忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

浅見光彦ミステリー8 琵琶湖周航殺人歌

光彦は琵琶湖の話を聞く為に「琵琶湖の水を守る会連絡事務所」である広岡の元を訪れていた。広岡から話を聞いた後、案内にと広岡の孫の順子につれられ琵琶湖で更に知識を深めた光彦。観光も終り再び広岡の元に帰ってみると広岡が死体となって発見される。警察は広岡から毒物反応が出た事、部屋に鍵がかかっていた事から自殺だろうと捜査を終えようとするが直前まで接していた光彦は広岡が自殺するようには見えず、遺書も発見されていない事から他殺ではないかと事件を追いはじめる。しかし光彦も順子も容疑者の一人である為、警察に尾行されていて順子に話を聞く事も出来ない。自由に話しが出来ない事から2人はクルージングの船に乗り込む事に。順子に事件の心当たりを聞いたところ上島創業が琵琶湖問題で激しく対立していたという。その話を聞いた直後、上島創業の社長である後藤に偶然出会った2人。しかし後藤は酔っぱらっい係員に取押えられて連れて行かれてしまった。静かになった船の上に一つの曲が流れる。数日前、光彦が泊まったホテルから聞こえてきた歌と同じだった。順子によれば「琵琶湖哀歌」という曲でボートで湖へ出かけ遭難にあった全員が事故で亡くなったのをしのんで作られた歌だという。
 翌日、琵琶湖哀歌をホテルで歌っていた加賀が木に首をつった姿で発見された。加賀は大津の生まれであり広岡と上島とは中学の同級生だったことも分かる。広岡の事件と繋がりを見せた今回の事件。光彦は広岡と対立していた上島が犯人では無いかと睨むが・・・

制作:日本テレビ

キャスト
浅見光彦【水谷豊】、横沢刑事【名古屋章】
広岡順子【伊藤つかさ】
遠藤征慈、三田村賢二、東恵美子、近藤宏
広岡友則【神山繁】、吉村よう、石川禅、山賀教弘
加賀義男【加藤和夫】
青地泉、細野哲弘、井上智之、平野和敏
上島俊三【仲谷昇】中島恵美
石井啓善、大野健児、中川大介、工藤彰吾
ぐるーぷ・しぎ
浅見和子【泉晶子】、浅見陽一郎【高橋悦史】
浅見雪江【乙羽信子】

スタッフ
【企画】小坂敬
【プロデューサー】
長富忠裕、赤司学文、石井好弘
【原作】内田康夫「琵琶湖周航殺人歌」(講談社)
【脚本】岡本克己
【音楽】大和和夫
【撮影】東原三郎 【照明】田中良正
【録音】金子義男 【美術】福留八郎 
【編集】渡辺行夫 【記録】高橋扶佐緒
【メーク】鈴木厚子 【選曲】山川繁
【助監督】増田天平 【製作主任】及川義幸
【演出助手】山本保博、岡村久雄
【撮影助手】飯沼栄治、青木洋史
【照明助手】津田道典、小林敦、奥山英二
【録音助手】前田一穂、石堂浩之
【装飾】落合亮司、山沢克明、鎌田正宏
【衣裳】佐藤キミ
【編集助手】雑賀道子【ネガ編集】高橋司圭子
【製作進行】鈴木勇
【広報担当】難波佐保子

東京現像所、大和衣裳、森下美粧
マエダオート、TESS、日本映機

【衣裳協力】
東京ますいわ屋、β sur α
TETSU、itariyard co ltd
【撮影協力】
大津市、近江八幡市、彦根市、安曇川町
(株)オーミマリーン、ホテル レークビク
ロゴジャパン株式会社

テーマ曲「シングル・アゲインシングル・アゲイン
 作詞・作曲:竹内まりあ
 編曲:山下達郎
 唄:竹内まりあ(ムーンレコード)

【音楽協力】日本テレビ音楽
【監督】吉川一義
【製作著作】近代映画協会

拍手[1回]

PR

浅見光彦ミステリー7 備後路殺人事件

1回だけ見過ごしていて見る機会を失っていたのだけれど
ようやく見る事が出来た。
でも犯人が分かりやすすぎてどうしようかと思ったよ。
事件モノって過去の事件がきっかけ、どこかでレ○プって
設定多いような気もするけど今回の光彦シリーズであるはずの
女性と一緒にっていうのが無かったのは珍しくて新鮮だった。
いつもはあるはずのエンディングでのPCのカップリング判断?
占い?みたいなのがなかったのは淋しかったけれど。
女性がいない代わりに、刑事さんと一緒に話を紐解いていくのよね。
その刑事さんとのやりとりが何ともほのぼのしてて
両方が協力的で、今までにない光彦と刑事の間の柔らかさがあった気がする。

