忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


気分は名探偵第17回「命短し、恋せよ男」

水谷豊・夢野圭介

人生の最後をつきつけられた時、人はどうするか。
人生をどう生きるのか。永遠のテーマのような
何度も使われてそうなテーマだったけれど
一番、その番組らしさっていうのが現れるもの
なのかもしれないねぇ。
こーいう題材のもの見るたびに自分は何をやってるんだろう
なんて考えるけれど、考える暇もないくらいに
動き回ってるのが一番、有意義な生活をおくってそうだよな。

夢野くんはおこす当番?
事件が発生した為に1つのベッドで寝ている藪ちゃんと八田さんを
おこす夢野くん。2人は探偵事務所で何をしてるんだ・・・
と思えば泊り込みで“張り込み”だ“パトロール”だらしい。
マテ、2人で寝てたら意味ないのでは・・・
って突っ込んだ所で手遅れなんだな。事件は起こった後だった。

マスターの大騒動
スーツ姿が意外に似合ってたマスターの
キレっぷりというか超人っぷりは凄まじかった。
金が手に入ったマスターは強い。
スーツに何十万かけただとぉっ!次はキャバレーで騒ぐだとぉ?!
このやろぉ~、首を絞めてやる!!散財してんじゃねぇよ!!
はぁはぁはっ・・・・落ち着け自分。
愛するものがいるのならば散財しないで残そうとか考えないものかな。
その後のこととか考えないのか。マリー@奥さんがなんだか可哀想な気が・・・。
そりゃまぁ、どうにもならない運命に苦しむのも分からなくもないけどな。
マスターの弱さが全面的に出てた回だった気がする。ホントに人騒がせな人だな。
でもスーツは似合ってた。服の力は凄いね。

騙し開始
酒の飲みすぎで胃が弱ってるだけだった~と分かった
マスターに何を言っても聞かないので酔わせて全てが夢だったと
思わせる大作戦に出た面々。
酒の飲みすぎで弱ってるのに、酒を飲ませて倒れさせる面々。
ある意味、酷い人たちだよな・・・。
パーティ大作戦、では夢野くんが歌ってる!!
それを聞いたマスター登場。って引きこもってる人間が
歌でそうそう出てくるものなのか!?夢野くんの歌の魔力はいかほどに・・・。
ところで歌ってる音だけが違うように聞こえる何故だろう。

藪ちゃん酷い
八田さんの奥さんが八田さんの浮気を疑い怒ってやってきて
浮気は無かったと証明された後の藪ちゃんの何気ない一言が切れ味が良かったよ。
八田さんに他に女が出来るわけがないじゃないですかぁ~
顔みてくださいよ

( ̄Д ̄;;
安心させることも慰めることも出来てないよ、藪ちゃん。
奥さんの顔に青筋が・・・後々いびられないように頑張れ、藪ちゃん。
検討を祈る。

メモ
■八田さんの奥さん初登場。
■八田さんの奥さんは恐い。浮気が許せない。
■八田さんも奥さんには弱い。
■マスター夫婦、八田さん夫婦。
■藪ちゃん、圭ちゃん、まずいといいながらもサボリ。
■今日は藪ちゃんがタイミング悪い。
■お金は老人ホームへ寄付

record:2007.08.28
放送日:1985/01/26

拍手[0回]

PR

気分は名探偵第16回「ひとめ会いたい!!」

水谷豊・夢野圭介

圭介、一人で夜警!?
所長、町の人間の安全は気になっても
夢野の安全はほったらかしなのだな・・・。
圭介は新所長になっていろんな事をやらされているけれど
もしかして事件の幅を広げるために所長は所長に昇格した
とかじゃないよね。

藪ちゃんに話を聞いて犯人を見たらしい圭介驚く所が
オカシカッタよ。
『見た、見た、今、今、紺のジャンバー、帽子、黒のカバン、行った』
無駄にくり返してさらに、カタコト~(笑)
慌てる姿が可愛い。それにしても最初から比べると
藪ちゃんと、圭介がやたらと仲がよくなったもんだ。
藪ちゃんが丸くなった感じもするけど、圭介も丸くなったのかな。
「警官からかうと為にならんぞ」『一般市民を信用しないと痛い目にあうぞ』
二人でケンカするけど息があってる。
ケンカなのに相手の言葉に上手いこと返すんだよね、2人とも。
どうでもいいけど藪ちゃんはケンカの時、圭介と無駄に
距離を近づけるクセがあるよな。
ぐいっと引っ張って自分の方に寄せて怒るんだよ。顔近すぎっ!!

