忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


刑事貴族3ー3 ビッグ・ママ

水谷豊(本城慎太郎)、田中実(原田実)
宍戸開(村木拓)、鳥越マリ(芝夏美)
寺脇康文(藤村亮)、彦摩呂(吉本和彦)
中山忍(田辺しのぶ)
地井武男(武田秀彦捜査係長(警部補))
松方弘樹(宮本謙刑事課長(警部))

傷害事件が起こった。被害者は刃物で刺されたようだ。逃げていく男女を見たという目撃者の証言からモンタージュを作成。
それを手がかりに亮と実がそ現場付近で聞き込み捜査を行っているとそのモンタージュと似たような女性の写真をもって聞き込みをしている一人の女性に出会う。しかし亮たちが捜査協力の依頼をしても守秘義務だと言われ写真さえ見せてもらえない。困っているところに本城たちが通りかかりカズの対応のよさから漸く少しだけ情報交換することに成功。その女性はさゆりと名乗り調査員という仕事から写真の女性を家に連れ戻すために探しているのだという。更に情報を得ようと男のモンタージュも見せると少し表情が変わる。何か知っているのかと聞くが上手くはぐらかされてしまった。別の日にさゆりを見かけたカズがさゆりに声をかけるとなぜか逃げるようにタクシーに乗っていってしまった。何かあるのではとカズはさゆりを追いかけていると探していた女性が通りがかる。必死に女性を捕まえたカズはさゆりから男の潜伏先のアパートを教えてもらうがそれは嘘の情報で彼と彼女を逃がされてしまう。なぜさゆりは警察よりも先に彼女の情報と潜伏先のアパートの情報を手に入れる事が出来たのか。さゆりは他に何か情報を持っているのではないかと本城は亮とカズにさゆりの元を張り込ませる指示をした。一方本城はさゆりが働くリサーチ事務所へ向かう。そこでさゆりには逃げた男と同年代くらいの息子がいることが分かり・・・


キャスト
野川由美子
松下一矢
工藤裕美
愛川絢子
石原華子
田村友海
山田昌宏
橘 英樹
早川プロ

スタッフ
【企画】服部比佐夫(日本テレビ)、梅浦洋一
【プロデューサー】武田和、浅津弘義
【脚本】尾西兼一
【撮影】稲垣久夫  【照明】松田清孝
【録音】笠原虎雄  【整音】船場利一
【美術】末広富治郎 【編集】大高勲
【助監督】関 良平
【演技事務】小島文夫【記録】津田のり子
【制作担当】小川 祥
【制作主任】高見明夫【制作管理】中尾成雄
【音楽】山崎 稔  【音楽監督】鈴木清司

【オープニングテーマ】
  コルベッツ「Danger City」(ハミングバード)

【エンディングテーマ】
  鈴木雅之
  「もう涙はいらない」(EPICソニー)

  オリジナルサウンドトラック盤(ハミングバード)

【音楽協力】
  日本テレビ音楽株式会社

【助監督】斉藤博士、北出和也、小波津 靖
【撮影助手】町野 誠、小山田勝治
【照明助手】鎌形太志、泉田 聖、加藤賢也、蒔苗友一郎
【録音助手】今井清、池内鴨哉
【効果】東洋音響カモメ 【装飾】多胡啓一
【小道具】田中政一、南沢 修
【大道具】中島富蔵 【編集助手】富永美代子
【ネガ編集】井上孝子
【衣裳】高松宣孝  【メイク】神谷幸江
【スチール】奥川彰
【制作進行】千葉裕美、戸田 格
【プロデューサー補】杉山邦彦(日本テレビ)、阿部謙三、加覧義徳
【広報担当】河村良子(日本テレビ)
【技斗】高瀬道場アクションクルー 高瀬将嗣
【スタイリスト】川合洋美
【カースタント】高橋レーシング
【協力】
東宝スタジオ、東宝映像美術、東京現像所
光映新社、山田かつら、島田プロダクション
東宝コスチューム、株式会社 共 映
【ロケ協力】
赤川英(株)

【衣裳協力】
I,MARIO、菱屋HISHIYA、イタリヤード(株)
AGGIE GREY'S、FAR EAST、KROFOFRO
(株)サントロン、MEN'S FLANDRE
Glass Cat、(株)コムシコムサ、WARDLEY
青山 伊万里

