被害者遺族、大山からの手紙、字が綺麗だ。
・失望
・麻紀、昭和52年5月11日、父:大山幸一、母:大山英子、続柄:長女
↑養父:川野正義、続柄:養子
↑出生地、群馬県伊勢崎市。
・取材候補者リスト
↑1:相沢陽菜アイザワハルナ22歳、2:青井由香利アオイユカリ30歳
↑3:北岡絵美キタオカエミ30歳、4:田上智子タガミトモコ37歳
・あなたに川野さんを殺す理由などどこにもありませんよby右京
・幸せに向き合う
・元彼を後押しする男前陣川
・初幸子と対面の陣川。幸子をさっちゃん呼びの陣川。
・子持ちししゃも
・こうじ。子供に名づけるつもりだった陣川。
・杉さん、ソンくん、サッちゃん。
・酔って泣きくずれるのは、いつもの事な陣川
・イタミン、小説8下と杉下右京の冒険のプレゼントナレーション
・曲:ヘンデル作曲、 オンブラ・マイ・フ(OmbraMaiFu)

拍手[2回]

PR
" dc:identifier="http://mizutani.blog.shinobi.jp/%E7%9B%B8%E6%A3%92/%E7%9B%B8%E6%A3%92%EF%BC%91%EF%BC%90%E3%80%80%E7%AC%AC%EF%BC%91%EF%BC%97%E8%A9%B1%E3%80%8C%E9%99%A3%E5%B7%9D%E3%80%81%E7%88%B6%E8%A6%AA%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%80%8D" /> -->