忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

NEWSゆう+ 2010/11/05

関西ローカル番組「NEWSゆう+」の1コーナー、エンタメ公造力にて
登場されていたのを見ました。
映画の話題~とキャスターが言うと、流れ出す相棒のオープニング曲。
映し出されるは、相棒な格好をした豊さんとミッちゃん。
そして豊さんの手にはティーカップ。
右京さんでゆっくりとお茶を飲む豊さん!
カッコいい!!!
と思ったらすぐCM。ひっぱりやがった。
CM開け
相棒映画のVTRが流れ、その後、席についたお二人が紹介される。
お二人の間には、がっちり相棒のポスターがバックに。
映画の宣伝、宣伝せんでーんっ!!
でもいろいろな番組に出ていただける事はとても嬉しい。
しかも関西ローカルだよ。
他のローカルだったら凹みまくるクセに、タチが悪いな、自分。
そんな関西のABCの新社屋は初めていらしたらしい豊さん。
迷わなかったんだろうか・・・(何の心配だ
ちなみに、みっちゃんは前に来た事があるらしい。

劇場版の宣伝。
今年の夏、6月~8月にかけて劇場版の撮影を行ったらしい。
「暑がりだったので大変な思いをした」と語るみっちー。
一方、豊さんは『僕、暑いのは全く…得意なんですよ』と。
一瞬、ダメだと思わせたのは何故だ。
『ですから本当気の毒でしたね』なんて言われたみっちー笑顔で頷く。
劇場版Ⅱでは右京の動きに可愛らしさがアップしているイメージがあると公造さん。
大人の男性から可愛いって表現が出て来るとは思わなかったよ。
何があったんだ!気になるじゃないか!!!
これを聞いて笑いだす豊さん。
「意識された部分はあります?」と聞かれ
『口元に手を当てて、いやいや、特別あのー自分をキュートにしようとは思わなかったんですけど』
と少し迷いながら返答。ま、そうなりますわな。
この言葉を受けてみっちー、豊さんをさしながら
「もともとキュートですからね」と持ち上げ?(笑)
まぁ・・・確かに、キュートです。ファンとして否定はせんっ!

演じていて、映画とドラマでの違い
劇場版のVTRの中でみっちー
「演じてる役は同じというか、ですからドラマだからこう、映画だからこう
というそれに変化はないですね」と一方豊さんは
みっちーの言葉にそうですねと頷きながら
『目の前に起きている事に向かう、起きてることと同じだけのエネルギーを持とうと、
それで起きてる事を退治しようと、いつもそれの連続なんですけれども』
『映画になりますと起きることがとても大きな事が起きてしまいますので
それと同じだけのエネルギーを持って向かおうとしますね』
役に変化はないけれど、映画には相当の気力を使われたようだ。
考えれば今年のくそ暑い中、よく無事に撮り終えたもんだ・・・。
12月公開だからいつもの相棒の格好だろうし。
撮影は大変だったようだが
『出来あがった作品を見ると、すべてがもうOK!』
となったらしい。早く見たいなー。
そういえば、試写会の募集されてるけれど生豊さんに会えそうなものは
応募してないんだよなぁ・・・行きたいけれども今回は残念ながら・・・。

続いて、ドラマの視聴率が好調という話題から
ロケは大変?という質問に
『僕はあまり大変だと思った事はないんですけれど』と豊さん。
『打たれ慣れと同じように、疲れ慣れしてるんでしょうか』
『あまり大変さとか疲れとか感じないんですね』とどこまでも平気っぷりをアピール。
そんな豊さんにみっちーが横から「10年、やってますから」とポツリ。
みっちーの大変さが伺える。
これを聞いて、セリフも多いですよねと言う公造さんに
『そうなんですねぇ』と一言、豊さん。
他人事かよ。
さらりと言えるこの人が凄いな。どういう頭の構造と体力をしているのか。
一方ミッチーは
「本当に大変ですよ、僕は」
「撮影も大変ですし、セリフを覚えるのも。覚える才能と喋る才能、また違いますから」
キッパリ言うお方だ(笑)
そんな大変さを語るミッチーを眺める豊さんの瞳が
真っ直ぐすぎてキュンとキタ。
「だから凄いなぁと、ほんとに尊敬に値する・・・」
って言われて、笑顔に戻る豊さん。照れ笑い?
続いてミッチーから繰り出される「いつ覚えてるんですか?」の質問には
一言。
『いやぁ、僕も分からないんですよ』
とぼけてみせる。どうやら教えてくれないらしい。

