忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

朝比奈周平ミステリー1 出雲路殺人事件

水谷豊・朝比奈周平
今日から始まった朝比奈周平だがパッと見た感じは光彦と酷似している。
光彦の時とは、家の場所とか間取りとか
取材で行った先で事件に遭遇するのとか女性がいるのとか
状況はあまり変わらなかった。お母さんもいた。
けれどお兄さん家族がいなくなっていたのが凄く悲しい出来事だった。
後ろ盾がなくなっている光彦が、一人で事件を解決している為か
ずっと事件について考えっぱなしで、かなり疲れた。
途中で休憩や緩和、光彦を止める人物がいない事がこれほどまでに
影響力があるものかと思い知らされた回でもあった。
物語はたんたんと進んでいったように思う。
謎めいた冒頭の始まりがあり事件はいくつか起こっているのに
テンポがゆるやかなのか、それとも予想範囲内のこと
だったからか、ひきつけられるものが少なく面白みにかけていた気がする。

変わったといえばお見合い話を持ってくる人が
キャッキャした若い人に代わっていたというのもある。
豊さんが周平ちゃん!なんて言われてるのが可愛かったよ(笑)
光彦の話だとばかり思っていた綱をわたって逃げる
行動が朝比奈周平の方だった事に記憶って恐いなと思った。
光彦は大切にされている印象だったが今度は少し乱暴に?
男の子として扱われている気がした。
頭を叩かれたり、綱で降りる所を見届けられたり
大事にされているのは変わらないのだけれど少し男らしく
なっていると思った。

竜次さんが周平になっても出てきていた事にビックリだ。
今回は怪しげな人だった。バーの店の人のような格好だったが
言葉遣いと周平の手をさりげなく触るのを見るとあっちのけがあるらしい。
優しい言葉遣いの後にバリバリと必要なくなったパネルを
砕く男らしさが眩しかったよ。
周平ちゃん1話からいろんな意味で大ピンチでしたな。

家は変わっていなかったけれど光彦の時にはあった
デスクトップのワープロで考えるという部分や
エンドロールでも女性との相性はどうだという部分が無くなっていた。
女性と周平2人の写真を紙に張り向かい合わせて壁にかける
という小学校の工作レベルなものになっていて少し原始的に
戻っているような気がした。

年月というのは酷なものなのかもしれない。
過ぎ去る年月が幸せを導くこともあれば不幸を招くこともある。
人が変われるものであると同時に人は変わってしまう生き物
でもあるんだな。守り通したかったものを守りきった男。
なのにとても悲しい背中をしていたのが印象的だった。
変わらないことはとても難しいことなのかもしれない。
彼女にはそのまま、純粋なままでいて欲しいな。

メモ
■周平、入浴。
■ベランダからロープで脱走
■白い犬2匹とジョギング
■紙飛行機
■牛乳
■風船にゆうこ
■どじょうすくい?
■カブト、写真

record:2007.06.01
放送日:1991.03.26

周平は山中鹿之助について取材をした帰り道に殺人事件現場へと
出くわした周平が警察の様子を伺っていると警察に呼び止められる。
事件現場には周平が前日とまったホテルで声をかけてきた女性の遺体があった。
周平が泊まっていた部屋から殺された女性の指紋が発見されたようで
警察に疑いをかけられてしまった。女性の死体の傍には八日月
と書かれた文字が残されていたようだが周平の心当たりにはなく
指紋についても謎が深まるばかりだ。周平はひとまず東京へ帰り女性の
身辺を調べることにした。女性は男性と同居していたようで男の名前はケン
というらしい。男の似顔絵を作成してみたところ、周平が取材中に
声をかけてきた見知らぬ男性である事が分かった。男は何者なのか・・・


【製作】日本テレビ

キャスト
朝比奈周平【水谷豊】、中沢夕子【西村知美】
笠井刑事【斉藤洋介】
河原崎次郎、児島美ゆき、江藤漢、片桐竜次
阪上和子、千葉裕子、角田よし子、渋谷優子
三谷昇、浜田寅彦
川俣しのぶ、古川明美、古屋亜衣美、滝一也
早川プロ、森芸能プロダクション
中沢章男【織本順吉】、朝比奈玲子【浅茅陽子】
朝比奈容子【乙羽信子】

スタッフ
【企画】小坂敬
【プロデューサー】
長富忠裕、赤司学文、石井好弘(近代映画協会)
【脚本】岡本克己
【音楽】佐藤允彦
【撮影】原一民 【照明】栗木原毅
【美術】福留八郎 【録音】金子義男
【編集】渡辺行夫 【記録】林満利子
【選曲】山川繁 【助監督】増田天平
【製作主任】及川義幸 
【演出助手】山本保博、中島雄一、張加貝
【撮影助手】渡辺久武、真塩隆英
【照明助手】柴田信弘、関野高弘、田部谷正俊
【録音助手】石堂浩之
【装飾】落合亮司、山澤克明、鎌田正宏
【衣裳】花房孝治 【メーク】鈴木厚子
【スチール】金子哲也
【広報担当】難波佐保子
東京現像所、TOHO SOUND CREATIVE STUDIO、大和衣裳
森下美粧、マエダ・オート

【衣裳協力】
ARTIGIANO、ATELIER MEIKU CO.,LTD.、IKUKO
PRIVATE MENU、東京ますいわ屋

【撮影協力】
華水亭かすいてい、足立美術館

テーマ曲「告白」
 作詞・作曲:竹内まりあ
 編曲:山下達郎
 唄:竹内まりや(MOON)

【音楽協力】日本テレビ音楽
【監督】出目昌伸
【製作・著作】近代映画協会

拍手[3回]

PR