忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

刑事貴族3ー22 乙女座の彼女

代官署に橘町の路上で変死体が転がっていると通報が入る。被害者は沼田金融を営んでいる沼田せいいち(52)。ビルの5階の事務所から転落死したようだ。住民は午前6時頃に物音を聞いてたが人通りが少ない場所で目撃者はおらず、本城たちは目撃者探しをしていた。そんな時、同じく目撃者探しをしていた亮は事件現場の向いのビルでの聞き込み先で一人の女性と出会う。占い師から言われていた乙女座のA型と女性が一致したため、亮は女性に運命を感じ、楽しそうだ。しかしその彼女が男に襲われてしまい・・・

キャスト
水谷豊(本城慎太郎)、高樹沙耶(青木順子)
田中実(原田実)、寺脇康文(藤村亮)
彦摩呂(吉本和彦)、中山忍(田辺しのぶ)
前田耕陽(緒形大輔)・・・本日、ほぼ喋らず。
地井武男(武田秀彦捜査係長(警部補))
松方弘樹(宮本謙刑事課長(警部))

麻里万里
篠塚 勝
群馬太朗
松尾徹也
紅 里子
田村友海
秋吉貢次
城 海峰
横川 誠
早川プロ

スタッフ
【企画】服部比佐夫(日本テレビ)、梅浦洋一
【プロデューサー】武田和、浅津弘義
【脚本】奥村俊雄
【撮影】安本 英(J.S.C.)
【照明】松田清孝
【録音】笠原虎雄  【整音】船場利一
【美術】末広富治郎 【編集】大高勲
【助監督】鎌田 浩
【演技事務】小島文夫【記録】熊野熙子
【制作担当】岩堀光樹
【制作主任】高見明夫【制作管理】中尾成雄
【音楽】山崎 稔  【音楽監督】鈴木清司
【オープニングテーマ】
  MAGIC「東京バーニング・タウン」(メルダック)
【エンディングテーマ】
  織田哲郎
  「君の瞳にRainbow」(BMGルームス)
【音楽協力】
  日本テレビ音楽株式会社
【助監督】広松靖智、水島貞之
【撮影助手】山神俊二、新井 毅
【照明助手】鎌形太志、加藤賢也、蒔苗友一郎、藤井 勇
【録音助手】今井清、池内鴨哉
【効果】渡部健一(東洋音響カモメ) 【装飾】佐々木大三郎
【小道具】南沢 修、山内康裕
【大道具】中島富蔵 【編集助手】富永美代子
【ネガ編集】井上孝子
【衣裳】稲毛英一  【メイク】神谷幸江
【スチール】奥川彰
【制作進行】千葉裕美、戸田格
【プロデューサー補】杉山邦彦(日本テレビ)、加覧義徳
【広報担当】河村良子(日本テレビ)
【技斗】高瀬道場アクションクルー 高瀬将嗣
【スタイリスト】川合洋美
【カースタント】高橋レーシング
【協力】
東宝スタジオ、東宝映像美術、東京現像所
光映新社、山田かつら、島田プロダクション
東宝コスチューム、株式会社 共 映
【ロケ協力】
赤川英(株)
【衣裳協力】
菱屋HISHIYA、I,MARIO、WARDLEY、(株)サントロン
Glass Cat、KROFOFRO、barrique、VALEN CO.,LTD
COMME CA DU MODE、Secretaire
【制作協力】
トヨタ自動車、EDDY OFFICE、meisei、マスダ
LiGHT STAFF、PARIS
【監督】藤得悦
【製作・著作】東宝株式会社
視聴率: 10.9%
放送日:1992/11/27
記録日:2009/05/22

今回は亮の回
マジメなんだか浮かれてんだかで
亮の顔色がコロコロ変わるところが今回の見所かな。
刑事だから、一般人よりも気をつけなきゃいけない事があって
刑事だから、一般人よりも苦しい選択をしなきゃならない。
いつもおちゃらけてる亮だから
基本コメディタッチで物語は進んでいくんだけど
こいつは刑事なんだなぁと思える、時折見せるマジメな顔がカッコよかった。
それと異様に本城さんが占い師になれそうな気がした回だった。
亮の事、分かりすぎ。いや、亮が分かり安すぎるのか。

亮の夢
しのぶちゃんと順子に好きですと告白され襲われる夢を見る亮。
なんちゅー夢を見てんだコノヤロウッ。
順子さん、セクスィ~注意報!!!
夢だからか調子にのって出た言葉が
『3人であったまろうよ~』
この遊び人がッ!!!(#゚Д゚)実が聞いたら怒るぜ~~
と、その前にその気持ち悪い発言を聞かれて女性2人にドン引きされる亮。
うむ、仕方が無い。

亮の遠慮
署の電話が鳴ったところで電話の前には亮と本城。
若手の亮が取るかと思いきや、どうぞと本城に譲る。
いやいやいや、後輩よ!(笑)
本城『お前、遠慮するところ間違ってんじゃねぇか?』
本城さんのツッコミがやんわりすぎてまたwww

