忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


テラコヤ!相棒劇場版Ⅱ

相棒劇場版Ⅱのものがやっとこちらでも放送。
豊さんは出られていないけれど、相棒のVTRと豊さんの話が
出ていたので、軽くメモ。
ファンとして研ナオコさんがスタジオにいらっしゃって
おかしな空間になっていたテラコヤでした。
劇場版ⅡのVTRが流れる。
「相棒劇場版Ⅱから正義を学ぶ」
ここでゲスト登場したのが大河内春樹役の神保悟志さん。
大河内の格好で超笑顔の神保さん。何かすげー違和感。
他のバラエティ番組出ててもこの格好じゃないもんなぁ。
神保さんが語る後でそうそうそうとファンらしく?おばちゃんらしく?
相槌をうってたりする研さんやら
相変わらずの上から目線なふかわくんをざっくりさえぎる研さんやら
暴れっぷりが凄くて面白かったよ。
このファン的位置に存在する人がいるってのはなかなか楽しい。
本当にファンなのかな、研ナオコさんは。
たまに見かけるよね、ファンなんですっていう芸能人の方。
いつからだったんだろう?本当なのか?って思っちゃう。
有名にならないと話が出て来ないからなぁ。

・神保さんが語る映画の見所
「普段、テレビでは見られないスケールなのに相棒らしさが満載」
・正義とは立場によって変わるんだ
・ふかわくんの髪形は寝ぐせではない。
・やぐっちゃんは右京さんのファン。コメディっぽい所の右京さんが好き。
・研ナオコさんは全体の雰囲気が大好き。とにかく大好き。好きには理由がない。
・ふかわくんの嫌いな所は山ほど言えるみんな。
・豊さんに出たいと直談判したらしい研ナオコさん。スケジュールが合わなくて出られなかったらしい。
・カンニング竹山くんはまだ劇場版を見ていない。研さんにガッツリ睨まれ、怒られているw
・相棒に出演するなら三人目の相棒役で出たいとやぐっちゃん。
↑三人目は陣川くんというのがいます。
・やぐっちゃんがきても、大河内と絡む機会は少ないby神保
・神保さんと絡みたいので、長官クラスの一人として出たいby矢口
↑悪女だ悪女。久しぶりに見てみたいな。がっつり悪女が出て来る話。
・六角さんの兄弟で出たいカンニング竹山。
↑あってる。すっごいあってる(笑)
・研さんはちょこっと出たい。脇役でいいから出たい。死にたくはない。準レギュ狙い。
・神保さんの信念は「食後の歯磨きを欠かさない」
・How you say is more important than what you say.byふかわの信念
↑何を言うかよりどのように言うかの方が大事だ。
↑どのようにも言わせてもらえないふかわくん。
・子供服は絶対きないbyやぐっちゃんの信念。145cmないが子供服は絶対着ない!
・やばい時は正座をするby竹山の信念
・映画相棒に絶対でてやる!by研さんの信念
↑時すでに遅し。病院、相棒課に行くコトを勧められる研さん。
↑デロデロ?デレデレ?しすぎな研さん。
・CMが入り、相棒に登場する人物たちの裏の顔があるとVTR。
・神保さん、自分で大河内の裏の顔の話を振る。
↑ピルイーター!!!!是非、相棒2ー18話をご覧いただきたい。
・ミッチーとの間に感じるニオイ。作ってる側は意図させてるのかな。
↑神保さんが考えるには「僕が一方的に~」じゃないかと考えているらしい。
↑嫌われたくないので、なるべくそういうしぐさはしない。
↑奥が深いですな。
・モー娘のOGの裏の顔は、みんな酒豪。朝はスナックのママみたいな圭ちゃん。
・ここで竹山さんから豊さんの話が登場。
↑水谷豊さんと一日一緒にいる時があったと竹山さん。
↑意外にお笑いが好きで、あの時のあのテレビ~とコアな事を聞かれていたらしい。
↑ほほ~何でもチェックしてるんだなぁ、豊さんは。
・よかれと思って研さんの話のフォローをするふかわくん。
・邪魔した感じになり、正座で一回死んできますからbyふかわくん。
・最後に「見てください」と神保さん、竹山さんに念押し。
・再び研さんに怒られる竹山さん。
・最後まで神保さんの素敵な笑顔と、研ナオコさんの暴走っぷりが凄かった回だった。

