忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

朝比奈周平ミステリー4 木曽路殺人事件

水谷豊・朝比奈周平
この回は朝比奈周平シリーズの実質の最後の回ですね。
4作と短かったのが意外でした。
監督さんが今回は違うようで、他の作品に比べて私は
こちらの方が好きでした。ゲストにもよるのでしょうか。
石橋蓮司や大杉漣という好きな役者さんが出られてて
嬉しさでウキウキしながら見てしまったせいか飽きずに
色々と楽しんでました。女性ゲストはしのぶちゃんと
これまた驚きでしたよ。けれど最後だというのにお姉さんの
登場がなかったのは残念なところでした。
周平のお見合いも三度とエンドロールで括ってくれはしたが(笑)
今回はミスリード具合が上手かったように思います。
周平がしてしまったミスリード、犯人がしかけたミスリード
殺される人数が多いので整理整頓するのがしんどかった
というのもありますが(苦笑)難しすぎず真実はどこにあるのか
を一緒に見ていけたようで楽しかったです。
犯人が分かっていても動機やポイントの部分が気になるもの
であると楽しめるものなのですね。
見ていて楽しかった点といえば蓮司さんと豊さん2人のシーンは
とても楽しめました。会話のテンポがいいんですよね。
振り払ってもくらいついてやるという周平のしつこさと
それにゲンナリさせられる刑事さんのやりとりに笑わされましたよ。
掛け合いが上手いんですよね。周平事態は決して嫌なヤツではないけれど
警察にとって彼はとても嫌な人材なのでしょうねぇ(笑)

事件解決の部分では他のよりも好きだったけれど
感情の部分ではイマイチだったかなぁ。
犯人がレオを殺す時は違和感もあった。殺す時というか
殺される側の問題ですかね。自首を勧めたレオが
裁判に行けば未必の故意を問われるかもしれないと言った部分は
とても違和感でした。言い方の問題なのでしょうか。
とってつけたような、キャラにない言動に聞こえました。
冷静に言われてイラッとこない人間がいないわけないうえに
自分の事を棚に上げて言い切った男。死ぬ覚悟があったとしても何か違う。
罪の意識を背負っていたとは思えない言動と態度で
誰かを罪の苦しみから救い出したいと願った男には思えなかった。
それが『鶏のおはようも三度』の真実が見えた時に
与えられるであろう衝撃を薄くしていたように感じ残念だった。

事件に偶然出会い、調べ、解決するといった
まぁ、よくある2時間ものといった感じ。内容は
そんなに捻っているという感じでもないのが殆どで
分かりやすい背景のものもあった。
光彦と酷似したシチュエーションだが周平は
光彦よりも大人というイメージの違いがある。
周平以外は回を増すごとにキャラが生きてきてるかな
という所だったのだが終わってしまって残念だ。
シリーズ通して思ったことといえば
知らない人間を無防備に部屋へあげるのだなぁという
事だろうか。人殺しが起こっているのにどこか平和さ
が漂ってるのが周平や光彦が持ついい所なのかなぁ。

メモ
■周平はそろそろ結婚したいらしい
■ビバ階段落ち
■ビバにわとりのモノマネ
■周平かるた、周平のお見合いも三度
■松本城
■馬籠
■なぞをかけられると落ち着かない
■車はTOYOTA
■鶏のおはようも三度/島崎藤村
■本題に戻しましょう
■ノート型のワープロ

record:2007.06.18
放送日:1992.10.20

拍手[5回]

PR

朝比奈周平ミステリー3 丹後路殺人事件

水谷豊・朝比奈周平
まぁ、なんというか・・・久美さん!久美さん!!
の回だったかな(笑)ゲスト女性が立花陽介でオナジミの
森口瑤子さんだったんですよ。まさかここで陽介さんが
久美さんとお見合いしてたなんて(違)驚きです。
いろんな所で共演してるものなのですねぇ。
この驚きにビックリして最初の方は見てたけれども
全体的には犯人も話も分かりやすかったし終りは語りが多かった
から少し退屈したかなぁ。過去の話が目立ちすぎてたのは
気になったし道筋を追っているのは説明っぽく感じた。
でも犯人役がダメっていうわけでもないし
おねぇさんはいい味だしててパワフルだったし。
その辺りは好きだったかな。
周平はラストで一言考えている事を自分に問うように
話しているのもスキだなぁ。
過去に饅頭を盗んだことをとがめられ、それについて
謝らず逃げようとしてしまったこと。人を殺す結果に
なってしまった事について
「饅頭を盗んでとがめられた後に謝っていれば」
とかって考えて、結局その過去のことがなくても今は
どうなっていたのか分からないと言った周平の言葉にしみじみとする。
人の醜い部分、自分を守るために起こす行動。
今回起こした1つの事件は過去のことなぞ関係もなく
次から次へと殺人を犯したり犯そうとしていた所をみると
一つが無くても彼が今回の事件を起こさないとは限らなかった。
確かに何がなければこれが無いとは言い切れないのが世の中だよな。
この醜さは戦争が終わって人のものをとってでも生きようと
餓えていた人間とそう変わらないような気もしたし
殺された女性もまたそういう人間だったような気がする。
けれどこうやってシミジミと文字を書いてる自分にだって
いつの時代の人間にだって人の中にそういう部分は持ち合わせている
のだと思う。出来ることならそういう部分が出てこないでいいような
こころの暖かな生活を送りたいなぁ。

