忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

ハロー!グッバイ第8回 刑事と妹

伊達晋作・水谷豊
今回の2組はいい兄妹の形だったんだろうなぁ。
信じてもらおうと思ったり、道を正そうとしたり。
いがみ合ってる兄弟もあるというのに。
晋作は一人っ子だっけ?
兄弟を頼るという考えはどこから来たものなんだろう。
カンはさえてる人間のはずなのに晋作は張り込みで
あんまり成功してないんだよねぇ(笑)
だから今回ばかりはジョーの違和感に賛成だったよ。
自分の環境が兄っていう立場じゃないから実際
どういう心境でいるのかは分からないけれど、上を見ていると
常に気にかかる存在であり見習うべき所がある人ではあって
なので事件に巻き込まれて一人で不安な日々を送っているのであれば
電話の一本もして頼ってしまうかもしれないが起こす必要もない事件を
自分から起こしておいて兄弟のもとへ行くという事は
絶対にしない、と思うんだよねぇ。
晋作だったらもっと柔軟な発想をしそうなものだが
意外に思い込む傾向にもあるし、意外に地道な張り込みもやるから
まぁ、今回のが無しってことではないけどちょっと違和感かな。

それにしても事件を起こした女性は肝っ玉が据わっていたのか何なのか
2億3000万円横領の疑いにかけられた女性が
兄あてに送った手紙の中に『私が横領したのは3000万だけ』
なんて書いてあるんだが“3000万だけ”ってどういう事だよな。
んな事言うんだったら、人間変わっちゃうよ~。
大金だぜ、3000万!!
「2億じゃないの、信じて!」なんてのも書いてるけど同じことだよ。
2億じゃなくても盗んだものは盗んだんだろうがと。
アニキの心中は複雑だよな。事件に巻き込まれているのは事実だけど
事件を起こしたのもまた事実なワケだし。
話そうにも居場所がつかめず話も出来ない。複雑すぎるな。

兄弟みたいなもの
いつもいがみ合いながらもいいコンビとして扱われてる2人だが
今回は同僚に2人の関係を隠してるようないつもとは違って(語弊のある言い方)
見せ付けてるかのごとくイイコンビっぷりを発揮。
みんなも公認の仲になる(語弊のある言い方パート2)
課長の活躍を仲間に伝える晋作が言うには
『表の主役が課長で、裏の主役が晋作。』
だそうだが、忘れちゃいけない、この物語の本当の主役はアンタ(晋作)だ。

この物語は裏の人間が主役だった・・・ので今回みたいな
ムチャな逮捕ゲキもアリなのだ。
犯人が怪我を負っているという情報を元に犯人らしき人物に服を脱いでもらおうと
するが応じてもらえなかった為に、ラーメン屋に扮した晋作が
あからさまにラーメンを犯人らしき人の服の上にこぼし、無理やり脱がせ
反抗する犯人の手をイスを錘にして封じ更にその上に課長が乗る・・・。
そんなムチャもアリなのだ。晋作に「やりすぎんなよ裏の主役」
そんな言葉をかけていった課長の言葉とは思えない行動力。
彼らにはこれで傷が一致しなかったらどうしてたのかとかいう話は必要ない。
2人一緒にくませたら誰よりも悪徳犯罪者。部下より働く課長、バンザイ。

冒頭の小説も面白かったなぁ。
作家として宿で見張りをすることになった晋作が宿の女将さんの手前
怒られない事を良い事に、わざと自分の立場を有利にしたような
課長の立場を下にしているような小説を口にしながら書いていってね
しかも口にした文章がこうだよ。
「やすひこは一生晋作についていこう、泣きながら決心したのであった」
あははは~ 人の願望って恐いね。

