忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

気分は名探偵 第5回「おじいちゃんの秘密?」

老人がかかえる悩み、人の孤独や悲しみにふれられていた。
奇怪な行動によるギャグ的な雰囲気から一転
シリアスな心の内にふれられていたのが良かった。
若者に対しての窮屈さを感じるというのは
老人特有の悩みなのか哀しみなのか
その気持ちはその時になってみないと分からない
ものなのかもしれないと思ったが
老人に限らず人と人が通じ合っていない状態というのは
つらいものだろうなとは思った。
自分が正しいのだとしても、間違っているのだとしても
それは伝えなきゃ始まらないことで、ここに出てきた老人のように
自分のうちにこもって自分が正しいのだと思っていても
何も変わらない事なのだろうな。
話の中で気になった言葉があった。老人が言った
「老いた時のことなんか考えた事ないだろ?」という言葉だ。
圭介はそれに答えられなかった。けれど、圭介くらいの年になり
身近な人間をなくしているのであれば、考えているもの
なのではないかなと不思議に思った。私は考えたことがあるぞ。
考えるたびに不安は訪れる。その時を迎えている人からすれば
ちっぽけなものなのかもしれないが・・・。

ラブホテルの前で夢野が誘われるところはちょっとドキッ。
ワシらも入ってみようかぁ~っていろんな意味で狙われてるのかと(笑)
後ずさりっぷりが可愛かったよ。
あとは津村さんとのベッドの上での格闘っぷりが面白かったなぁ。
シリアスな場面の後のハッスル(笑)
打ち身を治してもらおうとベッドに倒され足を持ち抱えられ・・・
本当に治るのかよっていう体位が素晴らしいよ。
あんなに豊さんのお尻がアップになったのは初めて見たかも(笑)

record:2007.06.11
放送日:1984.11.03

夢野が浮気調査の尾行中、老人が夢野の後をついてジャマをし始め
追って来たため事情を聞くと自分の住所と名前を知りたいと夢野に
依頼をしてきた。その話を聞き仕事を断ろうとした所長だったが
老人に泣きつかれ依頼を受け老人を事務所に泊めることに。
警察に捜索願は出ていないようで手がかりは老人の言動のみ。
コーヒーが好きな事は分かったが持ち物を調べようとするが拒否され
他に手がかりは無い。老人の部屋をのぞいてみると老人が上着から大金を
出し数えているのを見つけ謎が増えてしまう。その後ひっそりと
部屋を出て行った老人の後をつけた夢野だったが途中でまかれてしまう。
急いで辺りを探し回り老人が若者に絡まれているのを見つけた夢野は
老人の心のうちを聞かされる事になる。なぜ歳をとったら
若者におどおどしなければいけないのか。邪魔者扱いされなきゃいけないのか。
そこに老人が放浪していた理由があるのではないかと感じ
今までの言動から老人はどうやらボケている風を装っているだけのようだと
思い至った夢野は老人が落ち着いたのを見計らいとりあえず事務所に
帰ることを促した。しかしそこえ老人がいつも持ち歩いているハズのお金が
なくなっていることに気がつく。翌日、老人に話を聞くと
ボケについては嘘だと認めたが金については本当の話をしようとはしなかった。
老人を一人にして後を追いかけてみると暫くして一件の店に入っていった。
そこは老人たちが集う店のようで、無くしたといっていた
資金もこの店が老朽化の為に無くなってしまうと知った老人が
建替えの為に自分が入る予定の老人ホームの頭金を出したものだと分かった。
老人ホームに入る事を嫌っている事を家族に言うことが出来ずにいるのではと
推測した夢野は家族に話をつけにいく。家族の様子を見た夢野は
老人にきちんと家族と話してみるように勧め、老人は家族と向き合う事を決意した。


キャスト
夢野圭介【水谷豊】、吉原聖子【朝丘雪路】
草間緑【岡江久美子】、加納礼【草野大悟】
マーリー池田【順みつき】、荒木紀信【船越栄一郎】
坂田幸作【下條正巳】
老人A【里木佐甫良】、老婆A【磯村千花子】
老人B【近松敏夫】、マスター【和沢昌治】
坂田の息子【石津康彦】、坂田の嫁【本庄和子】
津村明子【一氏多佳美】、老婆B【橋本菊子】
息子【中平良夫】、娘【大原真理子】
若いサラリーマンA【山崎建二】
  〃  B 【花田光夫】
  〃  C 【大倉順憲】
ウエイトレス【佐川美紗】、津村浩三【藤岡琢也】

スタッフ
【脚本】田村多津夫、【音楽】羽田健太郎
【技術】松下滋、【カメラ】興膳幹雄
【照明】細川登喜二、【音声】島孝之
【調整】原和久、【効果】倉橋静男
【編集】伊藤信行、【MA】大森良憲
【美術】平井堯、【装置】田村美則
【装飾】佐藤八四三、【持道具】小川和男
【衣裳】高西真一、【メイク】田島絹江
【PR】吉武多恵子、【タイトル】丸山能明
【演出補】是沢邦男、吉田使憲
【記録】小倉千加子、【製作担当】榎本和秋
【音声ディレクター】鈴木清司
【主題歌】「人魚の誘惑」
  作詞:伊勢正三
     井上毅
  作曲:伊勢正三
  編曲:石川鷹彦
  歌:水谷豊
 (フォーライフレコード)
【衣裳デザイン】芦田淳
【衣裳協力】マグー(株)
【プロデューサー補】小池仁
【制作協力】生田スタジオ
【プロデューサー】山口剛、菊池昭康
【演出】水島総
【製作】日本テレビ、ユニオン映画

拍手[0回]

PR