【制作協力】
トヨタ自動車、EDDY OFFICE、メイセイ、マスダ
LiGHT STAFF、PARIS

【監督】鈴木一平
【製作・著作】東宝株式会社

記録日:2008/10/28
放送日:1992/05/15
視聴率:13.0%
 

拍手[2回]

PR

刑事貴族3-2 ラブソングをあなたに

オープニング
水谷豊(本城慎太郎)、田中実(原田実)
宍戸開(村木拓)、鳥越マリ(芝夏美)
寺脇康文(藤村亮)、彦摩呂(吉本和彦)
中山忍(田辺しのぶ)
地井武男(武田秀彦捜査係長(警部補))
松方弘樹(宮本謙刑事課長(警部))

本城たちは石田という男が拳銃を所持しているという情報を得て石田のアパートまでやってきていた。しかし捕まえようとした矢先に警察だとバレ、石田に逃げられてしまう。後を追う本城たちの追跡を振り切ろうと石田は公園で花を売っていた女性を人質にし拳銃をつきつけている。なんとか気をひいた本城と実が犯人逮捕に成功。無事に事件が解決したことにほっとする代官署の面々だったが石田が逃げている最中に拳銃を一つ落としたと言い出したから大慌て。急いで拳銃を探すもどこにも拳銃は見当たらない。この拳銃が犯行に使われてしまったら…不安が過ぎる。実とカズが拳銃の行方について探していたところ石田に人質にされた女性に出会った。昼間とは様子が違う彼女に驚きを隠せない実たち。彼女は夜はロックバンドをしているという。そんな彼女に誘われて実は彼女と2人で食事をすることとなってしまった。からかわれながらも進んだ食事も無事終り彼女を家まで送り届けた実が家に帰ろうとしたところ何者かに拳銃で狙われてしまう。その弾から実を狙った拳銃が石田が落とした拳銃と同じものである事が分かった事で実に怨みを持つものが拳銃を拾った可能性が高いと的を絞り込むが、それらしい犯人がなかなか見つからない。そうこうしているうちに今度は人質になった彼女が目撃する中、実を狙ったのと同じ拳銃で犯行が行われた。彼女の周りで事件が起こっているのではないか?と考えた本城たちは彼女の周辺を聞き込みを開始する。しかし実たちの行動を知った彼女は自分を疑っているのかと怒り警察に怒鳴り込んできた。怒らせた事を素直に謝罪した実に彼女の気はすんだのか
デートをしようといい再び2人で食べに行く事になった。しかしその帰りにまた拳銃で狙われた2人。今度は実が撃たれてしまった。彼女の身を案じた実が逃げろといい続けるがその言葉を聞かずに彼女が実を庇い、やめて!と叫ぶと彼女の声を聞いた犯人は走って逃げていった。その犯人の行動から犯人は彼女の熱狂的ファンである可能性が出てきた。しかし彼女のファンに不審な人物は見当たらず・・・


キャスト
亜里香

日埜洋人
井戸哲也
羽左間 慎
後藤保幸
竹田 真
佐々木 健
角田 潤
劇団ひまわり
劇団東俳
東京宝映
早川プロ

スタッフ
【企画】服部比佐夫(日本テレビ)、梅浦洋一
【プロデューサー】武田和、浅津弘義
【脚本】尾西兼一
【撮影】稲垣久夫  【照明】松田清孝
【録音】笠原虎雄  【整音】船場利一
【美術】末広富治郎 【編集】大高勲
【助監督】関 良平
【演技事務】小島文夫【記録】津田のり子
【制作担当】小川 祥
【制作主任】高見明夫【制作管理】中尾成雄
【音楽】山崎 稔  【音楽監督】鈴木清司

【オープニングテーマ】
  コルベッツ「Danger City」(ハミングバード)

【エンディングテーマ】
  鈴木雅之
  「もう涙はいらない」(EPICソニー)

  オリジナルサウンドトラック盤(ハミングバード)

