忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

バンパイヤ最終回

まさかまさかの終わり方だと思ったのは
自分だけだったのだろうか。
チッペイたちが行方不明になって警察に頼もう!
と言い出したのだとか、それをうけて警察が
協力体制に乗り出したのだって、もっと早くに
やっていればよかったじゃないかと思ったし
ロックの隠れ家を知っているトッペイには
警察に協力して捜させるよりもまずそこに
足を運んだ方が早いんじゃないかとか
チッペイたちにロックの居場所を
なぜ言ってなかったのかとか・・・・
色々と回りくどい事してたなぁ~今までと感じた最後だった。
ロックが元の顔に戻ったのはロック曰く
「もう変装する必要がないから」らしいんだが
こちらから言わせてもらうと、わざわざ変装をとく理由もない。
さらに時間をさかのぼれば熱海教授に
顔を変えてもらう必要がもともとなかったように思う。
あの老婆たちは何故出てきていたのか
ロックの頭だけの世界だったのか実際にいたのかも謎のまま。
スッキリしない終わり方だったと思う。
私の好きなやってやるぜ!なロックが帰って来たことは
嬉しかったが、最終話よりももう少し前に帰って来ていただきたかった。
見せ場も少なければ、ただただ淋しすぎる終わり方だった。
チッペイは海を泳いでロックがいる場をつきとめられたのに
ゴミのニオイがキツイからとあんちゃんの居場所を突き止められなかった
鼻がどういう状態に出来ているのか・・・メカニズムが知りたい。
トッペイが最後に眠り薬を皆に与えているのは
凄く可愛らしかった。あーんって。
みんな1粒とっていく方が絶対、効率がいいのに
やる必要性が全くない事に誰も突っ込まない
キャピキャピ感が良かったよ。

総評?
トッペイ目当てで見始めたのに、最終的には
ロック(佐藤博)様様で見終わってしまった。
佐藤博の子供じみた楽しげな暴れっぷりが最高だった。
途中で人が変わっちゃうんだけど、その意味の分からない
展開がなければもっと楽しめたかもしれない。
画面を見れば、いつの間にか視線はロックへ行っている状態だ。
水着を着たロックが股間のあたりから舐めるようにうつされた時は
このスタッフは何を狙っているのかと思ったが
イキイキと動くロックは非道なヤツでありながら最後まで
憎めない存在だった。

水谷豊演じるトッペイはとても若い。
そしてあまり使えない・・・・( ̄Д ̄;;
いろんな事に巻き込まれてしまう。
捕らえられたり、服従させられたり
その都度だれかの力により、救出されている。
突っ走る事もあり、怒りの表情はカッコイイが
正義が上手くいった事はないような気がする。
要領のよくない子だ。
トッペイの弟である能天気なチッペイの大活躍により
事件が解決していく様が面白かった。
ただ正義の心は誰よりも熱かったと思う。

話は、漫画特有なのかこの時代のものが特有なのか
謎が多数出てきてツッコミ出すとキリがないような状態
になっていた気がした。日常だってツッコミだすと
きりが無いからしょうがないのかもしれないが。
日常らしく?謎があり、回りくどかった気がする。
過激な戦争部分もあったこのドラマ。
平和とは何なのかを考えさせられるものでもあった。
このドラマを見終わった後、私は最後に
良かったねと拍手できなかった。
それは私が描く幸せと少しズレていたからかもしれない。
最終的にバンパイヤをもいなくなってしまっていた事が
ひっかかっている。それぞれの姿のまま、それぞれらしく生きて
互いを認め合ってこそ、幸せだと思っていた。
人間に認められつつあり、トッペイの一番最初に持っていたもの
が実現できそうな世の中だったと思う。チッペイだって
バンパイヤのまま楽しく生きていたはずだ。なのにバンパイヤは
消えてしまった。これは私にはよく分からない到達点だった。
けれど幸せになった事は間違いない。幸せや平和に行くには
1つの道が全てなワケではないのだろうなと思った。

バンパイヤは全体的には楽しめた。
疑問も残る部分はあるが考えさせられる物語でもあった。

record:2007.05.19
放送日:1969.03.29

拍手[0回]