みっちゃんへのQ
豊さんのもともと持っていたイメージと実際あった時の印象の違いについて。
芸能人は裏表がある人が多いが、豊さんの場合は
「初めてお会いした時に何て優しいんだろうと、そこに僕は驚きました」
「逆に底意地が悪い方なんでは?と探してみたんですけど見つからないですね」
らしい。気を使われてるのかなぁ。スムーズにそれが出来る人なのかなぁ。
たまにピリりとした空気が見えるので本当の所、どんな人なのかわかりはしないが
あまり悪い評判が出て来んよねぇ。
長くやってこられる凄い人ほど、こいう評価される方が多い。
みっちーの言葉に『探してみましたか』と笑う豊さんだが
この一言が、すっごい右京さんっぽい言い方で。
悪戯っ子のような口調なもんだから、真実が見えずまた混乱する(笑)

警察ドラマが増えているという話へ。
そうなのか?いつの時代もあった気がするが
わざわざ画面に出される刑事ドラマの分類わけ。
群像、新米刑事、キャラクターもの、専門部署と時代が移り変わっているらしい。
バックには豊さんの曲、カリフォルニアコネクションが流れているが
熱中時代の話には触れられず。

杉下右京と水谷豊。
太陽にほえろは裕次郎さんという印象があったが
相棒での水谷豊さんは右京さんと言いそうになるイメージがある。
と公造さん。確かに、右京さんになってる時は右京さんだ!って思うなぁ。
本城さんを見ると本城さんだ!って思うし。
トーク番組出られてるのを見ると豊さんだぁvって思うし。
あぁ・・・改めて不思議だ・・・。
この流から
「ご自身の中ではどこからどこまでが右京さんでどこからどこまでが水谷豊さんなのか?
撮影に入る時には、切り替えてやっているのか」という質問が。
すると豊さん、メガネを触り考えながら
『いやぁ・・・自分でもよくわからないんですよ、本当のところは』
と右京口調で答えられ
『うん、全く意識してないんです』
『この相棒のシリーズが始まった時にキャラクターとしてはイメージが出来てたので
日々、特別今回こうしようあぁしようと考えた事はないですね』と。
でもイベントなんかで右京さんで何か一言、と言われるとスパっと切り替わるよね。
鋭さが前面に出て来るというか。
これを聞いて、ほぉ~と納得?関心?したような口調の公造。
続いて質問をされる。
『お忙しいのでなかなかお休みはないでしょうけれど
水谷さんって、お休みの時はどんな事をやってんですか?』
話、飛びすぎだぞ。
この唐突な質問に対応できなかったのか、
豊さん・・・・と長い間、間、間・・・。
『僕ですか?』と笑いながら問い返し
『いや、特別何か変わった事をやってる・・・事もないですから・・・』
と質問が回ってこないので軽く置いてけぼりな感のミッチー見たり
キャスター見たりとキョロキョロしながら困った様子で答えられる。
「食べて寝て?」とキャスターから問われ、思いだしたように
『ただ僕ね、休みだと朝まで家の中をふらふらしてるのが好きなんですよ』
『なかなか寝ないんですよ』
と、目的も何もなく、起きている発言。
それは危ない人ですな。
『起きてると何かいい事あるんじゃないかと思って起きてるんですけど何もないんです』
とにかく朝まで起きてるのが好きらしい。
・・・・遠足前の子供か。
いつでも冒険者のような人なんだな。