亮の本気
人殺しを目撃しておいてチャンスだという彼女に
『何がチャンスだよ!』とキレる亮。
ふらふらしてても、ちゃんと刑事なんだなぁ。しっかりしてる。

ラストは結婚順の話
こういうのは順番だからということで年齢順?は下から
カズ→亮→実→順子→本城→(タケ先輩は売却住み)→課長
らしい。この話の最後に部屋に来た課長をみんなで指さし。
なんのことかわからないに指さされる課長。みんな酷い(笑)

メモ
■亮の当直の時はいいことがない。
■本城にも助けられる事と助けられない事がある
■新大久保の父(占い師)に結婚のけが出てるといわれる亮。お相手は乙女座のA型。
■橘町の路上に変死体が転がっていると通報。橘町って事件起きすぎだな。
■沼田せいいち(52歳)ビルの5階に事務所をかまえ沼田金融を営んでいる。
↑奥さんが経理をしていた。事務所は荒らされていた。
↑死亡推定時刻は午前6時30分、頚動脈付近に占められた跡があり、その後・転落死。目撃者不在。
↑事件当日は五千万、金庫に入っていた模様。
■亮と本城現場に駆けつける。その後・実、カズ、合流。聞き込み。
■亮、聞き込み先でごみを持った女性とぶつかり服を汚される。
■人の話を聞かない女性に=あぜんくらっちゃうな
■話の流れから、この頃はバブル期か。OLが遊びまわれていた時代らしい。時は流れるもんだねぇ。
■みかんを勧められる亮。『勤務中ですから』と断るのかと思いきや「一個だけ」
↑食うんかい!!
■亮の行動が見えているかのような本城さん。占い師より当たるんじゃないのか。
↑がっ、本城さんの勘は当たるんです!とカズに怒られタケ先輩からも責められる。
↑・・・不毛だ。
■本城が攻められている頃、亮ちゃん思いっきり彼女の家でおくつろぎ。
↑みかんの山がごそっと減ってる・・・何個食った!!!ハケ!いやそっちのハクじゃない!!
■彼女=かわしまみき、乙女座のA型。田舎は和歌山。わこうマンションの502号室に住んでいる。
■修学旅行で和歌山へ行ったことのある亮。珍しい学校だな。
■亮、本城とカズの様子をうかがいつつ署に帰宅報告。
↑でも本城さんは怒らないのを知ってか何故か逐一報告する亮。
■三沢良二(みさわりょうじ)、無職、妊娠中の奥さんがいる
↑現住所:東京都中町区本町7-2-6、グリーンコーポ
↑本籍:群馬県前橋市上沖町1026
■はい、乙女座行くよ~(by本城)、名前で呼んで(笑)
■制服警官=あきよしくん
■人によって態度をかえる亮。
■本城さんたちピザ食べ。ピザを食べさせてもらえない亮。
■カズには彼女ができる心配がない?
■25歳、亮と3つ違いってことは亮は28歳?
■亮の性格はうらやましい?本城さん。
■クールな実ではなく、ホットな実(自称)
■東都信用金庫、使い込みの噂。監査の結果は白。別のライバル会社が流した?
■帰って服を脱いで落ち着こうとするが直ぐに出ていく羽目になる亮。今日は大活躍だな!
■本城さん、見ずとも背中で気配を感じ取れる男。
■店長ではなく店長代理。店長どこに???なぜ代理にした???
■彼女の事を本気で考えているらしい亮。仕事抜け出し7分ていわれたのに花まで買ってる!!
■彼女に、いきなりため口な亮。何があった!!
■さがわ=しんこうかい=死体で発見される。泥酔状態で川に。金は川に流れている。
■店長代理の素行がよくない。せた=ギャンブル好き、かなりの借金。
■あぁあ~あ、おはずかしいったらありゃしない(by超不法侵入の本城さん)
■刑事失格と落ち込む亮と、そんな亮を気遣う本城さん。カッコいい。
■25でおばさんだって、やべぇ・・・自分やべぇ・・・。
■縫物得意?な本城、ボタンつけ中。しのぶちゃんにやりましょうかと言われるも
↑気にしないで一人暮らし長いから(by本城)寂しいっすその言葉。
■熱しやすく冷めやすいタイプらしい亮(by本城)
■あの程度でめげる男じゃない←ってどの程度でめげるんだ!
■亮の登場の仕方を言い当てる本城。予知能力アリ?!
■西日暮里の母が太鼓判押した、さそりざのB型。
↑亮は占い好き。
■ダイ、いつの間にか署でメンバーに加わってるが今日は活躍なし

ロケ地
■事件現場にかけつけたすぐ後、実が聞き込みに行っていた所
↑長崎ちゃんぽん・皿うどんどんく、松山薬局付近。
↑東京都渋谷区恵比寿西1-14-2

拍手[2回]

PR