忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

ハロー!グッバイ最終回 刑事 最後の聖戦

水谷豊・伊達晋作

ついにやってきてしまった、最終回が~っ。
19話で終りとは微妙に中途半端な気がしないでもないが
今日で晋作とも安藤ともマリリンともお別れなのだなぁ。
淋しくなる。そんなお別れに相応しい凄まじい最終回だったよ。
それぞれらしい動きっぷりでキメてくれてた。
いろんな意味での暴れっぷりがね、らしくていいなと。
マリリンとの事も一応、落ち着いたのかな。
その後を引き継いでいくのが、若い彼ら。
時代は流れていくんだな、まだまだ続いていくんだな
という感じがして良かった。
でもまぁ、ベンジョの2人のケンカのスケールが違うってのには
安藤・晋作だってそうそう遠くも無い事やってるよな。
若者相手にバレてなくてよかったね(笑)
けど何でともこが捕まる役だったんだろう?あれだけ強いのに。
弱さと頭からいくとベンとかの方が似合ってそう(酷)
っつーか拳銃で撃たれてるところに向かってともこ、ダッシュしてたぞ。
『オンナは強いなぁ』って、だったら捕まる前にその強さを発揮しろよ!!

ビバ暴れっぷり
晋作の暴れっぷりは、暴動という形で現れてたけれど
まさかねぇいたいけな仲間までボコる所を見るとは思わなかった(笑)
アレでおごるだけですむのかなぁ。
でもラストの人間変わっちゃった後の暴れっぷりは爽快だったよ。
犯人に宿敵に『もうやめようよ』って言われる刑事初めて見たぞ(笑)
安藤の暴れっぷりは、常識無視という形で現れるのだろうな。
普段やらない規則違反。刑事として人として大切なものを前にした時の
このキメ方がカッコイイ。それを何気なく加担している署長もまた
カッコよかったよ。署長、現場に戻って意外に晋作くらいに活躍するのかもな。
今まで色々人間変わっちゃってた晋作や安藤が無事でやってこれたのも
安藤本人と署長の力量あってのものだったんだろうね。
真直ぐな安藤と、歪んだ署長。どちらも、いい上司だったよ。
マリリンの暴れっぷりは、何だろうな。暴れてないか?(をぃ)
どうなるか計算済みで動くって所かなぁ。今回キレたりはしてなかったよね。
晋作や安藤が動くのを見ていて綺麗にサポートする様が華やかだった。

ゲストに遠藤憲一
楽しみにしてた、待ってたよ!!早く見たかったんだ。
出来る若手ヤクザって感じだけどホントにねぇ若いねぇ。
ピチピチだもん。つややかだもん(笑)拳銃が似合ってた。
そういえば最初に拳銃構える時にいた公務員の人が
やられると分かってるはずなのにワザワザイスに座ったのが謎だったな。
近距離で拳銃向けられたら普通つかむよ。落ち着きすぎだ。

マリリンを巡って
ひそひそと2人で会話をするんだがその内容が
妙に怪しげに見えてしまうのは私の悪いクセなのか。
『このままじゃダメなのか』『スキだよ』
見詰め合って言わないでくれよ(笑)
結局、マリリンとは相棒という形に落ち着いたのだなぁ。
と思ってたら晋作がヤクザ相手に駆け引きするところで衝撃事実が!!
晋作、ちゃっかり安藤に内緒で告白してやがった!!∑(゚□゚;)
まぁ、ロンドン行きの時だが。不思議だったんだよねずっと。
晋作ともあろう人間が何で言わないのかって。そういう事だったのねぇ。
あっはっは、抜け駆けしてやがるよ。流石だね(笑)

金持ち=外国人?
別のヤクザの親分らしい男に聞き込みの最中金髪美女が男に寄り添っている。
どう見てもこの場に必要ない。金持ち?強い?って表現の一つなのか?
めちゃくちゃ気になって話どころではなかった。

ハッピーエンドとはまた違う気がするけれど清々しい表情をした彼らをみて
スッキリと見終われた話だった。

メモ
■安藤、マリリンを諦める
■3人はこのままで
■晋作は下っ端にも容赦ない
■東京都港湾局
■晋作はニューヨークのダウンタウンにある分署
■安藤はモスクワ市警
■マリリンはパリ
■飲み会はロンドンで
■よねちゃんの所は若手3人の溜まり場に
■よねちゃんの所、提灯から蛍光灯に

record:2007.09.05
放送日:1989/09/22

拍手[0回]

PR

ハロー!グッバイ第18回 どっちの刑事にするの

殴り合いで終わる刑事ものってどうなの!?
いや、まさかマリリンを巡っての争いがこういう結末に
なるとは思わなかったよ(笑)
今日の感想は以上!って言いたいくらいだ。
マリリンを巡っても、しんみり終わらないのが良い所なのかな。
2人が殴り合ってるのを見てる時のよねちゃんの顔に笑った笑った。
次の日絶対、あざだらけだよ(笑)
ずっと晋作がどうして動きを見せないのかが気になってたけれど
3人一緒にやっていきたかったとはねぇ。
今が幸せだから崩したくないってことなのかなぁ。
なんだか真ん中にはさまれてる、この物語でいうマリリンの
思考が王道だとこんな感じっぽいよな。
マリリンの気持ちは、マリリンの失態によって重傷を負ったことで
判明されるのだが、犯人が数人いて、拳銃を持ってることを分かってて
何ゆえ一人で乗り込みだろう。マリリンってそんなに強引だったっけ。
マリリンと一緒で物語を強引に進めていった気がしたよ。
結局はしばらく、晋作が思う今のまま、平行線なのかな。