サラ金強盗に容姿が似た人が2人も登場。
って落ち着かない状況だなぁ。世界は狭い(笑)
それを強盗似の近くに座っていた彼女に知らせるために
紙に書いて知らせようとする夢野
だったが渡した相手の女性が悪かった。文字を読み上げようとする。
なんの為に紙に書いてんだよ!!( ̄Д ̄;;
口を押さえられ読んだあと、急に用事が出来て帰っていく彼女。
わざとらしっ!(笑)
さらにかおりちゃんが帰って来た所を怒って拉致。
「あなたちょっとこの頃、生意気よ!」
わ~、理不尽きわまりないよ~。

社長、自分勝手伝説
元所長は社長の座に落ち着いてもわが道を行っていた。
似たような服の男が2人いて、どちらかが出刃包丁持った
強盗犯であると思われるのに夢野に伝えず。
そのために夢野ビクビクしっぱなしなのがオカシカッタ(酷)
警察に電話してくれという夢野の願いは、間違ってたら
恐いからと荒木に電話させ自分だけは安全地帯へ。
さらには夢野のひなたぼっこを意図的にジャマしにかかる。
イスを半分ずつ使おうといいながら、イス、完全制覇。
分ける気さらさらねぇな(笑)横暴だぁ~。

罪を犯し捕まった人間がどうなるのかなんて分からないけれど
今回はいい人だったのかな、2人とも。
けれど、会いたい。そんなムスメに抱くあたりまえの感情すらも
叶えられるのが苦労するようになっていて、気がついた時には遅いのな。
刑務所よりも厳しい現実。これが本当のバツなのかもしれないね。
彼らはいつ本当に日のあたる場所に出られるのかな。

メモ
■マリー、本日定休日(定休日なんてあったのか)
■緑、家庭訪問で出番少し
■新所長、出張で出番なし
■夢野・珍しく赤のふわふわのついたジャンパー着用。

record:2007.08.25
放送日:1985/01/19

拍手[0回]


気分は名探偵第15回「お見合いなんて イヤ!!」

水谷豊・夢野圭介

緑のおばーちゃんがやってきた~の回。
緑が絶対に交際を認めてくれないだろうって隠そうとしてたから
どれだけ威圧的なのかと思えば確かに頑固そうではあったけれど
プリティな部分も多様にあって、可愛いおばあさんだった。
英語ペラペラで、圧力かけてる感じもあって
押し付けがましいところもあるけれど・・・
って並べるとかなりイヤなヤツ?!いやいやいや、プリティだったよ。

そんなおばーちゃんを前に夢野は緑を思う気持ちを
真直ぐに出してて、真剣に付き合ってるんだな
と感じられる態度がとてもカッコよかった。男前度アップ!!
それとは対照的だったのは峰竜太のマザコンっぷり。
これはねぇ、引くな。ママに怒られるから言わないってありえないよ。
彼女がいて同棲してて子どもが出来るってのに。
事の大きさが違うだろう!!
しかも子供が生まれる直前まで言ってないって・・・。
今回のことが無かったらどうしてたんだろう。情けない~。
よくこの男を女性は許してたものだ。あの優しげな女性だから
もったようなものだろうな。
情けないついでに夢野くんの手が何度もぎゅっと握られてたのが気になった。
最初そっち系だからいえないのかと思ってしまったじゃないか。
何度も、お願いします!と泣きつくと同時に夢野の手をぎゅっ(にぎにぎ)
もういっちょ、ぎゅっ(にぎにぎ)
夢野くん、逃げて!!
襲われちゃうよ~~っつーか荒木と同じくらい距離ちけぇ~よ~( ̄Д ̄;;

荒木で思い出したが、空気を察しない天然ガスが爆発してたな。
そんな子だったっけ。馬鹿だとは思ってたけど(ヲィ)
思いっきりの圧力も、思いっきりの訴えも荒木には通じないのな。
マスターとマリーさんの無駄な努力にバンザイ。虚しかったなぁっ(笑)

でもまぁ~おばーさまたちが思いを改めてくれてよかった。
オイラも人には言えないタイプの人が好きだからなぁ(しみじみ)
いいよねぇっつーといつも、えーーーって言われる(笑)
もう、ほっとけよ~。って自分の話は置いておこう。
人に理想は押し付けるものじゃないよ。なっ。

メモ
■緑の祖母がやってくる
■緑の家系の女性は代々、教師である。
■緑、祖母にお見合いをさせられそうになる。
■荒木、しくじる
■陣痛で慌てる黒原と夢野。

record:2007.08.24
放送日:1985/01/12

拍手[0回]


気分は名探偵第14回「どんぐり小僧の涙」

新しい父親に悩んでいるらしい、娘かおりちゃん。
から始まった今回の騒動。前回までは上手くいってそうだったのに。
津村ってそんなにガサツな感じだったかとかおりの話を聞いて
新事実に、引きまくったが・・・津村は津村なりに
かおりとコミュニケーションをとろうとしていたのかね。
間違ったやり方は溝を作るだけだというのは痛いほど伝わってきた。うん。
ところで夢野の津村の呼び方が『新しい所長』ってどうなの?
暫くこれでいくのかな~。ややこしいもんね。

