忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

気分は名探偵第20回「人生の並木路」

水谷豊・夢野圭介

なんたるギャグ回!!!!としか言いようが無い(笑)
ハロー!グッバイの脚本家さんですよ。
いやぁ、最初っから最後までおかしかった。
とにかくボケてやろうっていうかオカシクしてやろうみたいな
会話の合間に入るボケだったり流されていく空気だったりから
そんな感じがして、キャストの息があってきたあたりでこの回はねぇ
アリっちゃアリだな。でも役割分担が甘いっつーかキャラがアレ?っていうか。
今までのパターンだったら逃げてもしょうがないって男に夢野は
怒ってたはずだけど相手が女性だからか、アニキが暴力的だからか
穏便にすませようとしてたのは少しイメージが違うかもしれない。
OPに入る前の靴投げるところで今日はギャグ回かと思ったら
本当にそうでビビったよ。
でも荒木の災難から始まったからずっと荒木の災難続きだと思ったら
靴のところで災難は夢野にバトンタッチされてたのは残念かな~。
あ、イメージが違うといえばサングラスをして女性をビビらせた夢野に対して
荒木が一言いった『サングラスやめた方がいいんじゃないですか』の後に
「はい」て答える夢野が素直すぎて笑った。可愛いかったな(笑)

vsお兄さん
殴りかかってるお兄さんを見て慌てて男をかばう夢野
けれど殴りかかってこられて反射的によけたら後ろにいた男がボコッと。
一番大事な所でも遊ぶのか(笑)
そんな典型的なのから荒木、人間違えされて首を絞められるってのまで(笑)←笑い事じゃない
お兄さん@阿藤快の活躍っぷりはもう素敵だったよ。
そんな暴れん坊兄相手にでも大人しく話しを聞かせてた夢野くんはサスガッ!
夢野くんって、どんな人にでも好かれる体質?性格?だよね。
誰でも虜。オイラも虜(聞いてない)
お兄さんの想像の中での真っ白なスーツ姿はカッコよかった。
しかし普通、女性のウエディングドレスの写真見て何で夢野くんまで
一緒に想像するんだ、兄。やはりどっかズレてるな。

vs外国人
走ってる最中にぶつかった外国人に2丁目はどこかと訪ねられた夢野は
『2丁目?2丁目はねぇ・・・、3丁目の隣です』
説明になってねぇっ!!
それを聞いた外国人が一言「どうもありがとう」
納得すんのかよっ!!!

vs緑
いきなり兄がやってくるという話をした緑に緊張しまくりの夢野。
遠くからドスのきいた声が鳴り響く(笑)やりすぎだよオイ!と思いながらも
見ていたら、そこへやってきたのは~、荒木じゃねぇか!!
これは今回のことでやきもきさせられた仕返しだな、きっと。
緑、そんなイタズラするなんて、強いね(笑)

メモ
■八田さんの奥さんは京都に
■荒木のアパートは第一富士見荘の6号室
■今日の藪ちゃんはいつもと違ってできる男

record:2007.09.06
放送日:1985/02/16

荒木の部屋に見知らぬ男(阿藤海)がドアを蹴破って入ってきた。
男はまゆみは何処だと叫んでいる。荒木が知らないと答えると部屋を荒らしだし
最後には荒木の首を締めはじめた。なんとか男から逃げ出した荒木は警察の調べにより
男が部屋を間違えて荒木の所へ来た事を知る。男は向かいのアパートにいるはずだった
妹のまゆみを探していたようだ。妹が男と結婚がしたいと言い出した為に
つれてきた男を殴ってしまった事が原因で逃げるように姿をくらませてしまったことに
腹がたっているという。まゆみを探してくれという依頼を受けた夢野はまゆみのアパートを探しあて
まゆみに兄と会うように説得するが暴力の一件がある為なかなかうなづいてはくれない。
そんな時、荒木のミスにより男にまゆみの居場所を知られてしまった。
まゆみの元へやってきて暴れだす兄を前に夢野は今一緒に暮らしている人だと紹介されてしまった。
助けて欲しいと懇願するまゆみを前に、同棲相手を演じる夢野だったが兄と話すうちに
兄に気に入られてしまい、強引な兄に結婚式をするようにと話を発展させられてしまう。
このまま嘘をついていてはと話し合いをする場を夢野は設けるが本当の婚約者と兄が
出くわしてしまい・・・


【脚本】金子裕、【音楽】羽田健太郎

キャスト
夢野圭介【水谷豊】、吉原聖子【朝丘雪路】
草間緑【岡江久美子】、八田利男【ケーシー高峰】
加納礼【草野大悟】、マーリー池田【順みつき】
荒木紀信【船越栄一郎】、大藪邦彦【片桐竜次】
吉原かおり【佐野量子】(新人)、津村明子【一氏多佳美】
野崎友吉【阿藤海】、野崎真弓【千野弘美】
石井浩【梨本謙次郎】
女【横尾香代子】、外人の大男【ポール・セデルスキー】
主婦【加藤陽子】
--------------
早川プロ

※阿藤海は今の阿藤快

スタッフ
【技術】松下滋、【カメラ】興膳幹雄
【照明】細川登喜二、【音声】島孝之
【調整】原和久、【効果】倉橋静男
【編集】伊藤信行、【MA】大森良憲
【美術】平井堯 【装置】田村美則
【装飾】佐藤八四三、【持道具】小川和男
【衣裳】高西真一、【メイク】田島絹江
【PR】吉武多恵子、【タイトル】丸山能明
【演出補】是沢邦男、吉田使憲
【記録】林満利子、【製作担当】榎本和秋
【音声ディレクター】鈴木清司
--------------
【主題歌】「人魚の誘惑」
  作詞:伊勢正三、井上毅
  作曲:伊勢正三
  編曲:石川鷹彦
  歌:水谷豊
 (フォーライフレコード)
【衣裳デザイン】芦田淳
【衣裳協力】マグー(株)
【プロデューサー補】小池仁
【制作協力】生田スタジオ
【プロデューサー】山口剛、菊池昭康
【演出】中山史郎
【製作】日本テレビ、ユニオン映画

【視聴率】9.6%

拍手[0回]

PR