忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

誰かが嘘をついている

■ ■ ■ キャスト ■ ■ ■
佐藤敏昭【 水谷  豊 】(主人公。痴漢として訴えられた者)
佐藤美羽【 宮崎美子 】(佐藤敏昭の配偶者)
佐藤貴浩【 手越祐也 】(佐藤敏昭と佐藤美羽の息子)
佐藤由香【 谷村美月 】(佐藤敏昭と佐藤美羽の娘)
直木雅治【 荒川良々 】(留置場仲間、冤罪被害者?)
持田 舞【 佐津川愛美 】(痴漢被害者の女子高生)
結婚詐欺師【 カンニング竹山 】(結婚詐欺師)
小川検察官【 黒川芽以 】、地裁裁判官【 佐戸井けん太 】
佐上刑事【 山中崇史 】、高裁裁判官【 森下哲夫 】
日比野検察官【 伊藤正之 】、駅員【 飯田基祐 】
売人【 ザブングル加藤歩 】、畑山被告人【 安斎  肇 】
先客の痴漢【 村松利史 】、山本裁判官【 久世星佳 】
町田刑事【 野仲イサオ 】、倉田弁護士【 酒井麻吏 】
小笠原刑事【 工藤俊作 】、戸倉社長【 一本気伸吾 】
阿藤本部長【 浅野和之 】(佐藤敏昭の上司)
山崎弁護士【 モト冬樹 】(佐藤敏昭と旧知の民事を主とする弁護士)

歌澤寅右衛門、牧村泉三郎、児玉頼信、田上ひろし
伊藤幸純、長谷川ほまれ、嶋崎伸夫、若林幸樹
長谷川公彦、久ヶ沢徹、豊水利行、青木一
堤匡孝、徳永淳、篠木幸一、最所美咲
横塚真之介、真下玲奈、石橋よしゆき、夏川亜咲

三浦係長【 山本未來 】(佐藤敏昭の部下)
鬼塚弁護士【 平田 満 】(鬼塚敬二/佐藤敏昭の主力弁護人を務める弁護士)
-------------
CASTY、劇団東俳
フジテレビクラブの皆様

■ ■ ■ スタッフ ■ ■ ■
【脚本】上杉隆之
【撮影】宮田 伸
【照明】白倉孝雄
【音声】渡邊利実
【映像】深澤敏行
【編集】白水孝幸
【EED】萩原隆司
【選曲】辻田昇司
【効果】三田兼玄
【M A】白井利彦
【技術プロデューサー】井上治久
【美術プロデューサー】関口保幸
【美術デザイン】塩入隆史
【美術進行】内村和裕
【大道具】西田裕一
【大道具操作】山口貴章
【建具】船岡英明
【装飾】竹原丈二
【持道具】西澤朋恵
【衣裳】上篠栄子
【メイク】今津悠子
【アクリル装飾】石橋誉礼
【電飾】中園誠四郎
【視覚効果】江崎公光
【生花装飾】牧島美恵
【植木装飾】佐川忠由
【フードコーディネーター】住川啓子
【CG作成】尾上克郎、大屋哲男、諸星 勲

【撮影協力】
東京都下水道局、新鮮市場 多摩店
味の素スタジアム、共立女子大学
東京都西徳洲会病院、セイレーン
加藤研磨工業、Petit Zou
フタバ綜合法律事務所、いなぎ苑

【美術協力】
ミリオンリース販売株式会社
SAAD、HIDEO WAKAMATSU、KDDI
LA JIRUMA、IKETEI、???、DE RIGO
WACOM、TOSHIBA、MARUZEKI、MONDAINE

【衣裳協力】
ete、サン・フェルメール
暮らす服、エムズファクトリー
haco.、COMME CA ISM
スリムウォーク、エステール
hummei、ART/BERG
イルサントル、JUNMEN
ナガイレーベン株式会社
BAMBI、FESTINA、古着服本舗