子供の頃の、親の離婚や再婚っていう問題は
子供には重いものなのかもしれないねぇ。親の好き勝手で
出来るものではあるけれど。子供は後で知らされる事が多いだろうから。
関わる人間の一人でありながら、その過程に加われない。
決まったことをどう受け入れるのか、どう表現していくのか
すっきりしなくて悩んでも伝えきれない子供に、暴走するなといっても
無理はないのかもしれない。はっきりと外に現れてくれていれば
対処のしようもあるのだろうけど今の子だったら、もっと厄介かも?
きっちり誰かが向き合うべきなんだろうなぁ。
夢野の強引にやらせようとするのは何だか違ったような気がしたけど
誰も聞いてやる大人がいない中で構ってくれる大人がいて
何とか自分を分かってくれるんじゃないかと思ってついてきた
ってのもあるのかもね。事件が終わってひと段落のはずが
ゆうじが再びやってくるくらいの相当な懐かれようには笑ったよ。
『夢野くん遊ぼう』って懐かしすぎるテンションだし(笑)
そんな子供を見て荒木に「惚れられましたねぇ~」って。
子供を虜にした夢野くんにカンパイです。
ところでケリにケリまくった自転車が六角ドライバー(?)一つで
治るとは到底思えないのだが、どうなんだろう?
と思っていたらラストのいいシーンで自転車に乗ってくる男の子一人
の姿を捉えてしまった。
な、なおってやがる!!!ホントに壊れてたのかぁ~!?
衝撃の瞬間だった。

一方、風呂のシャワーをマイク代わりに歌ったために
ぶっ壊したらしい津村に引きまくってたかおりちゃんは
津村が汗水たらして風呂シャワーをなおしたらしいのを見て一言
『ありがとうお父さん』
・・・・えぇ~~~壊した本人に、ありがとうお父さんて
えぇええ~~~????謎すぎる瞬間だった。
ここは感動する所なのだろうか?
あぁ、感動のあまり天井から水がボタボタボタボタァ~。
なおってねぇ~!!( ̄Д ̄;;

今日の藪ちゃん
水商売風の女性に絡まれてた。逃げる姿が可愛かったよ(笑)
藪ちゃんってば、なんだかドンドン可愛らしくなっていく気がするよ。

メモ
■親子
■新しい所長
■荒木はモチを食べる

record:2007.08.19
放送日:1985/01/05

拍手[0回]


気分は名探偵第13回「突然ですが結婚します!」

それぞれの事件に対してそれぞれ対応の仕方の違いが
あるっていうのが興味深かったなぁ。
それは、それぞれの立場によるものなのだろうけれど。
自分の事がありながら人の事を考えるって難しいよね。
出来ないもんだよ。
誰の気持ちも分からなくもない、だからこそ何が重要なのか
きっちり考えて行動する必要があるんだろうねぇ。
思うところが最終的に一つで、自己中心的で終わらなくて良かった。

今との違い?
みどりと圭介の同棲についてゴダゴダ言われていたシーンがあった。
昔はそんなに同棲がダメだったのか、それとも今もダメなのか??
先生だからというのがネックなのか?
特にダメだとも考えたこともなかったから、えぇーーーっと。
そんなことで問題になるのかよぉおおっ!!と感覚の違いに驚いた。
どうでもいいが、先生の責任にする親ほどイケてない親は他にはいないと思う。

驚き
ぐでんぐでんに酔っぱらった圭介と出くわした大藪が
圭介の顔見て一言。
『圭ちゃん?!』
・・・え、いつの間に!?!?!
今までそんな呼び方してなかったよねぇ~。

ラストの皆が集まってくるシーンでは大藪を見た圭介が一言
「なんだよ藪ちゃんまでぇ~」
・・・だから、いつの間にっ!?

この二人、見えない所でどんどん仲良くなっていってる。
最初はあんなにいがみ合ってそうだったのにぃ。
圭介→圭ちゃんと呼び名を変えてくる大藪ちゃん、かなり大人しくなったよな(笑)

大藪は意外と几帳面?
というかこだわり派なんだろうか。酔っぱらった圭ちゃんをお持ち帰りした後(違)
コートと服を脱がせてあげてラフな格好にして布団に寝かせてあげてたのが
なんとも甲斐甲斐しい。さらには洗濯しようとしてたり
きっちりした面が。かと思えばみどりが来た時も洗濯物持ったままでむかえるとか
みどりが怒って帰るときに慌てて洗濯物投げ捨ててるあたりは雑。
ケンカのシーンなのに大藪の行動に笑っちゃったよ。
怒られてむぅ~っと毛布からちょこっと顔を出す夢野くんはプリティだったよん。

メモ
■圭介は静岡の出張から帰って来た
■圭介は依頼人を殴った
■津村さんと吉原が結婚
■津村さんが所長に吉原が社長に
■犬の名前はコロタン
■落合くんのお母さんの頭が凄い事に。

record:2007.08.17
放送日:1984/12/29

拍手[0回]