光彦を見てると自分の発言に対しての責任というものを
考えさせられる時があるな。自分がこう言ったから
あの人は動いたのだと。分かっていて荒れ狂うでもなく
ただ静に動く光彦に、自分が与える他人への影響を考えさせられる。
普段は気にせず話す言葉も、相手には重みがあるものかもしれないと。
何が起こっても次の事件へであった時に突き進んでいくのは
興味だけではないものが光彦の中にあるからなのだろうなぁ。

お兄さんは相変わらずカッコよかった。
事件に首つっこむ迷惑な弟なはずなのにプライドよりも
真実を求める兄貴ですよ。
認めるだけじゃなくて今日は光彦にはっぱかけて行くんですよ。
言っても無い取材について
わざわざ運転手に聞こえるように自分の車をあけてから大きめの声で
『光彦、お前また三次の方に取材旅行に行くそうだな?』
『体に気をつけろ』
カッコよすぎるだろうがっ!!
そんな兄に対して兄の顔を汚してしまった形になって
少し申し訳なさそうにしてる光彦がラストで言うんだ。
兄は僕の手をとってくれるだろう
って、この兄弟どこまでラブラブだよ!!!
ありえないなぁ~この兄弟愛。深い絆。
お兄ちゃん、ホントにねぇ光彦を甘やかしすぎてるよ(笑)

エンディング
豊さん運動神経いいなぁ。今回はローラースケートでずっこけてたよ。
ずっこけてるんだから光彦は運動神経よくないんだろうけど(笑)
でも凄いよ。ローラースケートでズッコケてごまかし?のために
腕立て伏せて。
いやいやいやいや、どう見たってこけてるから。
急いで電車に乗ろうとしたけど乗れなかった感じのごまかしに似てるのかね。
ローラースケートってのも時代感じるけども
あれだけ派手なこけの演技が出来るって凄いよな。
あと光彦がタバコ吸ってたのは驚きだ。今まで吸ってなかったハズ?!
イメージになかったよ。

メモ
■お見合いから逃げたのに姉にハメられる。
■広島県 芸備線 三次駅
■富永隆夫(45)
■本日の竜次さんは古書店の主人
■芸備地方風土記の研究という本を売った人物をおっかけて旅行変更
■尾道
■東京

record:2007.08.15
放送日:1990/01/06

拍手[2回]


浅見光彦ミステリー6 唐津佐用姫伝説殺人事件

う~ん、今回はいつも以上にまったりしてた。
スピード感とか危機感とかがなかったからだろうか。
今回の事件の発端は、母親が死んでしまったことで
男が引き取った自分の子を我が子でありながら
他人の子だと偽り育て、我が娘と息子に話してしまった事が
ことの始まりなのだけど
男はなぜ自分の子だと言うのをはばかったのかの
理由がいまいちよく分からなかった。
仕事が原因なのか、それとも心中が原因なのか。
他で子供を作っていたという息子に対してだったり表向きだったり
が気になったのか・・・。いろいろあってなのだろうけれど
あの時ああしてればというしても今更な後悔の言葉だけでは
あまりその時の状況が伝わってこなかった。
さらに何故彼女の親が子供を産むことになったのかという
理由についても分からないままで、過去を入れたわりには
ぼやかされてしまった感じがして気持ち悪い。
劇中の男性のようにあんなに女性に愛される色男になってみたいもんだと
思ったのは内緒の話だが、こちらの男もきっちりとケジメを
つけられていればこういう事にはならなかったのかもしれないね。
中途半端な気持ちが多くの人を傷つけていたように思う。
誰かのために何かしてあげたい、その気持ちだって分からなくはない。
それが純粋な思いからだったとしても汚い手段だったことには変わりなく
自分のためだった事にも変わりなく・・・
卑劣な男として描かれ殺されてしまった彼と根本は同じで
それを否定し殺害してしまうのもまた自分勝手なことだと思う。
善であり悪であり、その状況は人を上手くうつしだしているような気がする。