放送日:2011/02/12 テレビ朝日系列
他の所では2011/01/08に放送された。
記録日:2011/02/12

拍手[0回]

PR

新春スペシャル歌謡祭

というタイトルで放送されていたけれど
前にニュースで出てた、日本歌手協会が主催する
第37回 歌謡祭 チャリティーコンサートの模様ですな。
司会者に紹介され、カリフォルニアコネクションを歌われる豊さん。
手はいつものようにポケットにイン!
黒のジャケットに黒のシャツ。ベージュ?のズボン。眼鏡をかけている。
歌い終わり、拍手に手をあげて答え、真ん中の司会者の位置へいく豊さん。
すると、別の曲が流れて来る。
豊さんの紹介で宇崎さんが『サクセス』を歌われる。
それぞれ1番のみ。
歌い終わった宇崎さんのもとに、豊さんがやってきて
『いい感じですねぇ』
と宇崎さんにお話するが、宇崎さん、目をパチリとさせ
妙な間。会場から笑いが・・・。
豊さんのトークの時って常に“間”で笑いが起こってるような気がする。
宇崎さんの歌について
『しびれます』
『20代の前半、これを聞いて明日は頑張ろう、よく思ったものでした』
と語り『じゃあ・・・』と豊さんが少し宇崎さんに近づいたかと思うと
『作っていただいた曲を・・・』と人生ロマン派が始まる。
この曲いい曲だよなー。耳馴染みがいいっていうか
自然と手拍子したくなるっていうか。
歌詞の内容見てると違ったりするんだけど(笑)
聞いてて楽しい。
曲終わり、〆に舞台はしに走って行って、中央に戻ってきて飛びはねる豊さん。
そしてこけてというか、舞台で滑り込む感じになって
宇崎さんの後に入ってしまい、画面から消えてしまう豊さん。
げ、元気だ(笑)
少ししか流れていないけれど、楽しい舞台でした~♪

記録日:2011.01.11
放送日:2011.01.06 テレビ東京系列

最近の記事
水谷豊「音楽の相棒」竜童と合体初ツアー
2011.1.10 05:04
サンスポで宇崎さんのコンサートに出られた豊さんの記事が載っていました。
http://www.sanspo.com/geino/news/110110/gnj1101100506008-n1.htm
5月に東名阪で初のジョイントライブツアーを開催されるらしい。
5月18日の名古屋・クラブダイヤモンドホールを皮切りに3都市6公演で開催。
って、なぁあぬぅうう~?!生で見たーい、見たーい見たーい!!!

拍手[1回]


徹子の部屋 2011/01/06

てっきり捜一+米沢さんのみかと思って見ていたら
ちまっとだけ出ていた豊さん@チーム特命係。
なので、ざっくりと書いてみる。

前の番組終わり、大人気相棒のみなさんですという徹子の言葉とともに
椅子に腰かけている捜一+米沢の格好をした4人が映し出される。
ただただ、違和感!
ここで芹ちゃんだけカメラに手を振り振りして、すぐCMへ。
CMあけ、米沢さんが現場の指紋を取っている所へ徹子登場。
コントから始まる徹子の部屋vs相棒。
今回はどうなる事やらと見守っていると
続いて捜一登場。
『あんた、黒柳さん?』の伊丹んの問に
徹子「いや私は犯人じゃないんですけど」
はい、もう会話がかみ合わない。
先行き心配なスタートを切る。
そして、芹沢@崇史。
声を大きく舞台使用な感じで
「私たちがいれば何の心配もいりません」
手を広げてアピールし、先輩2人から突っ込まれる。
こちらもコントコント~。が、この一連の流に徹子さん
一切笑わない。
はい、更に先行き不安なスタート決定!
コントも終わり、どうします?となった所で
芹沢@崇史君、笑いながら再び前に出て手を広げる。
予定にない行動に、伊丹ん@川原さんも笑って頭をはたく。
楽しそうなのと、この行動に何とかなりそうな気がした
オープニングであった。