【音楽協力】
  日本テレビ音楽株式会社

【助監督】斉藤博士、北出和也、小波津 靖
【撮影助手】町野 誠、小山田勝治
【照明助手】鎌形太志、泉田 聖、加藤賢也、蒔苗友一郎
【録音助手】今井清、池内鴨哉
【効果】東洋音響カモメ 【装飾】多胡啓一
【小道具】田中政一、南沢 修
【大道具】中島富蔵 【編集助手】富永美代子
【ネガ編集】井上孝子
【衣裳】高松宣孝  【メイク】神谷幸江
【スチール】奥川彰
【制作進行】千葉裕美、戸田 格
【プロデューサー補】杉山邦彦(日本テレビ)、阿部謙三、加覧義徳
【広報担当】河村良子(日本テレビ)
【技斗】高瀬道場アクションクルー 高瀬将嗣
【スタイリスト】川合洋美
【カースタント】高橋レーシング
【協力】
東宝スタジオ、東宝映像美術、東京現像所
光映新社、山田かつら、島田プロダクション
東宝コスチューム、株式会社 共 映
【ロケ協力】
赤川英(株)、LIVE HOUSE OLDIES

【衣裳協力】
I,MARIO、菱屋HISHIYA、イタリヤード(株)
AGGIE GREY'S、FAR EAST、KROFOFRO
(株)サントロン、MEN'S FLANDRE
Glass Cat、(株)コムシコムサ、WARDLEY

【制作協力】
トヨタ自動車、EDDY OFFICE、メイセイ、マスダ
LiGHT STAFF、PARIS

【監督】鈴木一平
【製作・著作】東宝株式会社

放送日:1992/05/08
記録日:2008/10/22
視聴率:17.2%
 

拍手[5回]


刑事貴族3まとめ

まだ見れて無いんだけど・・・一覧。
タイトル放送日脚本監督 視聴率%ゲスト
9人の優しい日本人1992/04/17金子 裕原 隆仁 11.0%中尾 彬
ラブソングをあなたに1992/05/08尾西兼一鈴木一平 17.2%亜里香
ビッグ・ママ1992/05/15尾西兼一鈴木一平 13.0%野川由美子
刑事の娘1992/05/22金子 裕村田 忍 15.3%奥山佳恵
疑心暗鬼1992/05/29古内一成村田 忍 10.3%永光基乃
汚れた顔の天使1992/06/05峯尾基三藤得 悦 15.4%山田辰夫
遠いあの日に1992/06/12尾西兼一関 良平 14.4%塩谷庄吾
ツイてない奴1992/06/19大川俊道鈴木一平 10.7%松田洋治
ガセネタ1992/06/26金子 裕鈴木一平 14.7%草川祐馬
若者たち1992/07/03大川俊道原 隆仁 11.7%山口祥行
天国と地獄1992/07/10前田悠衣原 隆仁 15.4%伊藤智恵理
約束1992/07/17尾西兼一村田 忍 16.1%鈴木雅之
別れた理由1992/08/07遠藤憲一
尾西兼一
村田 忍 12.9%一色彩子
誰かが見ている1992/08/14金子 裕鈴木一平 15.1%安藤麗二
愛のためらい1992/08/28岡 芳郎鈴木一平 12.7%清水健太郎
挑戦1992/09/04尾西兼一藤得 悦 10.2%中西良太
それぞれの旅立ち1992/09/11金子 裕藤得 悦 13.8%森 聖二
氷の女1992/10/23尾西兼一鈴木一平 11.4%三上真一郎
青春のかけら1992/11/06金子 裕鈴木一平 12.2%小林勝彦
神様なんて信じない1992/11/13尾西兼一木下 亮 8.8%山口嘉三
悪魔がくれた拳銃1992/11/20大川俊道木下 亮 10.8%市川翔子
乙女座の彼女1992/11/27奥村俊雄藤得 悦 10.9%篠塚 勝
偶然の略奪者1992/12/04金子 裕藤得 悦 11.7%小池雄介
姉、おとうと1992/12/11金子 裕原 隆仁 9.5%未来貴子
湖の記憶1992/12/18金子 裕藤得 悦 13.5%衣笠健二
ファイナルバトル1992/12/25尾西兼一原 隆仁 10.9%天祭揚子
■ 日本テレビ系毎週金曜日20:00~20:54放送
■ キャスト(レギュラー)
本城慎太郎【水谷豊】、原田実【田中実】、村木拓【宍戸開】(~#17)、芝夏美【鳥越マリ】(~#17)、
藤村亮【寺脇康文】、吉本和彦【彦麻呂】、田辺しのぶ【中山忍】、緒形大輔【前田耕陽】(#18~)、
青木順子【高樹沙耶】(#18~)、武田秀彦捜査係長【地井武男】、宮本謙刑事課長【松方弘樹】
■ 3から新登場はカズ。拓、夏美が17話で卒業。
■18話から刑事貴族2にも出ていた順子が復帰。新キャラとして18話から大輔が登場。
■ 実が18話から坊主になる。理由は『秋だからな』(実際は中の人が戦争映画「月光の夏」に出演するため)