キャラとしては
初めて片桐竜次が出てなかったり、お兄さんの出番も少なかったり
お見合いのおばさんもいなかったり残念なことが多かった。
お母さんとのやりとりは“似たもの同士”と誰もが
思っていた言葉を光彦が口にし、お母さんと光彦の立場が逆転する所は面白かった。
警察では刑事さん相手に取り調べをしているような光彦という逆も。
いつもがあってこその、今回だよね。でもお決まりもあったな。
他もいつもと逆で固めてくれれば良かったのに・・・。
出ない人が多いってのは悲しすぎる。
ずっと通して見てるからなのか過去の思い出っていうのは
無理やり入れ込んでるんじゃないだろうかな不自然さを感じてきた。
今回のはインパクトのある映像を出したわりには話に食い込むのが薄いし。
だったら無くてもいいと思うんだけどどうなんだろう。
昔の事件ものを見てると文明の発展を感じさせられるな。
今なら謎はPCでネットつなげてちょちょいと調べれば出てくる。
光彦ほどの好奇心旺盛な人間だったら必ず触ってるだろうね。
レトロな人間ではないと思うから。過去だからできる話でもあるんだろうね。
調べごとなんかの過程もあるからヒントにたどり着くまでの時間もながい。
だからジワジワと進んでいける物語。
今では超アナログキャラでないと出来ない事だよね。
今回のエンドロールはボクシングにシャボン玉に陶芸ですか。
相変わらずジャンルを問わないね~。遊び心が満載でいい。
しかし何故グローブをしたまま寝てるのかは謎だな。
あれできっちり目覚まし時計は止められるものなんだろか。
今回の話の中で一番気になったよ。

メモ
■光彦もお母さんも高い所が苦手。
■光彦は飛行機も苦手。
■お母さんは陶芸に興味がある。
■光彦の陶芸の知識は即席漬け。
■草間完治(52)
■ガケから落ちそうになって女性にすがりつく光彦

record:2007.05.09
放送日:1989.07.11

拍手[0回]


浅見光彦ミステリー6 唐津佐用姫伝説殺人事件

う~ん、今回はいつも以上にまったりしてた。
スピード感とか危機感とかがなかったからだろうか。
今回の事件の発端は、母親が死んでしまったことで
男が引き取った自分の子を我が子でありながら
他人の子だと偽り育て、我が娘と息子に話してしまった事が
ことの始まりなのだけど
男はなぜ自分の子だと言うのをはばかったのかの
理由がいまいちよく分からなかった。
仕事が原因なのか、それとも心中が原因なのか。
他で子供を作っていたという息子に対してだったり表向きだったり
が気になったのか・・・。いろいろあってなのだろうけれど
あの時ああしてればというしても今更な後悔の言葉だけでは
あまりその時の状況が伝わってこなかった。
さらに何故彼女の親が子供を産むことになったのかという
理由についても分からないままで、過去を入れたわりには
ぼやかされてしまった感じがして気持ち悪い。
劇中の男性のようにあんなに女性に愛される色男になってみたいもんだと
思ったのは内緒の話だが、こちらの男もきっちりとケジメを
つけられていればこういう事にはならなかったのかもしれないね。
中途半端な気持ちが多くの人を傷つけていたように思う。
誰かのために何かしてあげたい、その気持ちだって分からなくはない。
それが純粋な思いからだったとしても汚い手段だったことには変わりなく
自分のためだった事にも変わりなく・・・
卑劣な男として描かれ殺されてしまった彼と根本は同じで
それを否定し殺害してしまうのもまた自分勝手なことだと思う。
善であり悪であり、その状況は人を上手くうつしだしているような気がする。

キャラとしては
初めて片桐竜次が出てなかったり、お兄さんの出番も少なかったり
お見合いのおばさんもいなかったり残念なことが多かった。
お母さんとのやりとりは“似たもの同士”と誰もが
思っていた言葉を光彦が口にし、お母さんと光彦の立場が逆転する所は面白かった。
警察では刑事さん相手に取り調べをしているような光彦という逆も。
いつもがあってこその、今回だよね。でもお決まりもあったな。
他もいつもと逆で固めてくれれば良かったのに・・・。
出ない人が多いってのは悲しすぎる。
ずっと通して見てるからなのか過去の思い出っていうのは
無理やり入れ込んでるんじゃないだろうかな不自然さを感じてきた。
今回のはインパクトのある映像を出したわりには話に食い込むのが薄いし。
だったら無くてもいいと思うんだけどどうなんだろう。
昔の事件ものを見てると文明の発展を感じさせられるな。
今なら謎はPCでネットつなげてちょちょいと調べれば出てくる。
光彦ほどの好奇心旺盛な人間だったら必ず触ってるだろうね。
レトロな人間ではないと思うから。過去だからできる話でもあるんだろうね。
調べごとなんかの過程もあるからヒントにたどり着くまでの時間もながい。
だからジワジワと進んでいける物語。
今では超アナログキャラでないと出来ない事だよね。
今回のエンドロールはボクシングにシャボン玉に陶芸ですか。
相変わらずジャンルを問わないね~。遊び心が満載でいい。
しかし何故グローブをしたまま寝てるのかは謎だな。
あれできっちり目覚まし時計は止められるものなんだろか。
今回の話の中で一番気になったよ。

