忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

浅見光彦ミステリー4 美濃路殺人事件

主演・水谷豊・浅見光彦

話はこねくり回してて良かったんじゃないかな~。
光彦が普通の仕事から入ってったのが珍しかったり
犯人が出てくるのが遅かったり
犯人分かっても犯行の方法や動機なんかその経過が残ってるから
最後まで飽きるものでもなかった。
でもまたあんな終わり方かと思わされたオチだったな。
そうするかもしれないと思って光彦が放っておいたのは
それが楽になれる道であると思っているとか
そうしたければしょうがないとかいう事なのだろうか。
今回の事件は”歪んだ思いやり”という言葉に
ピッタリなのかもしれない。
家庭を持ちたかった男がおこした犯行にしては
家庭の今後を考えてるように思えない犯罪計画とそして結末。
騙すことで自分や他の家庭に与える損害だとか
人を殺すことで自分や他の家族が受ける衝撃だとか
きっちり考えて行動したようには思えず
怨みやら、逃れたい一心やらで起こされた
そこに家庭があったようには思えない自分勝手な犯罪だと
思われても仕方が無い行動だ。けれど
歪んでない思いやりが何なんだろうかと問われると難しい。
傍から見た思いやりは有り難く素敵なものかもしれないけど
自分の中にある思いやりの考えは他人にとっては迷惑な事もあったりして
思いやりという言葉を考えた時点で歪んでるようにも思える。
光彦の家族は思いやりがあふれているように感じる。
いつもはお母さんが兄から光彦をかばうのに今回は
いつもと違って兄の方が母から光彦をかばってたり。
要所要所で支えあってて、切羽詰まった時にはきちっと話し合ってて
これが家庭でこれが思いやりなんじゃないかなぁと思うのは
やはり自分が中心にいないからだろうか。見ていて気持ちの和らぐ家族だ。

思いっきりビンタされた光彦に笑った(鬼)
なかなか人にビンタする事ないもんね。
光彦は何気に男を惑わしていると思う。
強面の刑事さんが兄の地位を察していく時に徐々に腰があがって
姿勢がよくなっていくシグサがおかしかった(笑)
仲間に『僕と一緒に一泊すればいいのに』ってのは誘い文句だよな。
相手が男なのが光彦にとっては惜しいところだが。
毎度オナジミ竜次さんは不動産屋さん。
3件目に光彦が立ち寄った美濃不動産のオヤジでゴルフ好き?
光彦と薄暗い部屋に入っていく様はちょっとドキドキしたぞ。
後から襲われるかと。なんか胡散臭そうな顔してたから(失礼)
そういえば光彦の想像では月岡は風呂中に殺された事になってたけど
その後水をふき取って、服着せて捨てに行ったってことなのか。
衣服ごしに刺されたかどうかとか別のところで刺されたとか
分からないものなのかね。思い込みゆえかな。
お兄さんはウキウキとして家に帰って来たのが可愛かったな。
あと手を下の方でフリフリしてるのとか。
威圧感たっぷりにきたかと思えばなかなかおちゃめだよね~(笑)
エンドロール中に後で光彦が竹馬乗ってるのには驚いたなぁ。
階段下りてたよ。若干危うそうだったけど(笑)
今回も最後まで楽しめたなぁ。

メモ
■岐阜県美濃市
■和紙作りの体験
■犬山城
■リトルワールド
■月岡和夫(55歳)
■高桑雅文(55歳)

record:2007.04.24
本放送:1988.09.13

 
光彦は雑誌社から依頼を受け、車に大量の血痕を残し姿をくらました宝石商の事件の取材をしていた。
記者たちがこぞって狂言ではないかとはやしたてている。光彦も同様に取材に向かうが
光彦の記事が気に入らなかった雑誌社に別の仕事を命じられてしまう。しかしその数日後、光彦は
宝石商事件の時に月岡の家から出てきた男(高桑雅文)が殺害された事をニュースで知り
何か事件と関係があるのではないかと月岡の家へ向かった。話を聞いている最中
月岡の娘のミキに男から父親の命が欲しければと1本の電話が入った事を聞いてしまう光彦。
ミキの命の危険を感じ光彦は警察に連絡をする。あと一歩という所で男と接触が出来なかった。
その日、月岡は死体で発見されてしまう。
ミキの証言により高桑が木暮という人物と会おうとしていた事が分かるが
月岡が所有していた名簿を見ても木暮という人物は見当たらない。
光彦は兄の力を借りてなんとか木暮(現・沢口)にたどり着くが
木暮は、どちらの死亡推定時刻のアリバイも完璧で
殺人を犯すことは不可能だと警察は断定する。その完璧すぎるアリバイに
違和感を覚えた光彦は彼のアリバイの真意をはかるため再び事件を調べ始めた。


製作:日本テレビ

キャスト
浅見光彦【水谷豊】、月岡ミキ【岩崎良美】
柳川慶子、今井和子、勝部演之(月岡)、武藤章生
三谷昇、小島三児、鈴木警部【井川比佐志】
沢口福男【川辺久造】、片桐竜次(不動産屋)、福崎和広
草薙良一、平野稔、和泉史郎
阪上和子、愛田夏希、清水順子
渡辺恭子、山上隆、篠田竹雄、久下仁史、井上豪
早川プロ
浅見和子【泉晶子】、浅見陽一郎【高橋悦史】
浅見雪江【乙羽信子】

スタッフ
【企画】小坂敬
【プロデューサー】
長富忠裕、赤司学文、石井好弘(近代映画協会)
【原作】内田康夫「美濃路殺人事件」(徳間書店刊)
【脚本】岡本克己
【音楽】佐藤允彦
【撮影】東原三郎 【照明】平岡光好
【美術】福留八郎 【録音】塩原政勝
【編集】渡辺行夫 【記録】久保田民子
【メーク】鈴木厚子 【スチール】金子哲也
【選曲】白井多美雄 【助監督】増田天平
【製作主任】和田倉和利
【演出助手】川嶋克己、山本保博
【撮影助手】佐野哲郎、茂呂高志
【照明助手】岩波裕司、小林敦、藤塚正行
【録音助手】沢田敏春、山下誠
【装飾】山岸修、佐藤章
【編集助手】近藤光雄 【ネガ編集】雑賀道子
【製作進行】山本章、多治見薫
【広報担当】中原修一
東京現像所、大和衣裳、マエダオート、TESS

【衣裳協力】
??? Homme、馬里邑、ミナ若月、きもの やまと
ミエコ・ウエサコ byノーマ・ジーンInc.
(???)は不明個所

【撮影協力】
美濃 緑風荘、岐阜グランドホテル、野外民族博物館 リトルワールド
岐阜市民観光課、美濃市観光課、富士通OA株式会社

テーマ曲「風のLONELY WAY」
作詞・・・田口俊
作曲・・・杉山清貴
編曲・・・林哲司
唄・・・杉山清貴(VAP)

【音楽協力】日本テレビ音楽
【監督】吉川一義
【製作・著作】近代映画協会

拍手[0回]

PR