拍手[0回]


刑事貴族3-1 9人の優しい日本人

水谷豊(本城慎太郎)、田中実(原田実)
宍戸開(村木拓)、鳥越マリ(芝夏美)
寺脇康文(藤村亮)、彦摩呂(吉本和彦)
中山忍(田辺しのぶ)
地井武男(武田秀彦捜査係長(警部補))
松方弘樹(宮本謙刑事課長(警部))

脚本:金子 裕
監督:原 隆仁

刑事貴族3 DVD-BOX
↑DVD発売おめでとうっ!!

本城たちは横領容疑で手配中の青柳(あおやぎ)正樹という男を捕まえようとしていた。しかし、やっとの事で捕まえられるという時にヘリコプターが近づいてきて本城たちに向かって発砲。ひるんだ隙に逃げ出した青柳はヘリコプターに乗っていた人物に射殺されてしまった。地検の特捜部の情報により後に青柳が勤めていた会社のUCS興産は現在政界を巻き込んで大騒ぎになっている事件を起こした東京アノミーが不正融資工作の為につくったトンネル会社の経理課長であった事が分かった。青柳は不正のからくりを知っていた可能性がある。これが原因で青柳は殺されてしまったのだろうか。青柳が住んでいたマンションでは部屋が荒らされ、会社のデスクの鍵は壊された形跡が残っていた。青柳の身辺を調べる中、今度は青柳の遺留品を調べていた亮が襲われてしまう。助けに入った本城たちの手によって犯人たちは捕まえられたが遺留品を持った亮を襲った事に関して「(遺留品のカバンに)金品が入っているかと思ったから」とトボケ、口をわらない。そんな中、宮本に疑惑の真っ只中にいる東京アノミーの小西専務が面会にやってきた。青柳の上司だったという小西は彼の遺留品を見ると怪訝な様子で「持っていたものはコレだけか?」と尋ね帰っていった。小西が探していたものは何だったのか。青柳は何故女性にあう必要があったのか。そこから青柳が殺された当日に鍵を持っていた事を思い出した本城たちは青柳を捕まえようとした海辺を捜索。鍵を見つけ出し金庫からCDを発見する。そのCDの中には東京アノミーの現金の流れを記録したものが書かれているようだ。不正の実態が明らかになろうとしていた時、今度は代官署に配属になったばかりの田辺しのぶという新人婦人警官が犯人たちに拉致られてしまった。CDと交換だという犯人たちからの要求をそれは出来ないと課長は断ってしまう。仲間を見殺しにするのか!と怒る代官署の面々だったがしのぶは課長の姪だという事が分かり本城たちは事件解決に奔走する。


キャスト
中尾彬

河西健司
武見龍磨
番場亮介
桜庭優姫
沼崎 悠
富士原恭平
望月太郎
菅田 聡
瀬木一将
祭 健太
菊地かおり
赤羽正彦
蓮見 航
早川プロ

スタッフ
【企画】服部比佐夫(日本テレビ)、梅浦洋一
【プロデューサー】
武田和、浅津弘義
【脚本】金子 裕
【撮影】安本 英  【照明】松田清孝
【録音】笠原虎雄  【整音】船場利一
【美術】末広富治郎 【編集】大高勲
【助監督】藤 得 悦
【演技事務】小島文夫【記録】黒河由美
【制作担当】岩堀光樹
【制作主任】戸田 格【制作管理】中尾成雄
【音楽】山崎 稔  【音楽監督】鈴木清司

【オープニングテーマ】
  コルベッツ「Danger City」(ハミングバード)

【エンディングテーマ】
  鈴木雅之
  「もう涙はいらない」(EPICソニー)

  オリジナルサウンドトラック盤(ハミングバード)