移動の話で署長壊れる!?
大阪で飯がまずいみたいな表現をする署長。
何がそんなに気にいらないのだ・・・。
っつーか、きつねうどんを表現するのにコレはやめていただきたかった。
“猫のションベンみたいな薄味のヤツ”
食べる時に想像しちゃうじゃないか!!!!
さらに署長が関西弁?で“なめたらあかんでぇ~”と大阪に当り散らしている。
署長が壊れた・・・( ̄Д ̄;;
そんな署長を見てすかさず安藤が一言『どうしたんですか、署長』
GJ安藤。よく聞けたな安藤。
結局、部下の出世にイラッときてたという事でヨカですか?
関西弁はちょっとイントネーションが違ってたよ。

え?
カメラを発見し、写真を撮りに来て男は襲われたのでは
という話になっている所でジョーが一言。
『しかし鳥の写真を撮りに来てた男と殺人罪なんてピントが合わないですね』
え、カメラだけに・・・?上手いこといわんでいいわ。
でも誰にも突っ込まれず、ジョー、スルーされる・・・( ̄Д ̄;;
カツゼツ悪かったから?淋しいな、ジョー。

メモ
■安藤は10月1日づけで西なにわ署・署長に。
■マリリンは晋作が好きなのか?
■晋作は3人がいい。
■殴り合いで仲直り?
■平泉成は暴力団の会長の杉崎で登場。
■署長はアイスを食べている。
■晋作たちが乗っていた車、TOYOTA CAMRY
■クルーザーの持ち主の店の名前、かもめ

record:2007.09.04
放送日:1989/09/08

拍手[0回]


ハロー!グッバイ第17回 となりのオンナ刑事

水谷豊・伊達晋作

刑事という仕事について。
何の仕事においても嫌な部分っていうのは存在すると思うが
身分を隠して張り込みして、仕事が終わる時に
信用してくれた相手を裏切っているのではないか
という事にマリリンが珍しく戸惑っていた回だった。
その刑事としての使命を仕方が無いで片付けるのは
どうかと思うけれど、慰めにもならない言葉をかけるよりは
いいのかなぁ。仕方が無い事は多いのかもしれないけれど
仕方が無い、で終わらせてはいけない事も世の中には沢山ありそうだな。

だんだんと仲良くなっていく様が不自然なのか自然なのか・・・
あきらかなる不自然さをギクシャクしながらも
何とか乗り切っている刑事の面々がおかしかったよ。
とも子は妹という設定だったけれど
晋作は宅配屋でやってきたのにコイビト役になり。
課長は素でやってきたのに、兄から元ヤクザの兄へと(笑)
ぶーぶー言うのは分かるけれども、刑事もヤクザも紙一重
みたいなもんだよね、見た目は(失礼)
互いにマリリンを挟んで手探りながらけん制してて
課長はなんとか抜け駆けできないかと頑張っているのに空回り
頑張ろうとしてないのについてる晋作は安藤のことを気にかけて
マリリンの食事を断っている。真逆な二人だねぇ。
いこうと思えばいけそうなのに、抜け駆けを好まないのか
晋作って、意外に安藤への優しさっつーか気遣いを見せてる気がする。
そんなこんなで想いを隠してるが、まわりにはバレバレな二人が面白い。
まるで進展ないのを面白がってるみたいだ。
マリリンも気がついてんだろうね。どこに思いがあるのかは謎だけれど。

署長の記者会見
警察の仕事は何なのか、ここでも問われた疑問。
出番が少ない署長だけど、持っていかれた。
記者会見で、笑ってください!と言われて
何故笑わないといけないのか、それが警察の仕事だと断る署長に
かっこいいじゃないかぁっ!!とホレボレしてたら
それでも笑ってくれという記者にたいして署長
無理やり笑顔。
かっこ悪っ!( ̄Д ̄;; でもま、それも仕事なんだよな、署長の(苦笑)

メモ
■マリリンは朝は紅茶派
■けれど安藤はマリリンにコーヒーを差し入れ
■晋作曰く安藤は自分の趣味を相手に押し付ける
■安藤はヤクザとピーマンと晋作が大嫌いらしい
■ジョーの意見はコロコロ変わる
■日比谷公園
■スカイコーポ シオン

record:2007.09.03
放送日:1989/09/01

拍手[0回]