PR

バンパイヤ第25話 恐怖のマッド・PA

前回からの続きからバンパイヤたちが
再び平和を取り戻したって所までをナレーション
1つで終わらせていいのかどうかが謎だった今回。
最終回を前にして凄い事になってますね。
主役であるはずのトッペイがバンパイヤに
変身できない事態になるだなんて!衝撃的すぎる。
眠っている状態でトッペイのためを思い仕方が無いからと
うたれてしまったけれど、それはバンパイヤの威力をも
そぎとってしまうものだったんだね。
てっきりマッドPAの効力だけが消えるものかと思っていた。
まだロックと戦わなければいけないトッペイにとっては不本意な
ものではないだろうか。ロックはこれを狙っていたわけでは
ないだろうけれど変身できないとなると子供を相手にしてるのと同じ事で
さらにトッペイとの戦いは有利なのだろうな。チッペイがいなければ
の話だが。そういえばトッペイが今回はチッペイのオカゲ
なんて言ってたけどかなりの確率でチッペイのおかげだよね。
何度も言うが、あの子は素晴らしい(誰)
大人を置いて行動するのは如何なものかと思うが
行動力と知能力は素晴らしいよ。
ところでロックの自動ドア話は何だったんだろうな。
ハッタリだったのか?扉が開くならその前に見張りなり何なり
つけさせておくのがロックだろうに。つめが甘いな。

ヒューマンSが子供には仕えないって初耳だったよ。
ここへきて、無理やり感が漂わなくもない。
トッペイは自分やチッペイには使えないと言われてなかったのか。
なんとも複雑だな。でも、それが皆に知れわたっていたら
もっと事はこじれたかもしれないね。
このヒューマンSの盲点について話してる時に
トッペイとロックが切り替わるところでカメラ目線になってたのが
良かったなぁ。相手への発信みたいな。
相変わらずやってやられてなトッペイというかチッペイとロックだね。
ロックは次もまた拉致り作戦か。パターンを変えてくるかと思えば結構
一本調子?かなりトッペイが欲しいことだけは分かったけど
道案内は別に誰かが他人の車に乗らなくても
車についてきて~でいけると思うんだけど、その時にはどうしてたんだろうな。
疑いもなく乗ってるんだからみんな危機感もなくお人よしだよね。
それが彼らの強さの秘訣なのかもしれないな。

今回のも結構良かった気がするけど次回予告でふっとんだ。
だってロックが~!!!佐藤博のロックが帰って来たYO!!!
やっぱりコッチの方がウキウキする。
デンッとかまえてるよりずっと何かを企んでそうなロックがいいね。
次回は最終回。お別れは淋しいけれど楽しみだ。

record:2007.05.07
放送日:1969.03.22

拍手[0回]


バンパイヤ第24話 第三の罠

知能と団結力との戦い、やってやられて
誰かが危機な状態にあって~のやりとりが面白かったよ。
別府博士が偽者だったとかっていうのは
どうしたチッペイの鼻!なんて思ったりもしたけれど。
車がまた壊れててチッペイが慌ててるのに大人たちが
のほほんとしてる感じなのも違和感だったけれど
罠と巻き返しとの連続はいい。
ガス室はどの程度で死ぬんだろうな。
トッペイはバンパイヤだから死ななかったのか?
どうでもいいがガスが多いであろう所にガスの元をとめることもせず
みんなで入っていったのは危険極まりない行為だよね。

ずっと思ってた何でヒューマンSを使わないんだろうか
という疑問はバンさんがヒューマンSを使ってくれた
事で解消されたかな。ヒューマンSは少ししかないんだね。
もっと多く別府博士に作ってもらってればよかったのに。
いつの間にか錠剤になってたのもビックリしたよ。
やっぱり液体より固体の方が味があれだからとかいう配慮?
ビックリしたといえば、原人もコーヒー飲むんだぁ~
なんてささやかな事が一番ビックリした事かもしれない(笑)
疑問といえば、アキもヒューマンSの銃でやればいいのにな
という素朴な疑問は解決されないんだろうか・・・。

冒頭の別府博士が捕まってたところは何度見てもいい
シチュエーションだねぇ。あのままサワサワしたいよ・・・
と殴られそうな変態発言はおいといて
前回ロックは熱海教授に別府博士を
好きなようにしていいって言ってなかったっけ?
あれ、記憶違いか?いきなり止めに入ったもので言ってる事
矛盾してないか?と思ったんだが・・・。
命令ばかりするロックに少し嫌気がさしてきたようだけど
まだロックとタッグを組んでいる理由は何なんだろうか。
最近ロックがバンパイヤにやられつつあるところを見ると
どちらかがどちらかを切る日がくるのも遠くは無いだろうな。

record:2007.05.04
本放送:1969.03.15

拍手[0回]