右京と紅茶
相棒といえば~なお決まりのシーン。
右京さんがティーカップを持った画像が画面に映し出され続いて
豊さんの手元へ行くと、同じものが豊さんの前に。
『どんな感じで・・・・』
とハッキリ言わずもがな、きっちり催促する公造。
その空気を悟ってか、カップをゆっくりと持ち上げる豊さん。
右京さんモードに入り、キャスターたちに右京さんだ右京さんだと騒がれ
追い打ちをかけるようにミッチーが「本物だ!」とポツリ。
この言葉にいつもの豊さん笑い登場。
やはりガラリと雰囲気が切り替わる。
続いて普段もやっぱり紅茶党なんですか?と質問が飛び
今回もやっぱり『珈琲なんですよ』とキッパリ答える豊さん。
これは有名な話だなぁ。しかし現在は
『でも相棒が始まってから紅茶が増えてきまして、6:4でしょうか』
と、コーヒー6、紅茶4の割合で飲まれている様子。

Q.国民的ドラマになった理由、何か感じている事は?
『時々あのーどうしてこんな事になったんだろうなって思う事があるんですけれども
でもやはりあのー、僕たちが作っている側だとしたら作り手を離れて
見ている方がそれぞれの相棒を作ってるなぁと思いますけどね』と豊さん。
思えば不思議だよねぇ。シーズン3の時に終わると思ってたらこんなにも長く続いて。
連ドラ時は視聴率もそこまでいいものではなかったのに
今やこんなにも上がって来て、相棒という検索をかけたら
籠のWikiとかバイクが上位に食い込んでたのに
もう、ドラマ相棒が今やトップに名を連ねるようになって。
長く続けるって一番難しい事だと思うんだけれども
だからこそ色々、変わっていく事もあるんだなぁと・・・しみじみする。

最後に劇場版についてのPR
ミッチー
「あくまでフィクションの物語なのに、どういうわけだかノンフィクションの手触りがする」
とここから劇場版の映像が流れる。
久しぶりに話をふられたのにミッチー小さな枠になり・・・
「その、迫って来るリアルな衝撃のストーリーをぜひ大きなスクリーンで、
そしてBGMも素晴らしいので、そのサウンドも劇場で楽しんでいただきたいと思います」
とPR。フィクションとノンフィクションって所、凄い好きだなー。何か分かる。その表現。
続いて豊さん『あのー今回本当にあのーとんでもない事がおきます。
その衝撃を楽しんでほしいと思います。相棒は見る人を裏切りません』
と。力強い一言がありゲスト出演終わり。
ラストにぺこりと頭を下げられる豊さんのほんわか具合と
カメラ目線で手を振るミッチーの笑顔がまぶしかった。
さて、今回はどんな展開になっているのでしょうな~。
楽しみでならない。とりあえず、ネットもマスコミも
ネタばれには気をつかっていただきたいものだ。
以上、関西ローカル番組出演メモでした。

放送日:2010/11/05 17:25~17:40 ABCテレビ
記録日:2010/11/27

拍手[11回]

PR

水谷豊@ニュース記事@めざましテレビ

水谷豊さんが夜の部のスペシャルゲストとして出演された
チャリティーコンサート
「日本歌手協会 第37回歌謡祭~戦後65年!歌と共に生きたニッポン~」
@東京ゆうぽうとホール、のニュース記事が出ている!
  ■ スポーツ報知
  http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101027-OHT1T00243.htm
  ■ デイリースポーツ
  http://www.daily.co.jp/newsflash/2010/10/27/0003563203.shtml
  http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/10/28/0003563852.shtml
  ■ 日テレ
  http://news24.jp/entertainment/news/1614582.html
  ■ 日刊スポーツ
  http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101028-695172.html
朝、めざましでVTRが流れてたの見てあわてた・・・。
しかも“この日の相棒は?”って他局なのにイイ振りしてくれててね(笑)
めざましテレビはいつも見たい芸能ニュースを放送してくれる。
ホントにチラッとだったけど
カリフォルニアコネクションを歌われる豊さんの映像。
コンサート前の取材の様子。
『やはり歌のほうが緊張しますね』
『みなさん俳優だと思っていますからね』と豊さんのコメント。
そしてこの日の相棒、宇崎さんからのコメント。
緊張緊張といっている豊さんを横に
舞台のそでで豊さんの歌を『ちゃんと歌うかな?』と聴いていたとか
「さっき僕は歌いながらあがっていたんです」との豊さんの言葉にも
『嘘だ!ポケット手つっこんでこうやってね』と会場の笑いをとられてて(笑)
相変わらずさらりと無邪気な人で
それに笑う豊さんの笑顔も素敵でいいやりとりが見られました。
記録日:2010/10/28
放送日:2010/10/28 めざましテレビ 06:45