ハロー!グッバイ第16回「刑事は美女をスキになる」

水谷豊・伊達晋作

メインはともこ。ゲストに小沢さんっ!!
26歳設定の若さにビビリながらも見たけれどもあんまり
顔は変わってない気がする。
一途に人を愛する男がカッコよかったよ。

何気に?ともこが爆走、いや暴走してた
今回は女性らしいって何って所から物語が始まっていた
のだけれど、結局何が女らしいなのかねぇ。
男が好みそうな女性は、女性には嫌われそうなイメージがあるけど
そうでもないのか。
でもまぁ、人をどう感じ取るのかなんてのは独りよがりな所が
あるのかもしれないよね。自分で作った像に惑わされてないとは言えない。
どれもが自分であり、どれもが他人である気がする。
だから人は面白いんだろうなぁ。

違和感
ずっと追っていた坂本一也@小沢さんが出てきて、拳銃下ろして
一息ついて、さぁ~終わったぞと思ったら晋作が出てきて
小沢さんを殴る!!
えぇえ~、丸く纏まってたのに~~っ?( ̄Д ̄;;
今日はどう考えても晋作、一発、多い・・・。
これ普通なら、ゆっくりとともこが諭すところだよ。

ともこ暴走1
女性らしいを作っている女の前にイラッとしたらしい
ともこ、女性の家に乗り込み全部喋る。
・・・・私情をはさまないでください(しくしく)
でもまぁ~確かに女から見て嫌な女は
男から見ていい女である事が、多いのかもね。
しかも
『女性らしいってのはねぇっ!女性らしいってのはねぇっ!!』
と女性らしさを一生懸命表現しようとするともこだったがっ
『とにかくそういう事じゃないの!!』
説明できてねぇ~~~っ!!Σ(|||´■`|||;;Σ)ガーン!!!

ともこ暴走2
拳銃をかまえる小沢さんの前に出てきてとめに入る
ともこの格好が、ウエディングドレス!!
ありえねぇ~( ̄Д ̄;;
誰の指示だよ!!!と思ってみたら
まさかの、誰も指示してないオチ!?!?!
ともこぉ!!事件をナメテんのかぁあっ!!!

ともこ暴走3
酒を飲んで先輩3人を前にくだをまく。
先輩がたタジタジ・・・あっはっはっは・・・
ともこ、こえぇえ。゜(´Д`゜)゜。

メモ
■勉は親友の結婚式で札幌に
■勉は1週間の休暇をとった
■勉は汚い字、誤字脱字が多い、漢字が少ない。
■ともこ、男にフラれる。
■刑務所から逃走した囚人・坂本一也(26)@小沢仁志
■坂本はあと1ヶ月で出所できる予定だった
■坂本は1年前逮捕された。
■坂本が思っているのは川村しずか
■30なかば
■署長は結婚のスピーチを練習中。
■日比谷公園

record:2007.09.01
放送日:1989/08/18

拍手[0回]


ハロー!グッバイ第15回 刑事 怒りの逆襲

やっとベンの回だ。
って、前のベンの回らしき時は見逃しただけなんだけどな( ̄Д ̄;;
前回は警察手帳で今回は拳銃?なくしてばかりだな。
犯人は単純で分かりやすく、内容もまぁ、予想範囲内。
かき回してる風を装って王道といえば王道かなぁといった話だったよ。
ベンに犯人の話をジョーがする所では、唐突すぎてビックリしたけどなぁ。
ジョーがついうっかり犯人の話をしちゃって、それ聞いてベンが暴走しちゃうんだけど
ベンが暴走してるよ~何で話しちゃったの~?って言われた時のジョーの言葉がねぇ
唐突すぎて、嘘っぽいんだよね。
「ベンだって自分の犯人は自分で捕まえたいはずだ!」
明らかにお前そんな事考えてたのかよって流れなんだよ。
分かるけどなっ、だったら、ちょっとくらい話そう話さないと悩めよ!と。
しかも話した後、ベンをほったらかしにしたまま。絶対動くに決まってんじゃん。
捕まえに行くって思ってるんなら、見てろよ!みたいなね。
これはビックリだったなぁ。
あとタイトルにもなってる重要な部分がちょこっとだけすぎて(苦笑)
気持ちの部分での盛り上げが足りなかった。

呼び方
今更なんだけど、課長の晋作の呼び方が
2人の時は晋作!大勢の時は伊達くん。
なのが気になった。その使い分けは何なんだろう。
伊達くんっつーことへのテレ?
晋作って人前でいう事へのテレ?
みんなへの威厳確保?
課長は晋作っつってる時の方がイキイキしてていい。
立場がある、けれど思うところは一つで
板ばさみになりながらも正義を持って動く姿がカッコイイよ。
上司としての器、署長にもあるよな。

そういえばジョーが、こんなややこしい関係の晋作と課長を見て
自分達も今後そんな風になっていくのかなって
役職ついたとかだけで立場が変わっちゃうのかななんて心配してたけどさぁ
どっちもその器じゃないんじゃないから心配しなくていいよね(ヲィ)

メモ
■ベン、拳銃を奪われる
■田川くんは今日もサボリ
■課長の所持金4万?
■ベン、ひやおでんの餌食
■署長、スイカを食べる
■署長、種無しブドウは嫌い

record:2007.08.13
放送日:1989/08/11

拍手[0回]