忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

朝比奈周平ミステリー4 木曽路殺人事件

水谷豊・朝比奈周平
この回は朝比奈周平シリーズの実質の最後の回ですね。
4作と短かったのが意外でした。
監督さんが今回は違うようで、他の作品に比べて私は
こちらの方が好きでした。ゲストにもよるのでしょうか。
石橋蓮司や大杉漣という好きな役者さんが出られてて
嬉しさでウキウキしながら見てしまったせいか飽きずに
色々と楽しんでました。女性ゲストはしのぶちゃんと
これまた驚きでしたよ。けれど最後だというのにお姉さんの
登場がなかったのは残念なところでした。
周平のお見合いも三度とエンドロールで括ってくれはしたが(笑)
今回はミスリード具合が上手かったように思います。
周平がしてしまったミスリード、犯人がしかけたミスリード
殺される人数が多いので整理整頓するのがしんどかった
というのもありますが(苦笑)難しすぎず真実はどこにあるのか
を一緒に見ていけたようで楽しかったです。
犯人が分かっていても動機やポイントの部分が気になるもの
であると楽しめるものなのですね。
見ていて楽しかった点といえば蓮司さんと豊さん2人のシーンは
とても楽しめました。会話のテンポがいいんですよね。
振り払ってもくらいついてやるという周平のしつこさと
それにゲンナリさせられる刑事さんのやりとりに笑わされましたよ。
掛け合いが上手いんですよね。周平事態は決して嫌なヤツではないけれど
警察にとって彼はとても嫌な人材なのでしょうねぇ(笑)

事件解決の部分では他のよりも好きだったけれど
感情の部分ではイマイチだったかなぁ。
犯人がレオを殺す時は違和感もあった。殺す時というか
殺される側の問題ですかね。自首を勧めたレオが
裁判に行けば未必の故意を問われるかもしれないと言った部分は
とても違和感でした。言い方の問題なのでしょうか。
とってつけたような、キャラにない言動に聞こえました。
冷静に言われてイラッとこない人間がいないわけないうえに
自分の事を棚に上げて言い切った男。死ぬ覚悟があったとしても何か違う。
罪の意識を背負っていたとは思えない言動と態度で
誰かを罪の苦しみから救い出したいと願った男には思えなかった。
それが『鶏のおはようも三度』の真実が見えた時に
与えられるであろう衝撃を薄くしていたように感じ残念だった。

事件に偶然出会い、調べ、解決するといった
まぁ、よくある2時間ものといった感じ。内容は
そんなに捻っているという感じでもないのが殆どで
分かりやすい背景のものもあった。
光彦と酷似したシチュエーションだが周平は
光彦よりも大人というイメージの違いがある。
周平以外は回を増すごとにキャラが生きてきてるかな
という所だったのだが終わってしまって残念だ。
シリーズ通して思ったことといえば
知らない人間を無防備に部屋へあげるのだなぁという
事だろうか。人殺しが起こっているのにどこか平和さ
が漂ってるのが周平や光彦が持ついい所なのかなぁ。

メモ
■周平はそろそろ結婚したいらしい
■ビバ階段落ち
■ビバにわとりのモノマネ
■周平かるた、周平のお見合いも三度
■松本城
■馬籠
■なぞをかけられると落ち着かない
■車はTOYOTA
■鶏のおはようも三度/島崎藤村
■本題に戻しましょう
■ノート型のワープロ

record:2007.06.18
放送日:1992.10.20

周平は取材中に父親(源治)を探しているという女性(奈津子)に出会い
話を聞くが、その直後ニュースで源治が転落死した事を知る。
状況から事故のようだという警察だったが奈津子はそれを否定。
源治の手帳には仕事のスケジュールと『鶏のおはようも三度』
といった謎の言葉が残されていた。周平と奈津子は
「もう一度行ってくる」と言い家を出た源治の言葉から
同窓会が行われた馬籠へと向かった。


【製作】日本テレビ

キャスト
朝比奈周平【水谷豊】、塚本奈津子【中山忍】
藤木悠、大杉漣(建設庁課長/中根基之)
中上ちか、中根徹、岸端宏樹
森本レオ(塚本源治/47歳)、土田早苗
川島英文、高橋亮治、伊藤裕子
石橋蓮司(刑事)
小森信子、小森あゆみ、小森直人
早川プロ
榎隆造【石立鉄男】、朝比奈容子【乙羽信子】

スタッフ
【企画】長富忠裕
【プロデューサー】
長富忠裕、赤司学文、石井好弘(近代映画協会)
【脚本】岡本克己
【音楽】佐藤允彦
【撮影】東原三郎 【照明】栗木原毅
【美術】福留八郎 【録音】金子義男
【編集】渡辺行夫 【記録】桜井光子
【選曲】山川繁  【効果】渡部健一
【整音】船橋利一 【助監督】増田天平
【製作主任】多治見薫
【演出助手】池訓和、三輪勝司
【撮影助手】渡辺久武、佐多賀剛
【照明助手】関野高弘、堀直之、小川大介
【録音助手】石堂浩之、辻秀治
【装飾】落合亮司、鎌田正宏
【衣裳】佐藤キミ 【メーク】鈴木厚子
【スタイリスト】柄沢純子
【スチール】金子哲也  【編集助手】倉持清治
【ネガ編集】高橋司圭子 【製作進行】桑原一仁
【広報担当】保坂朱実

東京現像所、TOHO SOUND CREATIVE STUDIO、大和衣裳
森下美粧、マエダ・オート

【協力】
MOVING BLUE、TETSU、東京ますいわ屋、ローレライ、マルエム松崎

テーマ曲「愛という名の勇気」
 作詞:大津あきら
 作曲:安部恭弘
 編曲:荻原光男
  唄:益田宏美(ビクターレコード)

【音楽協力】日本テレビ音楽
【監督】森崎東
【製作・著作】近代映画協会

拍手[5回]

PR