メモ
■エンディングでいろんな物が落ちる
■周平は水に落ちる
■踏み台を忘れてきたので踏み台を作る
■虫眼鏡で紙を焼く
■女性もの?の着物着用
■森口瑤子がゲスト女性、津村の娘役で出演
■伊藤洋三郎が特捜の刑事役で出演。
■エンディングでいつも白い犬2匹と散歩

record:2007.06.12
放送日:1992.04.21

拍手[3回]


朝比奈周平ミステリー2 西海道殺人事件

水谷豊・朝比奈周平
今回はゲストゆえに相棒の女王の宮殿を
思い出しながら見ていたのだけれど
まぁ、だいたいは予想通りに事が運んでいった気がする。
最初に見せられる少女と男のやりとりや殺人事件とその後のかかわりは
謎を持たせられるものではなく確信的な部分だったと思うし
今後を予測しやすいものだったと思う。
途中に入るお姉さんの嫌がらせのような光彦お見合い攻撃だとか
お母さんとのやりとりは楽しかったので飽きる事は無かった。
周平のブリーフパンツ姿@水色が見られたのは貴重だったのかな。
自然に股間に目がいってしまった事は誰にも言わないでおこうと思う。
電話越しに周平が強請った事には少しニマッとしたよ。
『イキたいです』だなんて(脳内変換は得意分野です)

最初に出てきてた男の人が謎に感じた。
その男の人は20年たって久しぶりに会ったその人に
~さんでしょ?と問うた。直感で感じ取ったのかもしれない。
そこまではいい。けれどそれを否定した人に対して
次の日も同じく会いに来る男がいた。そして脅した。
20年もたっているのにそうだと思ったとしても
絶対的な確信を持ってあなたは誰だと言えるとは思えない。
雑誌を見ていて気になっていたとしてもだ。
なのに次のステップへ勝手に進んでいけたのは何故だったんだろう。
絶対的な確信は持ち合わせたいないように思えた。
だからシラをきればいいだけだったのにと思うのは
後ろめたい事が無いから言えることなのだろうか。
少しでもスキがあれば脅すというのは少し危険すぎる賭け
のような気もした。男達が狂っていたのか時代が狂っていたのか
狂わされた少女たちの未来だったのに、殺人は許されるものではなく
過去も未来もあまりにも残酷すぎたように思う。

メモ
■お母さんはお留守番
■ふるさと
■オルゴール教室
■周平のパンツは水色のブリーフ
■長崎に行きたいと強請る周平
■周平は牛乳がスキ
■白い犬を2匹飼っている?
■周平はピアノを子供の頃にやらされた。
■なので楽譜は読める。
■母は楽譜は読めない。ド=1と置き換える。
■周平には兄がいる。
■周平はフリーライター
■ジョギングは日課?

record:2007.06.05
放送日:1991.10.15

拍手[3回]


朝比奈周平ミステリー1 出雲路殺人事件

水谷豊・朝比奈周平
今日から始まった朝比奈周平だがパッと見た感じは光彦と酷似している。
光彦の時とは、家の場所とか間取りとか
取材で行った先で事件に遭遇するのとか女性がいるのとか
状況はあまり変わらなかった。お母さんもいた。
けれどお兄さん家族がいなくなっていたのが凄く悲しい出来事だった。
後ろ盾がなくなっている光彦が、一人で事件を解決している為か
ずっと事件について考えっぱなしで、かなり疲れた。
途中で休憩や緩和、光彦を止める人物がいない事がこれほどまでに
影響力があるものかと思い知らされた回でもあった。
物語はたんたんと進んでいったように思う。
謎めいた冒頭の始まりがあり事件はいくつか起こっているのに
テンポがゆるやかなのか、それとも予想範囲内のこと
だったからか、ひきつけられるものが少なく面白みにかけていた気がする。

変わったといえばお見合い話を持ってくる人が
キャッキャした若い人に代わっていたというのもある。
豊さんが周平ちゃん!なんて言われてるのが可愛かったよ(笑)
光彦の話だとばかり思っていた綱をわたって逃げる
行動が朝比奈周平の方だった事に記憶って恐いなと思った。
光彦は大切にされている印象だったが今度は少し乱暴に?
男の子として扱われている気がした。
頭を叩かれたり、綱で降りる所を見届けられたり
大事にされているのは変わらないのだけれど少し男らしく
なっていると思った。

竜次さんが周平になっても出てきていた事にビックリだ。
今回は怪しげな人だった。バーの店の人のような格好だったが
言葉遣いと周平の手をさりげなく触るのを見るとあっちのけがあるらしい。
優しい言葉遣いの後にバリバリと必要なくなったパネルを
砕く男らしさが眩しかったよ。
周平ちゃん1話からいろんな意味で大ピンチでしたな。

家は変わっていなかったけれど光彦の時にはあった
デスクトップのワープロで考えるという部分や
エンドロールでも女性との相性はどうだという部分が無くなっていた。
女性と周平2人の写真を紙に張り向かい合わせて壁にかける
という小学校の工作レベルなものになっていて少し原始的に
戻っているような気がした。

年月というのは酷なものなのかもしれない。
過ぎ去る年月が幸せを導くこともあれば不幸を招くこともある。
人が変われるものであると同時に人は変わってしまう生き物
でもあるんだな。守り通したかったものを守りきった男。
なのにとても悲しい背中をしていたのが印象的だった。
変わらないことはとても難しいことなのかもしれない。
彼女にはそのまま、純粋なままでいて欲しいな。

メモ
■周平、入浴。
■ベランダからロープで脱走
■白い犬2匹とジョギング
■紙飛行機
■牛乳
■風船にゆうこ
■どじょうすくい?
■カブト、写真

record:2007.06.01
放送日:1991.03.26

拍手[3回]