忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

ハロー!グッバイ第12回 マドンナは刑事が好き

これくらい、と思ってやった事が引き起こす事。
相棒にも似たようなのがあったな、波紋の回か。
実際にもあるのかもしれないね。軽く思ってやってしまうこと。
大きな事件じゃなくてもさ。
今回の場合は金持ちの道楽みたいなもので一般の人の事は
まるでわかってなさそうな人が起こしていて
人間変わっちゃいそうになったけど(笑)
最後に事実を目の当たりにして謝る様は、一応普通の心は
持っているのだなと安心させられた。
でも犯人が謝るところはもうちょっと間が欲しかったなぁ。
なんかいきなり過ぎるんだよね、事実を目の当たりにしてからの
スイッチon!が微妙だった。
たとえば犯人が騒いでるのを見てからとか人質が倒れそうになってからとか
そういうワンクッションが欲しかった気もする。

晋作が安藤と会うところはおかしかったなぁ。
課長ってばせっかく休暇だとるんるんで出かけていったのに
やっぱり切っても切れない縁なのかね2人は。
『お前俺を連れ戻しに来たんだろう!』つって逃げごしの課長がまた(笑)
部下に怯える課長の地位って何だろうな。
『俺は絶対帰らないからなっ!』
ってケンカ中の夫婦の会話で出てきそうだよね。
しかも晋作は捜査目的でいきなり乗った船だから泊まる所が
ないハズで・・・きっと課長の部屋に無理やり押しかけたのかな
と思ってたら次の日、疲れきった課長が登場。
前の時と同様、眠らせてもらえてなかったのかな(笑)

違法捜査
晋作らしいなぁと思うのはいつものことだからなのか!?
まきこまれた課長が可哀想で可哀想で(笑)
休暇中だったのに、まさかスリ犯人として晋作に売られるとはな~。
晋作の強引さに乗ってあげる課長も一応刑事として犯人を
捕まえたいってことなんだろうけど、結局、優しいんだよね。
その優しさに晋作がつけこんでる感が・・・小さい頃から
こんな感じだったのかな。晋作に振り回されてる課長。
うーん、違和感なく想像できる。

伝達
マリリンが、マリリンと同じ香水を犯人がつけてたと
聞いた後から晋作に伝えるまでのタイムラグが
異様に気になった。
普通さぁ、名簿調べてる最中に今まで分かってる事を
話しあいながらやらないのかなぁ。
なんだかのんびりしすぎているような
もったいぶってるような流れにイラッとキタ(ヲィ)

メモ
■課長、部下を差し置いて休暇
■休日の課長はボーダーのシャツにジャケット
■マリリンの香水を覚えている課長
■マリリン男装
■おでん屋は、勝どき七丁目8 にある。

record:2007.08.10
放送日:1989/07/21

銀行強盗事件が発生。検問をはるが突破されて
しまったようで犯人のものと思われる車が乗り捨てられてあった。
その場所の近くで船が出ている事を知った晋作は犯人が船に乗り込んだ
可能性を考え、出港を取りやめてもらおうと船長のもとへ向かうが
乗り込んだ途端、船は出発してしまう。怪しい人物を探している中
晋作は逃げ出す男を発見、追いかけて取押えてみるがそれは
休暇中の安藤だった。安藤に事情を話し、捜査に協力させることを
思いついた晋作は、スリが発生したと嘘をつき乗客の荷物を調べることに。
しかし大金を持った人物は見つけることが出来なかった。
そんな時、ジョーから犯人の一人を捕まえたと連絡が入った。
その男の話によると見知らぬ男から声をかけられ車を運転するように
言われただけだという。男の証言から晋作たちは色白の男を捜すことに。
けれど結局犯人らしき男は見つからず、行き詰った晋作たちは捜査を打ち切り。
捜査中に出会ったマリリンと同じ香水をつけた女性と食事を取って楽しんでいた。
一方、もう一人の犯人の取調べを続けていたマリリンたちは、男が
マリリンと同じ香水をつけていた事を犯人の一人から聞かされ・・・。


【脚本】桃井章
【音楽】山本はるきち
【オープニングテーマ】KISS DE 極楽(パラダイス)
【エンディングテーマ】
  DOG DAYS
  唄:HOUND DOG
  (マザー&チルドレン)

  オリジナルサウンドトラック盤
  (マザー&チルドレン)

キャスト
伊達晋作【水谷豊】、小宮真理子【賀来千香子】
風間勉【川崎麻世】、田川優【石井章雄】
福崎和広、中島夕紀絵、橋本薫子
テレサ野田
東郷平九郎【大地康雄】
重久剛一、加地健太郎、坂田祥一朗、五代哲
島木絢人、福永喜一、岸一成、佐々木誠人、宮田和子
--------------------
若駒、早川プロ
牧村とも子【五十嵐いづみ】、真鍋譲【布施博】
安藤泰彦【三田村邦彦】

※石井章雄は現在のラサール石井
※オープニングには役名あり。エンドロールには役名の記述なし。

スタッフ
【企画】清水欣也、梅浦洋一
【プロデューサー】宮崎洋、三井孝俊
【撮影】大石裕久、【照明】松田清孝
【録音】大宮健司、【整音】白井俊彦
【調整】山中宏光、【VTR編集】白水孝幸
【編集】大高勲、【音響効果】宮下博行
【美術デザイン】末広富治郎
【大道具】東宝映像美術
【装飾】宮内春明 【小道具】たぬき工房
【衣裳】京都衣裳 【ヘアーメイク】山田かつら
【スタイリスト】甲斐まさなお
【スチール】奥川彰 【擬斗】林邦史朗
【カースタント】高橋レーシング
【技術協力】ビデオフォーカス
【制作協力】トヨタ自動車、三菱自動車
【ロケ協力】東海汽船
【衣裳協力】
BOSCH、ルーニィビエスモンテ、ARTIGIANO、???
Fairfax、A-BOMB for men、OMS、PRO SHOP TAKAI
VENDOME AOYAMA、MON PICASSO、メイセイ
CHARTRES、A-BOMB、CREEKS PARIS、MONICA
RADA ANIMO、AZUR pour homme、MODE POUR HOMMES yin&Yung
incense、ATMEX
【装飾協力】くろがね、LIGHT STAFF
【スタジオ】東京スタジオ
【広報担当】難波佐保子
【助監督】村田忍
【プロデューサー補】塚田泰浩
【記録】黒河由美
【演技事務】武富光弘
【制作主任】山下秀治
【制作担当】金井順泰
【制作管理】車田守
【監督】山本迪夫
【制作】日本テレビ
【制作著作】東宝株式会社

拍手[0回]

PR