以下さらにざっくり。
CMあけ、座っている面々。
徹子さん側から、米沢さん、三浦さん、伊丹、芹沢。
それぞれの役の格好でそれぞれの役として出演されているので
テロップも役名で表記。順番に紹介されていく。
警視庁 刑事部 鑑識課 米沢守
↑2009年に登場した時のギター持った写真が出る。
警視庁 刑事部 捜査一課 三浦信輔
↑叩き上げの刑事、最年長、上司とみんなの間を取り持つ役。
警視庁 刑事部 捜査一課 伊丹憲一 
↑元気のいい方と紹介される。元気のいいかた・・・(笑)
↑更に、相棒のファンからイタミンと呼ばれていると紹介される。
↑これ何の羞恥プレイ。伊丹@川原さんにとっては厄介日だな。
↑隣で笑っている芹沢@崇史くんが世の意見か。
警視庁 刑事部 捜査一課 芹沢慶二
↑この中で一番若い。島根県の出身、興奮すると島根弁が出る。
↑はい、島根出身ですと答える時の声が超低音。なぜ作っている(笑)
↑興奮すると島根弁という話に、非常に興奮したのがまだ一度しかないと解答の芹沢くん。
↑確かにそうだった(笑)
↑崇史くんが喋る時にじっと見て、一瞬口元を緩めた感じの川原さん。仲良いのかね~。
紹介終わり、相棒の話へ。
・徹子、大事件は?という質問に劇場版の籠城事件の話を語ろうとする米沢さん。
↑が、それは後でとガッツリ否定の徹子…えぇえええ~~~~っ。
↑徹子は、段取りを乱されるのがお嫌いらしい。
↑六角さん@米沢さん撃沈。
・普段の捜査での大事件。
↑犯人の潜伏先へ行こうとしたら爆破して、破片が伊丹の顔のすぐ横をすぎて行った。
↑危なすぎる。ってかこれが普段の事件ってククリはどうなの。
・犯人を追いかけて走っている時に靴が脱げた話。@セリちゃん。懐かしすぎる。
・それでも犯人を捕まえたというセリちゃんに徹子「痛かったでしょう?」
↑そこか。そこなのか。
・どういう時がやったぞという時なのか。
↑なかなかやったぞはない。最近ない、全部特命係がやったぞby伊丹&三浦(笑)
・特命係に関してはいい感情を持っていない?
↑最近は彼らの言う事もあたってるな、という事で・・・by三浦
・特命係の2人の性格は?
↑杉下右京警部は人を見すかしたような目をしますねby伊丹
↑我々が喋っている時、我々の目を見ませんby伊丹
↑かなり嫌な人だな。
・手をあげて、答える芹沢くん。
↑及川警部補がですね・・・といきなり間違え、神戸警部補と伊丹に訂正される芹沢くん。
↑間違えてまで言った事が、神戸警部補がスキンシップが激しいと。
↑「僕の事好きなんじゃないかな」って・・・。
↑続きがあると待ち受けてたからか誰も突っ込まず微妙な空気になり
↑「そんな具合の話です」と終わらせる芹沢くん。場内シーン…
↑誰も、広げてくれない。
・笑いの耐えられないらしい、伊丹@川原さん。デコを手で押さえ顔を隠しながら肩を震わせる。
・その隣で笑うセリちゃん@崇史くん。いい光景。