【音楽協力】
  日本テレビ音楽株式会社

【助監督】斉藤博士、兼重 淳、小波津 靖
【撮影助手】町野 誠、小山田勝治
【照明助手】鎌形太志、泉田 聖、加藤賢也、蒔苗友一郎
【録音助手】今井清、池内鴨哉
【効果】東洋音響カモメ 【装飾】多胡啓一
【小道具】田中政一、南沢 修
【大道具】中島富蔵 【編集助手】富永美代子
【ネガ編集】井上孝子
【衣裳】高松宣孝  【メイク】神谷幸江
【スチール】奥川彰
【制作進行】高見明夫、千葉裕美
【プロデューサー補】杉山邦彦(日本テレビ)、阿部謙三、加覧義徳
【広報担当】河村良子(日本テレビ)
【技斗】高瀬道場アクションクルー 高瀬将嗣
【スタイリスト】川合洋美
【カースタント】高橋レーシング
【協力】
東宝スタジオ、東宝映像美術、東京現像所
光映新社、山田かつら、島田プロダクション
東宝コスチューム、株式会社 共 映
【ロケ協力】
赤川英(株)、北里研究所病院、本田航空株式会社

【衣裳協力】
I,MARIO、菱屋HISHIYA、イタリヤード(株)
AGGIE GREY'S、FAR EAST、KROFOFRO
(株)サントロン、MEN'S FLANDRE
Glass Cat、(株)コムシコムサ

【制作協力】
トヨタ自動車、EDDY OFFICE、メイセイ、マスダ
LiGHT STAFF、PARIS

【監督】原 隆仁
【製作・著作】東宝株式会社

record:2008/10/15
放送日:1992/04/17

拍手[0回]


刑事貴族2ー9 スイートメモリー

水谷豊・本城慎太郎

実メインの話
だからか、アクションはそんなになくて残念。
でもゆるやかな流れで物語が進行していくのが実の雰囲気にあってたよ。
実らしいけれど刑事としての実らしくない行動が続いてるのね。
なんとも不安定な。
きっと彼が一番弱いとする所だからなのだろうけれど。
憧れなのか恋なのか、重ねているだけなのか・・・
刑事として動かなければいけないところを、そうできない
妙に律儀というか一回のめりこんだら抜けられない性格してるんだな。
いつもと違う実、それを不安に思った拓の行動もまたいつもと違って・・・
普段は、ぎゃーぎゃー言い合ってても注意してみているだけあるんだよね。
ズバッと心の内をいいあう二人は、熱かったよ。
ストレートに言えるのは拓だけなんだよな。同期だからこそ。
ぶつかり合う話の中に、刑事として、人としての2つが絡まりあってたのは
妙に淋しくも感じた。思いたいこととやらなきゃいけない事が違うっていうのは
苦痛だよな。それでも刑事として願いを込めて前へ進んだ実ってのは
どこまでもマジメなヤツなんだなぁ。

ニヤニヤがとまらない
彼女をおっかけまわしてる時の実ってちょっとキモチワr(マテ
顔がニヤけてんだもんな。刑事というよりストーカーにしか見えない。
あーいう人見かけたらねぇ、絶対逃げるように勧める。

本城と拓ペア
課長に何か進展はと聞かれた時に、情報はあるけど喋ってまた迷惑を
かけたくないと思った本城に反して喋りはじめちゃった拓を
とめる為に、足を踏みつけグリグリグリ・・・ととめる本城。
すっごい実力行使だな。
何も無いという本城の誤魔化しに一応乗った拓。
前もって話しを通してくれない先輩持つと大変だねぇ。
頑張ってごまかしたのに課長の顔がピクッと動いたもんだからバレたか?と思ってたら
次のシーンで課長、本城たちをさして『何かをつかみかけてる』ってぽつり。
完全にバレてた・・・無駄な努力、THE・踏まれ損。
そういえば、拓とシゲとかだと不安定に見えてたんだけど
本城さんといると不安定さが掻き消されてる。
これってシゲのせいなのか、それとも本城さんだからなのか!?
本城さんもムチャするのに不思議だなぁ。

メモ
■実は女が苦手
■実は中学生の時、音楽の山岸先生が好きだった。
■順子はクラシック音楽を聴く
■本城はクラシック音楽を聴かない
■田村仁美
■実が張り込み中にタムラヒトミが弾いていた曲は
【ベートーヴェンのピアノソナタ第14番嬰ハ短調作品27-2「月光」】

record:2007.09.17
放送日:1991.06.04

拍手[0回]