【協力】
ビデオスタッフ ドルフィンズ
バウムレーベン、ウィーヴァーズ
特撮研究所、マリンポスト
ピクチャーエレメント
古典時計教会、上瀬千春

【法律監修】中西義徳(純法律事務所)
【編成】太田 大
【広報】加藤麻衣子
【スチール】瀬井美明
【HP】善波雅也
【HPデザイン】斉木晴佳
【リサーチ協力】萩原恵礼
【演出補】坂梨公紀
【制作担当】柿本浩樹
【制作主任】樋掛浩晃
【記録】内田照代
【プロデュース補】多治見 薫、西沢 桂
【企画・プロデュース】喜多麗子
【演出】宮本理江子
【制作著作】フジテレビ

放送日:2009/10/06
記録日:2009/10/19

見どころは最近ではとても珍しい、事件もので追いつめられる豊さん!
これに尽きるだろう。手錠でつながれてんだよ。留置場に入ってるんだよ!
これを見ないわけにはいかない。
正直、もっと情けない男に見えるかとビクビクしていたんだけれど
追いつめられながらも、まっすぐに前を向く男の姿に強さが見えて
そんな男が築いたからこその家族の絆、愛情、温かさが心地いいものだった。
悪いように言えば頑固な人、だが。
そしてもう一つの見どころが、酔っぱらいの演技。
えぇ、ここです。ここですよ・・・寝てる姿が可愛いのなんのって。
いや、それで注目したわけじゃなくて。リアルなんだよ。
酔っぱらってはっきりとした口調で叫んでる・・・のは少し疑問だったが
倒れるところとか、グダグダ何言ってんのか分からない所とか
このあたりがリアルすぎて・・・身近でよく見るよ、あぁいう人!みたいな。
これは衝撃的な光景だった。
手越くんはジャニーズっぽくないねぇ。どういう意味だよって、怒られそうだけど。
キラキラしてんだけど、すっとドラマに入っていける演技。
あと崇史くんがいましたが、チラリズムで歯がゆいぞ(笑)

ドラマ内容はニュースでも時々見かける痴漢冤罪事件。
映画では「それでもボクはやってない」というのが有名な所。
調べもそこそこに、とった証拠も採用されず。
満員電車という犯人確認しにくい場所で事件は起こる。
犯人かどうかは、本人のみが分かる事なんじゃないかという状況で
他に目撃者もいない中、女子高生の言い分だけで加害者が決まっていく。
何一つ男の言い分も証拠も聞きいれて貰えない。
捕まってしまったが最後。冤罪が生まれやすい事件に
どう立ち向かっていくのか!という所か。

戦ったとしても今回のように都合よく証拠が出てくるのはまれな事なんだろうな。
運が良かったとしか言えない。
それくらいでしか無罪を勝ち取る事が出来ないという冤罪。
一般の事件は犯罪をした証拠を見つけてくるものなのに、この事件については
無罪を主張するには犯罪をしていない証拠を見つけるしかない。
彼の対比として描かれていた、やってないのにやったと嘘をつき
長い拘束から逃れ、会社にもバレずに出世も出来ている男がいたけれど
こいつがやってません!と言い続けた所で
無罪にはならなかったんだろうと考えると怖いものがある。
更に怖い事は、真犯人はまた新しく罪を犯し、人を傷つけているという事だろう。
何も終わってない。男の中でも犯人の中でも。
けれど損得を考えれば、捕まったら
こっちを取ってしまうものなんじゃないかと思う。たとえ冤罪でも。
冤罪が奇跡的に晴れた男の裏で被害者がつぶやく。
だったら誰が犯人なのかと。
自分が間違えてしまった事への動揺もあるだろう。
謝罪の言葉があってもいいかもしれない。
でもそれ以上に被害者は相当悔しかったのかしれない。
何度もされた行為を他人に話さなくてはいけなく
やっと終わってくれると思っていたのに、まだ終わらないのだから。
家族や仲間も、本当ならどこまでついて来るかな。
自分なら、どこまでついていけるかな。
追い込まれていくのは捕まった人間だけじゃない。
けれど、制度は変わらなかった。満員電車もなくならない。
示談金目当ての事件や恨みゆえの事件までも起こっている中
どうすれば冤罪事件が減り、どうすれば真犯人がきちっと捕まり
どうすれば痴漢が起こらないようになるのか。
痴漢捜査の見直しで、どこまで変わるものなんだろうか。
・・・と少し真面目に感想を書いてみた。

拍手[1回]

PR