忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

気分は名探偵第16回「ひとめ会いたい!!」

水谷豊・夢野圭介

圭介、一人で夜警!?
所長、町の人間の安全は気になっても
夢野の安全はほったらかしなのだな・・・。
圭介は新所長になっていろんな事をやらされているけれど
もしかして事件の幅を広げるために所長は所長に昇格した
とかじゃないよね。

藪ちゃんに話を聞いて犯人を見たらしい圭介驚く所が
オカシカッタよ。
『見た、見た、今、今、紺のジャンバー、帽子、黒のカバン、行った』
無駄にくり返してさらに、カタコト~(笑)
慌てる姿が可愛い。それにしても最初から比べると
藪ちゃんと、圭介がやたらと仲がよくなったもんだ。
藪ちゃんが丸くなった感じもするけど、圭介も丸くなったのかな。
「警官からかうと為にならんぞ」『一般市民を信用しないと痛い目にあうぞ』
二人でケンカするけど息があってる。
ケンカなのに相手の言葉に上手いこと返すんだよね、2人とも。
どうでもいいけど藪ちゃんはケンカの時、圭介と無駄に
距離を近づけるクセがあるよな。
ぐいっと引っ張って自分の方に寄せて怒るんだよ。顔近すぎっ!!

サラ金強盗に容姿が似た人が2人も登場。
って落ち着かない状況だなぁ。世界は狭い(笑)
それを強盗似の近くに座っていた彼女に知らせるために
紙に書いて知らせようとする夢野
だったが渡した相手の女性が悪かった。文字を読み上げようとする。
なんの為に紙に書いてんだよ!!( ̄Д ̄;;
口を押さえられ読んだあと、急に用事が出来て帰っていく彼女。
わざとらしっ!(笑)
さらにかおりちゃんが帰って来た所を怒って拉致。
「あなたちょっとこの頃、生意気よ!」
わ~、理不尽きわまりないよ~。

社長、自分勝手伝説
元所長は社長の座に落ち着いてもわが道を行っていた。
似たような服の男が2人いて、どちらかが出刃包丁持った
強盗犯であると思われるのに夢野に伝えず。
そのために夢野ビクビクしっぱなしなのがオカシカッタ(酷)
警察に電話してくれという夢野の願いは、間違ってたら
恐いからと荒木に電話させ自分だけは安全地帯へ。
さらには夢野のひなたぼっこを意図的にジャマしにかかる。
イスを半分ずつ使おうといいながら、イス、完全制覇。
分ける気さらさらねぇな(笑)横暴だぁ~。

罪を犯し捕まった人間がどうなるのかなんて分からないけれど
今回はいい人だったのかな、2人とも。
けれど、会いたい。そんなムスメに抱くあたりまえの感情すらも
叶えられるのが苦労するようになっていて、気がついた時には遅いのな。
刑務所よりも厳しい現実。これが本当のバツなのかもしれないね。
彼らはいつ本当に日のあたる場所に出られるのかな。

メモ
■マリー、本日定休日(定休日なんてあったのか)
■緑、家庭訪問で出番少し
■新所長、出張で出番なし
■夢野・珍しく赤のふわふわのついたジャンパー着用。

record:2007.08.25
放送日:1985/01/19

夢野が夜警中に強盗犯に似た男と出会う。大藪たちと犯人を追いかけるが逃がしてしまった。
その夜夢野は、探偵事務所前で不審な男に声をかけられる。男は津村に昔世話になったといい
刑務所から出てきたばかりだという。男が強盗犯の格好に似ていた事から夢野は警戒を強めていた。
夢野がマリーで男のバックの中身を見ようとしていると、また強盗犯の特徴に似た男がやってきた。
どちらが強盗なのか、夢野は夜警中に見かけた男のクセを思い出し、後からやってきた男が
強盗犯ではないかと警察に連絡を入れる。かけつけた警察によって不審な男は連行されていった。
一方、津村を訪ねた男は強盗犯ではなく子供の顔をひと目みたいと相談しにやってきた事が判明。
元妻に会うことを拒否されていたが弁護士の兄の力により子供の顔を見る事を許される。
しかし男の事を忘れているであろう子供には名乗らないでくれと言われてしまう。
会うべきか悩む男だったがみんなの説得により会うことを決意。
しかし、やって来た娘を前に男は顔をあげることも出来ず・・・


【脚本】石原純一、【音楽】羽田健太郎

キャスト
夢野圭介【水谷豊】、吉原聖子【朝丘雪路】
草間緑【岡江久美子】、八田利男【ケーシー高峰】
加納礼【草野大悟】、マーリー池田【順みつき】
荒木紀信【船越栄一郎】、大藪邦彦【片桐竜次】
吉原かおり【佐野量子】(新人)
杉浦【綿引勝彦】
橋本【福崎和宏】、里美【斉藤吏絵子】(子役)
容子【一柳みる】、奥さん【三津木順】
男の子【岡田太郎】(子役)、津村明子【一氏多佳美】
警察官【三上剛仙】、ウェイトレス【今村奈緒美】
-------------
早川プロ
吉原良平【財津一郎】

スタッフ
【技術】松下滋、【カメラ】西沢正喜
【照明】細川登喜二、【音声】島孝之
【調整】原和久、【効果】倉橋静男
【編集】伊藤信行、【MA】大森良憲
【美術】平井堯 【装置】田村美則
【装飾】佐藤八四三、【持道具】小川和男
【衣裳】高西真一、【メイク】田島絹江
【PR】吉武多恵子、【タイトル】丸山能明
【演出補】是沢邦男、吉田使憲
【記録】小倉千加子、【製作担当】榎本和秋
【音声ディレクター】鈴木清司
【主題歌】「人魚の誘惑」
  作詞:伊勢正三、井上毅
  作曲:伊勢正三
  編曲:石川鷹彦
  歌:水谷豊
 (フォーライフレコード)
【衣裳デザイン】芦田淳
【衣裳協力】マグー(株)
【プロデューサー補】小池仁
【制作協力】生田スタジオ
【プロデューサー】山口剛、菊池昭康
【演出】河野和平
【製作】日本テレビ、ユニオン映画

視聴率【7.9%】

拍手[0回]

PR