忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

居酒屋もへじ

【作】  黒土三男
【音楽】 佐良直美

 主題歌「いのちの木陰」
  【作詞】山川啓介
  【作曲】渋谷 毅
  【歌】佐良直美

米本平次【 水谷 豊 】
佐伯陽子【 松坂慶子 】
校長先生【 角野卓造 】
ミシン屋【 松本雄基 】
五郎【 川崎麻世 】
社長【 六平直政 】
幸助【 緒形幹太 】
フジモト【 佐藤 輝 】
川端澄子【 北川弘美 】
明【 高田 翔 】
さやか【 諸星すみれ 】、実【 土師野隆之介 】
津村鷹志、別府康男、森奈みはる、大木イチロー
古賀プロ、劇団いろは、劇団ひまわり
三郎【 桂 文珍 】
青島【 石坂浩二 】(友情出演)
由亀【 奈良岡朋子 】

【技術】本木明博
【カメラ】高柳知之、大西正伸、近江正彦、大森隆晴
【カメラアシスタント】酒井 淳、星 竜太、野村洋平
【映像】古市修文
【照明】倉本輝彦、松本修一、野村修司、風間大介、横山修司、木村郁恵
【音楽】下村晴之、臼井久雄、小岩英樹、藤本真人
【選曲】山内直樹
【音響効果】山下祐司
【編集】並木加代、岩井真也
【MA】飯塚大樹
【美術プロデューサー】矢郷 進
【美術デザインタイトル画】山田 榮
【美術制作】武田雄介
【装置】滝沢博史
【大道具操作】佐藤 篤
【建具】大崎健一
【装飾】青木賢輔、牛山範洋
【衣裳】吉川茂雄、平田博美、斎藤ますみ、松田綾子
【持道具】小松絵里子
【化粧】中田マリ子、高村明日見、佐間亜希子
【植木装飾】西村尚樹
【電飾】秦 一志
【生花装飾】遠山 徹
【料理指導】柳原尚之
【協力】
緑山スタジオ・シティ、東通
アックス、NK特機
上野動物園
【番組宣伝】反町浩之
【スチール】加藤 徹
【インターネット】廣野由美
【編成】十二竜也、畠山 渉

【衣裳協力】
鈴乃屋、Broome
VICE FAIRY、SEVENTY
株式会社 フィス

【持道具協力】IKETEI、エリット株式会社

【演出補】竹村謙太郎、佐藤敦司、須藤洋子、井村太一、鴨下 潔
【記録】八木美智子
【番組デスク】佐藤博子
【制作補】吉村剛弘

【プロデューサー】石井ふく子

【演出】清弘 誠
【製作著作】TBS

放送日:2011/09/25 21:00~ TBS系
記録日:2011/10/03

どうしても当日見られなかったので
録画したものを見たのだが

五郎の、ぎょ!という表現。
もへじの、あいたぁ~と頭を叩く、表現。
押しの強すぎる女、女ったらしのオヤジ。

舞台的
と、言えばいいのか・・・
マンガ的
と、言えばいいのか・・・

人物紹介にあたる冒頭の部分での
わざとらしく感じる人物の表現、行動に
見続ける事をいったんくじかれた。

で、気を取り直して、見たけれど
正直言うと最初のうちはCMごとに
はぁ、と息が・・・。
別に話が重々しいわけではないし
決して嫌な人が出てるわけでもないし
スピードがないのも、あまり場面転換しないのも
話の感じ、雰囲気からすると特に気にはならないんだけれど・・・
ドラマ内では心地のいいはずの居酒屋が一番、心地悪かった

なんだろうなぁ。キャラクターかな。ちょっと古い?キャラクター。
冒頭であれだけ人数がいながらも、ちゃんと誰がどんな呼び名でどういう
キャラかってわかるのは凄い事だと思うけど・・・見ていてしんどかった。

でも久しぶりの豊さんの包丁持ってる板前姿が見られたし
合間合間に入る、もへじが居酒屋の外に出た時がカッコよかったし
世界に一つだけの花を歌う豊さんも見られて嬉しかったのだよなぁ。

そんでもって心優しき、もへじの周りに集まるわけありの面々。
ラストに向かうにつれて優しい人間ドラマが繰り広げられて
あたたかい感じがさらに膨らんでいって
後半の部分は気持ちよく見られたのは良かった。

追記
あまりいい表現じゃない感想につきあわせてしまって申し訳ない・・・。
コメント、thank you。

拍手[6回]

PR