相棒展についての記事
  ■ シネマトゥデイ
  http://www.cinematoday.jp/page/N0027985
  ■ asahi.com
  http://www.asahi.com/shopping/news/TKY201010290389.html

拍手[5回]


スーパーモーニング@水谷豊&及川光博 2010/10/20

相棒9スタートの日という事でスーパーモーニングで
ミッチーもといみっちゃんと一緒にインタビューされている
豊さんのVTRが流れていた。
同じ方向に足を組む右京&神戸スタイルのお二人。
スマートな2人・・・シュッとしたスーツっていいな。

呼び名
現場ではミッチーの事をミッちゃんと呼んでいると豊さん。
何度か聞いた呼び名の話。ファンの間ではもう有名なのかな。
たまに及川ミッちゃんと言うと、ミッチーから
「名字は言わなくても大丈夫、分かりますから」と言われると。
冷静な突っ込みすぎるぜ、ミッチー。
しかし“及川みっちゃん”ってば、ごろがいいぞ。
逆に及川みっちゃんは(さっそく使ってみる)
豊さんの事を水谷さんと呼んでいると。
普通だ・・・。
わざわざ変化球でみっちゃんにする豊さんの横で、普通だ・・・。
この水谷さん呼びに対して、インタビュアーが一言食い込む。
「そこは豊ちゃんってわけじゃ」
どんな質問だ。
中居ちゃんの豊ちゃん呼びが記憶の片隅にでもあるんだろうか・・・。
苦笑いしながら「なんないです、なんないです」と言うみっちゃんと
その隣に、大笑いする豊さん。
さらに追加してさらりと一言「恐ろしい事になりますよ、それ」by及川みっちゃん
うん、この一言も軽く恐ろしい気がするヨ。
豊ちゃん呼びに対して
『あのー 宇津井健さんは豊ちゃんって言うかもしれませんね』
『っていうような気がする』と、また大笑いの豊さん。
何だその謎の予想・・・。

みっちゃんへの疑問
豊さんが今までご一緒した俳優さんの中で
『撮影終わってこんなに早く帰る人は初めてなんですよ』
『ほんとに帰るの早いね』
というくらい、着がえて帰るのが早いらしいみっちゃん。
そこで、早く帰りたいのか、何でなのかと疑問の様子の豊さん。
『あれ、何で?』
と、みっちゃんに問う姿が真っ直ぐすぎて良い。
みっちゃん、笑いながら
『っていうかやっぱり・・・早く帰りたいですよね・・・』
こちらもストレートな答えだ。

二人の息
一見、息なぞあってなさそうなのだが
こういった話をしていく中で、相棒の息がぴったり
というインタビュアーの一言が入り
最新の映像技術がある中で古典的にハートマークで囲まれる2人。
何を狙っている!

今後の相棒について
何かまだ話が続くのかと思いきやいきなり〆に入っていたVTR。
豊さんのコメント
『何も言わなくても分かるっていう所も少しずつ当然増えて来るわけですね、お互いが』
『そういう所も、だんだんこうちょっとずつ生まれて来てるので』
『相棒としての二人の世界はこれからこれからという感じ』
『シーズン9楽しみに』
及川みっちゃんのコメント
「人間ドラマとして、右京さんと尊の仲がいいんだか悪いんだかという」
「距離感を楽しんでいただきたいと思います」
とコメントの後『ガラポン、芸能特報』と二人で声を揃えて言われ
斜め上にあるカメラに向かって、手を振る2人でVTR〆。
可愛い光景すぎる・・・。
その後今回の相棒には「神戸とたまきの間に何かあるかも!」と
インタビュアーの一言が入り相棒関連終了。
気になる一言を残されて終わられると、もっさりするぜ・・・。

放送日:2010/10/20
記録日:2010/10/25

拍手[5回]


NHK歌謡コンサート「心の風景に愛しさ重ねて」

いつもの手をポケットインスタイルは変わらず、がっ
めずらしくメガネをかけて、カリフォルニアコネクションを
歌われる豊さんから番組スタート。
心の準備する間もなく、ビビった!眼鏡似あうなぁ。