・特命係の話をしていると、後で何やら怪しい人影が!?
・きたーきたー!特命係だー!!
・ここで、嫌な顔をする川原さん、伊丹だ!スイッチオン!!
・及川警部補と間違えた事を告げ口する徹子さん。何をw
・それに対して苦笑いの芹沢@崇史くんと、普通に笑ってる三浦@大谷さん、川原さん。
・皆、ごちゃごちゃやってる中で、右京さん@豊さんが
↑「やはり皆さんの声でしたか」と一言。これは事前に決めていたセリフか。
・さっきの神戸が芹沢にちょっかい出す事について審議。
・こうやってちょっかい出すと実践してみせるミッチー@神戸。
・そういえば伊丹もよくやってるよなぁ。前はもっとやってたけど。
・いじりたくなるキャラなんだろうな。
・他の人が全員、人生の先輩だからちょっとからかえるかなという…
↑やっぱりからかわれてるんだ。一番年下の辛い所ですなw
・好きなんじゃないかなって思ってるという所は全否定。
・伊丹が右京は自分達を見下しているという伊丹の意見をまた告げ口する徹子さん。
↑これに偉そうな態度をしながら伊丹
↑『あくまでも杉下警部の話ですからね!』と豊さんに言ったんじゃないよと必死アピール!?
↑可愛い・・・可愛すぎるw
・右京曰く、普通に見ているつもり、本人の被害者意識との事。
↑目線について、胸元を見ているのはあっていると。
・目を見ると伊丹は困るだろうと思って…相手を気遣っていると。
・川原さん、これに笑い。隣で大谷さんも笑い(笑)
・気遣われてるのか~。ってか伊丹って呼び捨てする右京さんが新鮮すぎる。
・「捜査一課に限界がある」発言の右京さん。
↑はっきり言い過ぎである。
・ここで立ち上がるは伊丹一人。隣で笑ってるセリちゃん。
↑おーい、頑張ろうぜ、捜一!
・米沢さんの情報は大変役に立つ。
・米沢さんがいなければ解決できないコトが沢山ある
・との右京さんの言葉に米沢さん『こう見えても結構、有能な人でして』と自画自賛!
・嫌味ったらしく見えないから不思議だな。
・事件について調べている途中という事で帰る右京さん。
・皆さんは結構ですと捜一はいいと発言の右京さん。
・どうせ事件解決するのは…って厳しい、ズバッといいすぎる(笑)
・皆さんに励ましの言葉を一言の徹子の声に右京さん
・「あの、いいですか?分かってますね?」
↑異様にピリっとした一言に聞こえる。怖いよ怖いよ怖いよ。
・この感じに、普段より緊張されているんじゃ?と神戸@ミッチーの気遣いが(笑)
・徹子さんとハグをして帰る右京さん。
・立ち上がる捜一の面々。何か言うのかなーと思ったら何もなし。
・ん?と思ってたら右京さん『何か言いたい事があるんですか!?』と。
↑よくぞ突っ込んでくれた。
・でも、伊丹「ありませんっ!」と。これも伊丹らしいな~(笑)
・どこから帰って行くか、迷って、結局玄関から帰って行く特命係のお二人。
・出番終わり。短いけどいいサプライズ。