メモ
■旅館 浜や
■作家
■中華 東秀
■東京信用金庫銀座支店
■マリリンの嘘にテレる晋作
■ベスト姿
■今回もまたジョーの話。
■ジョーには妹がいる。
■署長、取調べに参戦!
■おでん屋の提灯、新しくなっている。

record:2007.07.27
放送日:1989/06/23

信用金庫から現金2億3000万が横領された事件を追っていた晋作たち。
逃亡中の犯人には兄がいた為、兄に頼るのではないかと見張っていたが一向に姿を現す気配がない。
いっぽう犯人の目撃情報をホテルで得たため捜査をしているマリリンたちは犯人が
ある喫茶店に幾度も電話をかけていて、そこのマスターと犯人の女が顔見知りの可能性がある事を
つきとめた。マスターには借金があったが、ここ数ヶ月の間で借金の返済をしたといい
彼女がマスターの為に借金をしたのではないかと推測。その後マスターが飛行機のチケットを
購入したと情報が入るが、ここにも彼女は現れなかった。
マスターに事情を聞くと5000万で飛行機のチケットを購入してくれと電話があったらしく
自分は何も知らないという。犯人の兄宛にきた手紙には自分が盗んだのは
3000万だと書いてありこれが事実だとするならば計算が合わない事になる。
そんな時追っていた犯人の女の水死体が発見された。彼女の爪には
争った時に相手を引っかいたと思われる人の皮膚が入っており
何者かに殺された可能性が出てきた。
彼女の死亡推定時刻から、マスターに電話をかけた人物は彼女以外の女性である事が判明。
譲の妹の証言により、彼女と会っていた女性をつきとめる事に成功。女の証言から
2億を横領し、彼女を殺したであろう人物が判明する。


【脚本】桃井章
【音楽】山本はるきち
【オープニングテーマ】KISS DE 極楽(パラダイス)
【エンディングテーマ】
  DOG DAYS
  唄:HOUND DOG
  (マザー&チルドレン)

  オリジナルサウンドトラック盤
  (マザー&チルドレン)

キャスト
伊達晋作【水谷豊】、小宮真理子【賀来千香子】
風間勉【川崎麻世】、田川優【石井章雄】
福崎和広、橋本薫子
二階堂千寿
東郷平九郎【大地康雄】
富川徹夫、小西康久、中村方隆、早川絵美
本庄和子、池谷美香、藤岡大樹、川上登美子、小河内佳枝
若駒、早川プロ
牧村とも子【五十嵐いづみ】、真鍋譲【布施博】
安藤泰彦【三田村邦彦】

※石井章雄は現在のラサール石井
※オープニングには役名あり。エンドロールには役名の記述なし。

スタッフ
【企画】清水欣也、梅浦洋一
【プロデューサー】宮崎洋、三井孝俊
【撮影】大石裕久 【照明】松田清孝
【録音】大宮健司 【整音】白井俊彦
【調整】山中宏光 【VTR編集】白水孝幸
【編集】大高勲 【音響効果】菊池昇
【美術デザイン】末広富治郎
【大道具】東宝映像美術
【装飾】宮内春明 【小道具】たぬき工房
【衣裳】京都衣裳 【ヘアーメイク】山田かつら
【スタイリスト】甲斐まさなお
【スチール】奥川彰 【擬斗】林邦史朗
【カースタント】高橋レーシング
【技術協力】ビデオフォーカス
【制作協力】トヨタ自動車、三菱自動車
【ロケ協力】ホテルラポール千寿閣
【衣裳協力】
BOSCH、Fairc la bisc
ARTIGIANO、ルーニィビエスモンテ
Fairfax、KROFOFRO、INSIST、RON MIYAKO
???、Hyannis、OMS、A-BOMB for men
VENDOME AOYAMA、TAKAI、メイセイ、MON PICASSO
A-BOMB、AZUR poor homme、NEMEKA CHILE、株式会社ワールド
BECAUSE、LAUTREMONT、PEYTON PLACE for Men、DOUCHE FEMME
【装飾協力】くろがね、LIGHT STAFF
【スタジオ】東京スタジオ
【広報担当】難波佐保子
【助監督】藤得悦
【プロデューサー補】塚田泰浩
【記録】堀ヨシ子
【演技事務】武富光弘
【制作主任】山下秀治
【制作担当】浅津弘義
【制作管理】車田守
【監督】萩原鐵太郎
【制作】日本テレビ
【制作著作】東宝株式会社

拍手[0回]

PR