忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

相棒1ー4 下着泥棒と生きていた死体

キャスト
杉下右京【 水谷 豊 】、亀山 薫【 寺脇康文 】
奥寺美和子【 鈴木砂羽 】、宮部たまき【 高樹沙耶 】
角田六郎【 山西 惇 】、中園警視正【 小野 了 】
内村警視長【 片桐竜次 】
佐古秀樹【 山崎 一 】、織田國男【 井田國彦 】
二木達郎【 有薗芳記 】、柳 文治【 有福正志 】
谷村好一
恩田 括、村野友美
駒塚由衣、石川素子
志水正義、久保田龍吉
鐘築建二、佐藤智美
太田美恵、桂 由利香
宝映テレビプロ、テアトルアカデミー
劇団東俳、放映プロジェクト
東映アカデミー
小野田公顕【 岸部一徳 】

スタッフ
【プロデューサー】
松本基弘(tv asahi)、香月純一、須藤泰司、西平敦郎(東映)
【脚本】櫻井武晴
【音楽監督】義野裕明【音楽】池 頼広   
【撮影】志賀葉一(JSC) 【照明】高橋 弘
【録音】渡会民雄  【VE】石川友一
【編集】只野信也  【MA】藤沢信介
【EED】田中泰晴 【音響効果】大野義彦(大泉音映)
【美術】安部 衛   【装飾】田村康利(大晃商会)
【持道具】安達由美子【装置】紀和美建
【衣裳】深野明美(東京衣裳) 【スタイリスト】斉藤真喜子
【メイク】石川麻紀美、太田美智子(入江美粧)
【広報】保坂正紀(テレビ朝日)【スチール】阿部昌弘
【タイトルバック】サワイアキヒコ(ビヨゴンピクチャーズ)
【カースタント】アクティブ21
【車輌】アスカロケリース
【助監督】安養寺 工
【進行主任】喜多智彦
【スクリプター】佐々木禮子
【制作担当】今村勝範 【制作デスク】大山恵子
【プロデューサー補】島川博篤(テレビ朝日)
【仕上協力】東映ラボ・テック、TOVIC
【技術協力】オーエイギャザリング
【美術協力】高津装飾美術
【衣裳協力】
ピースクラウン、CRICKET、HAMILTON、三松商事(株)
トミヤアパレル、BARRAGE、ヒットユニオン、AVIREX U.S.A.、airwalk
ALPHA INDUSTRIES INC、STUDIO CLIP、都繊維、東京ますいわ屋
【撮影協力】
NTTドコモ、マウスコンピュータージャパン、富士通ゼネラル、三栄コーポレーション
TOSOトーソー(株)、(株)警察時報社、Vertex Standard、CASIO、HAMILTON
【監督】麻生 学
【制作】テレビ朝日、東映
放送日:2002/10/30(水)
記録日:2011/06/22
視聴率:9.4%

警察内部の隠ぺい体質。正義とは何なのか。
それが誰かを傷つける結果になったとしても
真実をあぶりだそうとする右京の姿勢が光っている。
深く考え、これで良かったのかと、自身に何ども問う薫の姿が
その深刻さを伝えていて
見ているこちらまで身にしみこんでいくような気がした。
でも振り返ってみれば下着泥棒から始まっているのが笑える。
右京と下着のミスマッチさ加減に笑い、薫のへたっているところに笑い
無駄な知識とプライドの下着泥棒がまたおかしくて。
入りやすい話なのに、こんなにきゅっと終わりが締まるとは思わなかった。
佐古さん、初登場回。要チェックな回ですな。