バンパイヤ第23話 危し別府博士

主演・水谷豊・トッペイ
やっぱりチッペイが一番役に立ってんじゃねぇかぁっ!!
と叫ばずにはいられなかった。
凄いよチッペイ。一人で車にずっとしがみ付いてるなんて
普通の子供にゃ出来ないよ。体力知力ともに100点だ。
トッペイはおにいちゃんなのに助けられてばかりいるね。
話的には別府博士が誘拐される~というお話なわけだが
今回も理解できないことがあったよ。
何きっかけで毛が生えて凶暴になるのか
というのは前回に引き続きだったが
ロックから脅迫状みたいなものがやってきた時に
罠かもしれないと言っておきながらなぜロックのもとへ
トッペイ一人で行かせたのか?っていうのが不思議だったり。
そんなことさせておきながら、別府博士の場所が分かった時には
危険だから一緒に行く!と言うのはかなり矛盾してるよね。
理解できないわけじゃないけど、博士が狙われているのだと
知っておきながら、博士の傍を離れちゃう
林記者のバカさ加減は悲しかったよ。ガードマン役たたねぇ~。
運転手の人もバカだよね。何で車へ戻ろうとしなかったんだろう。
原人の見方なのかと思ったら違ったようだし。
こういう人間心理はよく分からないな。
林記者とは違って別府博士って少女のような非力加減だよね。
頭がいいなら、戦うなり少しは逃げる方法でも考えればいいのに
怯え具合が少女だったよ。あと好きなようにしていいとロックに言われた
熱海教授にベッドにしばりつけられてる別府博士はセクスィだね。

今回の敵は女性だったけれど、マンモス原人よりは劣る設定なのかな。
他にもっと強い人間がいると思ったが油断という隙をつきたくて
女性にしたんだろうか?今まで男性ばかりだったから意外さも
欲しかったのかな。しかし別府博士を誘拐しそこなったところで
ロックと熱海教授の間に亀裂が入りかけているようだ。
ロックは誰かと組む時、ロックと同じように我の強い人間を選んでいくから
裏切られたり、勝手に行動されちゃったりするんだろうね。

気になったといえば、トッペイは月がなくても変身はできるんだけど
月があったら嫌でも変身してしまうという体質だという事でいいのだろうか?
バンパイヤ、まだまだ謎が多すぎるよ。
次回、一人で乗り込んでいったトッペイの危機!待ち受けるロックと
原人に別府博士をつれトッペイは逃げ出すことができるのか!?

record:2007.04.30
本放送:1969.03.08

拍手[0回]


バンパイヤ第22話 ヒューマン・S作戦

主演・水谷豊・トッペイ
原人が普通に喋ってることが驚きだった。
人間的要素が残ってるものなのか。
マンモス原人は毛が時々生えるようで
いつ凶暴化するのかがよく分からないまま
終わっちゃったり、マンモス東条が2回だけの
登場だったのも驚きだよ。
マンモス原人はバンパイヤを見つけられるとかって
かなりのパワーアップだけど頭の悪さは何とかならなかったのかな。

トッペイはちょっとおバカなのかもしれない。
ロックとの対面の時にこれがヒューマンSの特殊銃だ!なんて
ロックが撃たれてるんだからそこから液の何やらを分析して
ってされたら困るだろうよ!それにしてもヒューマンSは
普通の人間には効力がないものなのか?頭痛程度だったよね。
トッペイの母がいってたロックがいきなり凶暴になるものか?
という問いが不自然だった気がするが
もしかして手術時に熱海教授が他にも何かをしていた
という話だったりするんだろうか?
ロックが熱海教授を裏切らないとは限らないからその時の
保険とか?ありえそうだけどただの雑談だったりしてな。

チッペイはやっぱり登場人物のなかで一番機転が聞いて
頭が良い男だな。ただ見ている側がバンパイヤよりなので
そう思うのだろうね。ロックは悪役という位置づけだが
人間もバンパイヤもロックもそう変わらずエグイ事をしていて
ただそれがどの位置にいるかで正義と悪を分けているだけ
のような気も。キチガイだとか生け捕りだとかいう発言だったり。
確かに始まりがなければ、やりはしないんだけどね。

ロックの負傷からなのか何なのか
次はもっと凄まじいマットPAになるらしいね。
どうでもいいけど常に新マットPAだからモノ的にややこしい。
マットPAの威力が増したらまた新しい原人の登場となるんだろうね。
その新しい原人、次は女性らしい。
ロックは何を思って女性にしたんだろうな。

record:2007.04.28
本放送:1969.03.01

拍手[0回]