忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

ハロー!グッバイ第18回 どっちの刑事にするの

殴り合いで終わる刑事ものってどうなの!?
いや、まさかマリリンを巡っての争いがこういう結末に
なるとは思わなかったよ(笑)
今日の感想は以上!って言いたいくらいだ。
マリリンを巡っても、しんみり終わらないのが良い所なのかな。
2人が殴り合ってるのを見てる時のよねちゃんの顔に笑った笑った。
次の日絶対、あざだらけだよ(笑)
ずっと晋作がどうして動きを見せないのかが気になってたけれど
3人一緒にやっていきたかったとはねぇ。
今が幸せだから崩したくないってことなのかなぁ。
なんだか真ん中にはさまれてる、この物語でいうマリリンの
思考が王道だとこんな感じっぽいよな。
マリリンの気持ちは、マリリンの失態によって重傷を負ったことで
判明されるのだが、犯人が数人いて、拳銃を持ってることを分かってて
何ゆえ一人で乗り込みだろう。マリリンってそんなに強引だったっけ。
マリリンと一緒で物語を強引に進めていった気がしたよ。
結局はしばらく、晋作が思う今のまま、平行線なのかな。

移動の話で署長壊れる!?
大阪で飯がまずいみたいな表現をする署長。
何がそんなに気にいらないのだ・・・。
っつーか、きつねうどんを表現するのにコレはやめていただきたかった。
“猫のションベンみたいな薄味のヤツ”
食べる時に想像しちゃうじゃないか!!!!
さらに署長が関西弁?で“なめたらあかんでぇ~”と大阪に当り散らしている。
署長が壊れた・・・( ̄Д ̄;;
そんな署長を見てすかさず安藤が一言『どうしたんですか、署長』
GJ安藤。よく聞けたな安藤。
結局、部下の出世にイラッときてたという事でヨカですか?
関西弁はちょっとイントネーションが違ってたよ。

え?
カメラを発見し、写真を撮りに来て男は襲われたのでは
という話になっている所でジョーが一言。
『しかし鳥の写真を撮りに来てた男と殺人罪なんてピントが合わないですね』
え、カメラだけに・・・?上手いこといわんでいいわ。
でも誰にも突っ込まれず、ジョー、スルーされる・・・( ̄Д ̄;;
カツゼツ悪かったから?淋しいな、ジョー。

メモ
■安藤は10月1日づけで西なにわ署・署長に。
■マリリンは晋作が好きなのか?
■晋作は3人がいい。
■殴り合いで仲直り?
■平泉成は暴力団の会長の杉崎で登場。
■署長はアイスを食べている。
■晋作たちが乗っていた車、TOYOTA CAMRY
■クルーザーの持ち主の店の名前、かもめ

record:2007.09.04
放送日:1989/09/08

大阪へ転属する事になった安藤はマリリンへ思いを伝えるが
少し待って欲しいといわれる。晋作ともにやきもきしている安藤だったがそんな時でも
事件は起こる。射殺死体が発見されたのだ。サカイという男は野鳥の写真を撮りにきていた
最中に襲われてしまったようだ。サカイのアパートには荒らされた形跡があった。荒らし方から
探されていたものはフィルムではないかと判断した晋作たちは使われた拳銃から暴力団がらみ
を疑いウラがあるのではとサカイの身辺の聞き込みを開始。しかし恨みをかうような人物では
ないようで、生活態度もマジメだったという。マリリンの情報で関西系の暴力団が拳銃の密売に
関与している事が分かり、その会長の杉崎をはることに。しかし張り込みの最中、西新宿署の刑事と
問題を起こしてしまった晋作たちは杉崎をはるなと言われてしまう。
暴力団が狙っていたと思われるフィルムのありかを突き止めた晋作たちはそこに写っていた
杉崎たちの写真を発見し、サカイが殺された動機が見えてきた。写真から割り出した
クルーザーの持ち主に晋作たちが揺さぶりをかけたその日、杉崎たちが動き出した。
ジョーたちがまかれてしまう中、一人杉崎たちを追っていたマリリンは晋作たちに連絡をした後
杉崎たちを抑えようと一人で踏み込み、逆に撃たれてしまう。晋作はマリリンの情報をもって
杉崎たちを追跡。安藤は病院までマリリンに付き添っていくがマリリンはうわごとで晋作の名前を
ずっと呼び続けていた。そばにいても仕方が無いからと現場へ戻った安藤は晋作が慎重に杉崎を
追い詰める中、無謀にも拳銃を持つ相手に向かっていき逮捕する。事件は解決したがマリリンが
晋作のことを好きだと知った安藤は晋作に告白するように勧めるのだが・・・


【脚本】金子裕
【音楽】山本はるきち
【オープニングテーマ】KISS DE 極楽(パラダイス)
【エンディングテーマ】
  DOG DAYS
  唄:HOUND DOG
  (マザー&チルドレン)

  オリジナルサウンドトラック盤
  (マザー&チルドレン)

キャスト
伊達晋作【水谷豊】、小宮真理子【賀来千香子】
風間勉【川崎麻世】、田川優【石井章雄】
福崎和広
平泉成
東郷平九郎【大地康雄】
石山雄大、友金敏雄、伴直弥、永妻晃
井上恭宏、神崎智孝、高尾眞
--------------------
若駒、早川プロ
牧村とも子【五十嵐いづみ】、真鍋譲【布施博】
安藤泰彦【三田村邦彦】

※石井章雄は現在のラサール石井
※オープニングには役名あり。エンドロールには役名の記述なし。

スタッフ
【企画】清水欣也、梅浦洋一
【プロデューサー】宮崎洋、三井孝俊
【撮影】大石裕久 【照明】松田清孝
【録音】大宮健司 【整音】白井俊彦
【調整】山中宏光 【VTR編集】白水孝幸
【編集】大高勲 【音響効果】宮下博行
【美術デザイン】末広富治郎
【大道具】東宝映像美術
【装飾】宮内春明 【小道具】たぬき工房
【衣裳】京都衣裳 【ヘアーメイク】山田かつら
【スタイリスト】甲斐まさなお
【スチール】奥川彰 【擬斗】林邦史朗
【カースタント】高橋レーシング
【技術協力】ビデオフォーカス
【制作協力】トヨタ自動車、三菱自動車
【衣裳協力】
BOSCH、ルーニィビエスモンテ、ARTIGIANO、???
Fairfax、A-BOMB for men、OMS、PRO SHOP TAKAI
VENDOME AOYAMA、MON PICASSO、メイセイ
CHARTRES、A-BOMB、CREEKS PARIS、MONICA
allegri、UPPISH MEN、ubu、ALFASPIN

???は不明個所

【装飾協力】くろがね、LIGHT STAFF
【スタジオ】東宝スタジオ
【広報担当】難波佐保子
【助監督】藤得悦
【プロデューサー補】塚田泰浩
【記録】堀ヨシ子
【演技事務】武富光弘
【制作主任】山下秀治
【製作担当】金井順泰
【制作管理】車田守
【監督】長谷部安春
【制作】日本テレビ
【製作著作】東宝株式会社

拍手[0回]

PR