・即効で捕まる下着泥棒。
・下着を返しに行く特命係。
・右京さんがショーツを持っているという不釣り合いさ。
・巡査部長 亀山薫。手帳。
・鶴岡恵子。黄色い下着。世田谷滝沢北5丁目付近 ハイム101号室
・4日間も下着の裏付けをしている特命係。
・盗んだ場所を全部覚えている下着泥棒。
・イライラしすぎてコーヒーのほかに何かを食べたい薫。
・珈琲なかなかこず。
・赤いショーツを振りまわして不振がられる亀山。はっずれぇ~初のはっずれぇ~。
・忙しい?by気を使いながら入って来る角田課長。
・角田課長のお願いで、下着泥棒事件の裏付け捜査をやらされていた特命係。
・右京に嫌味を言われる角田課長。
・滝沢5-41-5 メゾン滝沢105号室 渡 涼子。赤いショーツの所持を否定。
・わざわざ犯人にあいに来た特命係。
・警視庁滝沢警察署
・ジャケットの内ポケットから下着を出していく亀山。
・下着泥棒のプライドを熱く語る下着泥棒。つけた下着しかとらない。
・どこでどんな下着をとったか絶対に忘れないのは、あとで下着を楽しむ時に思い出すから
↑というのを分かっている右京。
・万引き>下着泥棒のみっともなさ感覚を持つ下着泥棒。
・下着泥棒が捕まった同じ日に24時間営業の本屋で強盗があった。
・強盗事件にかけつけた警察が赤ランプもサイレンもならさないのは、付近を逃げている強盗犯を警戒させない為。
・覆面パトカーで眼鏡をかけた男が寝ていた。
・きっちり捜査をしないと気がすまないらしい右京。
・刑事課盗難係、上田巡査部長、笠松巡査
↑地域課一係、佐古巡査部長
・強盗現場に一番最初にかけつけた、佐古巡査部長。男の存在を否定。
・警邏日誌
・ホワイトボードに時間の時系列を書いて説明するのが楽しそうな亀山。
・1:34 通信指令センターより、書店で強盗事件の報、入電
↑1:45 佐古巡査部長到着、強盗被害店舗に一着
・1:55 下着泥棒逮捕。
↑2:05 上田巡査部長、笠松巡査が強盗被害事件の店舗に合流
      上記二名と被害店舗付近を被疑者捜索
↑2:40 強盗犯捜査中断
↑3:10 佐古巡査、泥酔者(赤井勇作)、身柄引受け
↑5:15 帰署・引き継ぎ
・追加追加で書く所のなくなったホワイトボード。
・“幻の男”の存在を書かせる右京。赤チェックを入れる右京。
・裏付け捜査を終わらせたい薫。続ける右京。
・最後に一つだけ。by右京
・急性アルコール中毒で死亡した赤井。
・病院へ着く前に死亡していた赤井。
・赤い下着は母の持ちモノだった。
・時系列を確認しなおす右京。
・怖くですよ、こんな事が積み重なって警察が信じて貰えなくなるのが、怖いですby右京
↑晩御飯準備中の美和子。
・警察を首になったらどうする?
↑またそれか、今度は何したの?と美和子に言われてしまう何度も危機におちいってる薫。
・稼ぎ半分=ご飯半分。
・右京はたまきの所で考え事。たまき、右京の心境に気づく。
・お茶漬けはわさび多めがお好みの右京。
・覚悟はできている薫。
・警邏日誌を勝手に直す右京。
・分かります。今の警察が権威を守ろうとするあまり、信頼を失っている事を。
・誰も傷つかない。真実とは。切られるのはいつも末端。
・暇か?!とやってくる角田課長。
・警察報。SPO
・珈琲も紅茶もない特命係。
・依願退職者、佐古秀樹 巡査部長、滝沢警察署 地域課。
・角田課長、薫のイライラにビビってそそくさと逃げる。
・自販機でコーヒーを買う事に決めた角田課長。
・これがあんたらの正義かよ。
・これじゃまるでトカゲのしっぽじゃねぇか。
・尻尾を切ったとかげも痛みを感じなければ嘘なんです。
・あなたには何が出来ますか?
・公園のベンチで話す右京と薫。
・時に正義というのは残酷なものなんです。ですから覚悟が必要なんです。
・特命係のフォローをしている小野田。
・小野田と回転寿司で食事しながらお話。
・皿を戻す小野田。
・すぐに人をきる小野田。かつて右京をきった小野田。忘れませんよby右京。
・人事異動:織田國男 警視正 福島県警 鶴間警察署 署長。
・柳 文治 警視、警視庁滝沢警察署、総務課 課長
↑異例の移動。降格。
・彼らもトカゲのしっぽだったという事ですよ
・お取り込み中か?
↑気をつかいまくりながら入って来る角田課長。
・珈琲がやっぱり欲しいらしい角田課長。
・公園、噴水前で話す男3人。
・誰に命令されたことじゃなく、自分で決めましたから。
・人の心配をしている暇のない特命係。
・切られてもすぐ生えてこればいい。トカゲのしっぽ。

拍手[3回]

PR