忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

パートタイム裁判官2

パートタイム裁判官(2)~ご近所トラブルが殺人事件を呼ぶ!!
悪臭ゴミにペットの放し飼い・・・死体が語る崩壊した家族の過去とは!?
2007年5月14日 月曜日よる21:00~22:54
TBSの月曜ゴールデン枠で放送。

相変わらずチェックの服の水谷豊・望さんの裁判官姿が眩しかった。
前回に引き続きパート2になる作品。
最近は過去作品を沢山見ていたが久しぶりに
新作を拝見する事が出来てうれしい。
犯人や動機に関しては分かりやすいものだったと思う。
推測してしまう時間も結構あったため、意外性というのは
あまり無かったかな。テンポやキャラは悪くなかったけど
非常勤裁判官で受け持った調停のことを調べていくうちに
何やら事件が見えてきて・・・という流れは前回同様。

犬と飼い主、その家族の関係性が大きく描かれていたけれど
そういう犬に癒される、頼ってしまうという人間は少なくないんだろうな。
きっと他人には入り込めない絆や情があり奪われる事の苦痛は
計り知れないものなのだろう。
癒しだった存在が哀しみを与える存在に変わってしまう事そのものが
悲しくもあるが、それでけ犬が愛されていたという
証拠でもあるのだと思うと、飼っていたその時間は両者ともに
よき時間だったのではないかと少しほっとする事でもある。
殺しにまで発展してしまったのは反省も謝罪の言葉もない
獣医のせいだろうけど家族が崩壊してしまったのはと位置づけるのは
あまり理解できない。家族同士でも犬と同じように絆を築く事が
一番重要な課題で、壊れてしまった家庭に
最後に犬はそれを教えていってくれたようにも思えた。

犬といえばガジロウが調子が悪くなったから
獣医さんに往診しにきてもらったっていうシーンがあったけど
往診の会話が何故必要だったのかがよく分からなかった。
それだけ世の中で犬に入り込む人が増えているという事なのか。
犬嫌いな望さんが犬相手に引け腰なのが可愛かったなぁ。
ストレスは自分のせいかと反省する望さんの足と足の間にそんな事ないよ
みたいにガジロウがやってきてベッタリとされてるのは正面から見たかった。
水谷豊さんは犬嫌いのイメージが無いから新鮮だ。
刑事貴族ではアーサーと仲良くしてたし相棒では犬に口を
べろべろ舐められていたっけな(笑)
水谷家は犬と猫を飼ってるらしいね。

望さんは法律について話すのがとても好きなのかな。
犯罪者相手に語る姿がウキウキるんるん過ぎて笑ったよ。
これももう罰を受けているようなものだよね。
柳田はいいヤツなのか悪いヤツなのかよく分からない存在だったけど
これに懲りて犯罪なんてしないようになればいいさ(笑)
相変わらず孫が見たいと言われていたけれど何歳の設定なんだろうか?
ペットは奥さんだけでなんて言葉をはいてたけど
これは奥さんがいないからこそ言える男のホラってもんだろうね(笑)

竜次さんは豊さんと顔見知りらしい刑事役で出番はそこそこか。
望が呼ばないのに刑事さんがやってきてたシーンが
あったのだけれど何でタイミングよく現れたのかが謎だった。
調停を調べていたんだろうか。それともストーカー?!(違)
今回は望を褒めたのに犯人じゃない人を捕まえてしまっていたな。

メモ
■非常勤裁判官制度(平成16年1月実施)
■窃盗犯柳田の奥さんが一番セキュリティに気をつかっている
■関口は横山に医療ミスだと訴えられた。番地は2-11-8
■横山の飼い犬、アリス
■望の家で預かることになった犬、がじろう
■調布西警察署で弁護士の仕事。
■柳田が窃盗に入ったのは昨年3月7日。
■午後3時ごろ調布市若葉町5丁目7番地3号、山川のりあき宅に進入。
■ペットは奥さんだけで発言は内緒。しーっ!