メモ
■光彦もお母さんも高い所が苦手。
■光彦は飛行機も苦手。
■お母さんは陶芸に興味がある。
■光彦の陶芸の知識は即席漬け。
■草間完治(52)
■ガケから落ちそうになって女性にすがりつく光彦

record:2007.05.09
放送日:1989.07.11

拍手[0回]


浅見光彦ミステリー5 越後路殺人事件

主演・水谷豊・浅見光彦
途中でオチへ向かってのだいたいの流れが
わかってしまったのが悲しい。考えるヒントが
沢山あったのか時間がありすぎたからか。
意外性という点では少しかけていたように思う。
けれどやっぱりテンポはいいな。
全体的にほのぼのしてて見やすい中に
更なる事件や謎解きの過程があってひきつけられる。
この物語、光彦の仲間になってくれる人みんなが
可愛いから好きなのかもしれないなぁ。
兄が光彦にある程度好きなようにやらせてるのは
信頼関係からだろうか。甘やかしもあるんだろうけど。
好きなようにやらせておいて、さらに情報のやりとりをし
犯人逮捕にこぎつける。立場上のメンツも大事だろうけれどそれより
犯人逮捕に重きをおいているような。デンッとかまえていながらも
柔らかさがある部分が好きだな。
お母さんは光彦と物好きさ加減が一緒だね~。
お兄さんに何があったの!?と聞いてまわる所がそっくり(笑)

今日の竜次さんは何かの店をやってる主人で
モーターボートを勝手に使われた男らしい。
最初に出てきたから今日は出番が早いなぁ~
楽しみが最初に終わっちゃったよと思ってたら
後々にも出てきてくれて良かったよ。
奥さんに向かってオイ!って言った後、丁寧語になる
奥さんに頭があがらなさそうな感じが面白かった(笑)

光彦は女性に対してはやっぱり消極的なのか。
女性と一泊しても抱きつかれてもいいムードになっても
結局ダメなんだもんな。押し捲りな女性が似合うのだろうか?
でも好きなタイプはおしとやかな可愛い人みたいな感じだよね。
光彦といえばエンドロールでいつもより5分ほど早く起きてたよね?!
朝が弱い光彦にしては珍しい。今度はホッピングで階段降りですか。
ヒヤヒヤするよ。でも器用だね~運動神経凄いね~。

事件の部分でいうと前回までは自分勝手すぎる
人間に巻き込まれた人が起こした犯行
が多かったように思うが、今回は少し違ってたように思う。
過去の惨めさを思いそれをバネに金持ちになってやるんだという男
が何処まで行っても足らず起こしてしまった犯行のよう。
育った環境で犯罪を認めても同情してもいいとは思わないが
今回の場合、上り詰めてやるという心理は分からなくもない。
第一も第二の殺害も突発的だったようだが
第二の犯行を起こした心理がよく分からなかったよ。
パニックだったという事でいいのか?いきなりすぎてビックリしたよ。
死ぬ間際にとっさにでた言葉がシシハマダコガってのもビックリだったな。
リュウちゃんじゃないのかよと。
過去でも現在になっても大切な人の重みに変わりがなかったのは
まだ止まれる所にいたという事だと思う。
輝く思い出を自分の手で一瞬にして壊してしまうだなんて
全く、やりきれない。一生、深く刻まれるんじゃないだろうか。

メモ
■光彦が使っているのはワープロ
■会長・内海英光(43)、逃走中だった。
■漆原宏(うるしばらひろし)
■漆原肇子(はつこ)
■漆原睦子(むつこ)、旧姓・ソネ
■新潟県
■光彦のおみくじ 第三十四番、吉、このみくじにあう人は
○恋愛・縁談待った甲斐あり 消極的なあなたに 春の訪れあり
■ホッピング、やきいも、早起き

record:2007.05.03
本放送:1989.01.10

拍手[2回]