歌い終わり、トークの場所へ移動される豊さん。
他9名もの歌手の方々の中へ。
豊さんが、いっぱいの人の中にいるのは違和感だなぁ。
が、アナウンサーの方の紅白以来のNHKのステージについて
どう思うかという質問に対して
豊さんの、紅白では本当にあがっていて
『歌手もリズムもメロディも半分わかんなくなってたんですよ。
で、いつかその仕返しをしたいなと思ってまして・・・』
という解答に、ガラッと豊さんの空気を感じ取り、ほっとする。
仕返しって言葉のチョイス(笑)素晴らしや。
で、この日はカリフォルニアコネクションの作曲をされた
平尾さんに「見てるからね」と言われていたらしい豊さん。
無事に終わってほっとしたと。
うーん、なぜだろう、自分もほっとした(笑)

で、次に歌われる坂本冬美さんへトークが移行。
冬美さんが歌へ行くまでの間
豊さん、どうしていいのか分からなさそうな感じが。
考えれば、歌手のみなさん、ずっと同じ所に座ってる必要性って
ないんだよなぁ。あのクラス、皆凄い人たちなのに。
一人一人いた方が落ち着く気がするんだけど
全員そろっての華があった方がやっぱりいいものなのかね。
で、冬美さんの後、3人くらいの方の歌が終わって
再びトーク場所に画面がうつったら豊さんの姿が・・・消えてる!!
ちょっと逃げたかと思った(謝)
が、そんな事はなく?鳥羽さんの歌の後、今度は宇崎さんと登場。

歌コン最前線♪
と妙なコーナーが始まる。はたして
わざわざコーナーにして区切る必要があるのかが
最大の謎ではあるが、今夜のテーマは
『歌の相棒 誕生!「人生ロマン派」』との事で
盛り上げていただけるのは、とてもありがたい。

Q.宇崎さんとのデュエットについて
『まず責任が半分ですむので~いいなぁと・・・』
ってオイ!(笑)
言った後の笑顔がまた、いい笑顔ななぁ。
NHKでも笑いをとっていく、豊さん。素敵だぁ。

Q.あの例の意味深な?歌詞について
始めて見た時はどうだったかぁとお決まりの質問を宇崎さんへ。
宇崎さん、困ったように
「あぁ、そうですか・・・という感じでした」と絞り出し(笑)
レコーディングの時には阿木さんが「私は許しませんよ」と言っていた話もされ
豊さんが、横で笑ってる(笑)
そんな豊さんに、蘭さんの反応は?と話が振られ
今度は宇崎さんが横で笑う(笑)
そしてお二人の後に座られてる女性陣の何とも言えない笑み(笑)。
『歌は歌の世界の事ですからね』と思ってくれたらいいなと・・・
と答えられる豊さんに
アナウンサーの方の「いろいろ耐え忍んでいるお二人」表現。
どうやら当たり障りのない答えで苦しそうに切り返していくのを見るのが
今回、人生ロマン派についてのトークの楽しみ方らしい。
話が終わり、人生ロマン派の歌へ。
人生ロマン派 コンセプトアルバム(Blu-ray Disc付)
おぅ、何度見てもカッコいい!
歌が終わり、後は他の方の歌が続く。
ラスト、全員そろっての挨拶で再び登場の宇崎さんと豊さん。
ほぼ中央に立ち、いつもの手のグッパー挨拶の豊さん。
ステージ全体像がうつって、番組終了。

放送日:2010/07/20 NHK総合 20:00~20:43
記録日:2010/07/20

今回の歌順
「カリフォルニア・コネクション」/水谷豊
「また君に恋してる」/坂本冬美
「北の港駅」/田川寿美
「国東みれん」/水田竜子
「はまなす海岸」/小金沢昇司
「ふたり花」/川中美幸
「裏町」/鳥羽一郎
「人生ロマン派」/水谷豊×宇崎竜童
「若いってすばらしい」/槇みちる
「放されて」/門倉有希
「卯の花しぐれ」/桜井くみ子
「口紅水仙」/瀬川瑛子

拍手[9回]