record:2007.05.15
放送日:2007.05.14

非常勤裁判官として週に一度裁判官として働いている
望は、アリスという犬を放し飼いにしている飼い主に対し
近隣住民が訴えを起こしている案件をかかえていた。
対面で話し合いで解決しようとするが互いに自分の意見を
押し付けるばかりで話が進まないのが現状だ。
そんな時、訴えを起こされている横山について噂話を耳にする。
昔ハナという犬を飼っていてその犬が死んだ数ヵ月後に
横山は離婚をしたのだという。
犬が好きであるのに何故、犬を近隣住民に嫌われるように
しているのか不思議になった望は裁判官の「私知を禁ず」を
やぶり横山に話を聞きに向かった。
横山からは何も聞き出せなかったが近隣住民から
ハナについて、医療ミスで死んだ疑いがある事を耳にした
望はその医者が毎晩ほえられるアリスの鳴き声で
ノイローゼに陥り自殺をしていた事を知る。
警察で事件の詳細を聞くと他殺の疑いもあるといい
横山が疑われていることが分かった。
横山のアリバイは成立せず、さらには医者が死んでいた日に
その病院から誰かが出てくるのが目撃されていて殺人の疑いが高くなった。
犬の死亡が原因で殺人までするものかと家族に話を聞きに行くが
家族全員がハナを愛していて医者を怨んでいた事を知る。
そしてアリスの判決が出た後、望と警察を前に
横山は医者殺しを認め、警察につれていかれてしまった。


出演者
水谷豊(弁護士兼、非常勤裁判官:成田望)
床嶋佳子(望の妻:成田柚子:裁判官)
小野武彦(犬を放し飼いにして訴えられた人:横山周造)
仁科亜季子(横山の元・奥さん)
石井洋祐(窃盗事件の被告人・柳田)
駒塚由衣(窃盗犯・柳田の奥さん)
丸岡将詞、山口良一、大和なでしこ
川俣しのぶ(横山を訴えていた住民)
遠山俊也(動物病院の院長:関口昌則)
柳下李里、杉村暁、藤咲舞、増川留三子
益富信孝、渡辺寛二、濱田和幸、小豆畑雅一
清田陽平、中村鷹香、山本美也子、井上夏葉
岩崎ひろし、山下容莉枝(散歩途中にあった犬の飼い主の一人)
小出由華(横山の娘)、森脇史登
早川プロ
平野稔(望の補佐?)、池田道枝(望の補佐?)
田山涼成(望に口うるさく言う判事:前島勝也)
市川勇(望が怒られている時に間に入っている判事)
片桐竜次(刑事)
大空真弓(柚子の母:松木咲子)

※エンドロールに役名記入なし

スタッフ
【プロデューサー】赤司学文、石川好弘
【脚本】石原武龍
【撮影】上赤寿一、【照明】大石弘一
【録音】今井善孝、【美術】落合亮司
【VE】瀬尾幸夫、【編集】只野進也
【記録】高橋扶佐緒、【VTR編集】西舘貴子
【選曲】山川繁、【効果】船橋利一
【MA】梅澤康二、【助監督】高畑隆史
【製作主任】塚本貞重、【殺陣】二家本辰己
【番組宣伝】清水雅哉
大和衣裳、日本ペットモデル協会
マエダオート、オーエイギャザリング

【法律監修】高山俊吉
「虹の橋(犬との10の約束)」(訳 落合惠子/リヨン社)

【衣裳協力】
EddieBauer、BASILE28、we-nge
KAZZOC、blan miu、PolitiqueE
S.MILE、Hestia、enracine

【小道具協力】
SOTEC、rev k shop
新日本法規出版、KENNETH COLE new york

【撮影協力】
東京都下水道局、中川食品株式会社
中野水再生センター、株式会社ピースマインド、府中市役所

【監督】吉川一義
【製作】TBS、オセロット

拍手[1回]

PR