スーパーモーニング 2010/07/14

豊さんと宇崎さんが記者の人たちの前で話している様子と
人生ロマン派のPVからスタート。
人生ロマン派のPVの最中には画面上の小さな枠(ワイプ)で
スタジオの豊さんと宇崎さんの姿が。
終わってスタジオ。宇崎さんと豊さん、紹介。
当日、豊さんのお誕生日という事で番組からお花のプレゼント♪
宇崎さんの64歳にもビックリだが。
豊さんも58歳・・・には見えないなー。
で、誕生日でおめでたい日に
人生ロマン派の曲を含んだアルバムが発売され
「素晴らしい誕生日を迎えられましたね」
と言われた豊さんは・・・なぜか少し笑って「すいません」とポツリ一言。
すると赤江さん?から笑い上戸だと言われる。
・・・ま、しょーがない。うん。
そして“前来て下さった時も本当に面白かった”とも。
はたしてどういう意味なのか
問いただしたい気もするが・・・うん・・・うん、そっとしとくか。
と思ったら、昨年6月のVTRが流れる。
一人大笑いする豊さん、とそれにつられて・・・というか
それを聞いて笑うスタジオメンバー。
画面から消えても、残る豊さんの声・・・。
凄いVTR(笑)
しかしこれを見ても、なぜ笑っていたのかご自身でも分からない様子の豊さん。
宇崎さんには、レコーディングの時も歌ってる以外は笑っていたと言われ
それを聞いてまた大笑いの豊さん。
この光景にもやっと見慣れてきたのか
こういうのを見ると妙に落ち着く自分がいるぜ。

Q.宇崎さんと豊さんとの交流関係は?
宇崎さん曰く
『30年ほど前にアルバムを作って、その(今現在までの)間、しらんぷりされてました』
との事であまり交流はなかった模様?
知らんぷりって言い方が可愛いな。これを言った後、笑う宇崎さんがおちゃめだ。
これを聞いた豊さん曰く
「ばったり出会う事はあったんですけれど、32年ぶりに音楽をやってくださいと言う事で」
と今回のデュエットが決まったようだ。豊さん側からの話なんだなぁ。

Q.初のデュエット、歌の相棒について。
「こんな事が起きるなんて夢にも・・・僕の未来設計図になかったですね」
と豊さん。これを受けて、宇崎さんにも豊さんとのデュエットはどうかと
聞かれると『楽しい。歌ってる以上に楽屋が楽しい』と宇崎さん。
どんな話をしているんだーと皆が気になったであろう事を聞かれるも
さらりと「言えねぇよ」と切り返す宇崎さん。怖渋すぎる。

Q.宇崎さんの奥さんである阿木さんが書かれた詩
 「妻よ許せ、こんな男の身勝手」を初めて見た時の感想について。
聞かれた宇崎さんは阿木さんに
「どうなんですか?って言ったら、“私は許しません”って言ってました」とのこと。
続いて豊さんは「うちじゃ練習できないなと思いました」と。
奥さんに気を使ってる?それともビビってる?(笑)
お二人の後の画面にそれぞれの奥さんの写真が写っているのが
妙に怖いぜ。スタジオメンバーは、波風立てたいのだろうか。
鳥越さんが妙にテンション上げながら
この詩は中年男性の心をピッタリと射ぬいていると一言。
超共感してる(笑)
でも誰もうんとは言えないよ、奥さんいる人は言えないよ。
この詩について蘭さんは「歌はいいよね、曲も素晴らしい」と褒めた上で
『でも歌の世界ですからね』とおっしゃったらしい。
蘭さん、強し(笑)

Q.どうしたら不良っぽくいられるんですか?
話を振られ困る宇崎さんに、横から豊さん
『僕はもう更生してますのでね』とサラリ。
宇崎さんに笑いながら指さされる豊さん(笑)
スタジオにも笑いが起こり、空気がたまらないと言われる。
確かに二人ともどこか不良っぽく。鋭さを放っている大人ですなぁ。
で、結局答えが出る事なく・・・この問が最後になり
急かされるように、お二人の出番終わり。
どういう答えが望ましかったんだろうなぁ。

放送日:2010/07/14
記録日:2010/07/19

拍手[4回]