劇場版のVTRへ。
・役名から、普通に戻る面々。
・六角さん、大谷さん、川原さん、山中さん、と紹介される。
・ここで笑顔で話を始める川原さんに「普段は怖くないんですね」と徹子さん。
・全然怖くないと他の面々。伊丹の時では見られないいい笑顔だ~
・大谷さん、2年前に結婚されたらしい。マジでかっ。おめでとうございます!
・劇団の若い方と結婚されたらしい。
・ここから六角さんの3回結婚して失敗した話をさらりと復習する徹子さん。
↑酷過ぎるサラリな具合に笑っちゃう川原さん。そりゃそうだ。
・川原さんは独身、ってのに、おーーーそうですか、と徹子さん。何だその長さは。
・山中さんはガールフレンドがいる。
・徹子の部屋に出るといったら、手を叩いてよくやった!と言われ
・次はピンだな・・・と言われたらしい。
↑かなりのプレッシャーをかける彼女さんだな(笑)強い強い(笑)
・そんな崇史くんが徹子の部屋で言い残したい事があると一言。
「ぜひ、川原さんに彼女を!」彼女を勝手に一般応募。
・めちゃアップになる崇史くんと、それを見る川原さん。
・川原さんが一人なので迷惑を被っているらしい皆さん(笑)
・寂しそう。家でずっとお酒を飲んでテレビを見ている。
・一人焼き肉は一回やっただけ。大晦日も一人でカニを食べているとか。
↑ガンガンつっこんでいくな、崇史くんは。
↑言われて笑う川原さん。何も言い返せないだけなのか。
・大谷さん演出の舞台に出てから、つながりのある六角さんと大谷さん。
・六角さんの所属している劇団に崇史くんもいる。
・川原さんは六角さんと近い世代の劇団なので、ある時期一緒に稽古していたりした。
・相棒の前からどこかでつながりがあった。
・イイ意味でも悪い意味でもコミュニケーションは取れている。
・悪い意味が気になるby川原@確かに
・同じマンションの上下に住んでいた事のある川原さんと六角さん。
・一回目の結婚が終わった後…ってそんな時系列で話すか(笑)
↑一人で住んでいる時に、偶然、川原さんが引っ越してこられたらしい。
・ちょうど相棒が始まった頃だった。
・川原さんが3階で六角さんが2階で。
・部屋を出て、川原さんがいたのでつけていったら同じ現場にたどり着いた六角さん。
↑もう一緒に行けよ(笑)途中で話しかけろよ(笑)
・六角さんが、どこに住んでいるの?と聞いても、答えてくれなかったらしい川原さん。
・同じマンションに六角さんがいる事を知って、うーわ、と思ったらしい川原さん。
↑まぁ、微妙な距離感の人間が近くにいるとそんな反応になるわな。
・まだそんなに親しくはなかったから。得体も知らないし。by川原さん
↑得体がしれない(笑)
・川原さんも彼女とわかれ、六角さんも奥さんと別れた後で二人とも静かだった。
・静かになりに引っ越して来たと川原さん。寂しすぎる。
・上に住んでるよね?って言ったらやっと白状してくれた川原さん。
・でも、その後一緒にご飯いったりしたこともなかったと。
↑どんだけコミュニケーションとるのが嫌だったんだ(笑)
・最近は帰りの方向が一緒な事もあってご飯を食べに行く事もあるらしい
・心を開いていなかった川原さんw
・大谷さんは、相棒の始まった当初からお付き合いされていた方との結婚だった模様。
・旦那としても通るからちゃんとしなきゃいけないなと結婚されたとか。
・崇史くんにも結婚の話をズバッとききすぎる徹子。動揺する崇史。
↑全てはタイミングですかのぅ。
・驚くほど凄くシャイな人。by大谷→川原
・車の免許を持ってない六角さん。崇史くんに温泉に連れて行って貰う。
↑こんな所で免許とったのが役にたってるのか(笑)
↑同じ鉄っちゃんでもあるんだっけ。
↑よく知る仲なので、これからの事、相棒の事などを話し合ったりしているらしい。
↑真面目だ。
・大谷さんは、奥さんと箱根に何度か行った事があるらしい。奥さんも温泉好き。
↑でも奥さんには、お酒飲んだりして帰ったら怒られる。毎日こっぴどく怒られるby大谷
↑冗談半分でも、ってしょぱな尻にしかれてるのを想像すると面白い。
・六角さんが店で飲んでいたら、隣の隣のお店@洋服屋で強盗が入った事があった。
↑刑事さん、鑑識の方もいるからと、本物の現場を観察しに行った六角さん。
↑が、邪魔だからどいてくれと言われた@ただの野次馬六角。
↑これが先月くらいの話。六角さん、いろんな所で撃沈している模様。
・鑑識車があったので見てみたら鑑識犬がいてその犬にも吠えられた。
・最終的には川原さんの彼女を募集する番組になった徹子の部屋。

放送日:2011/01/06 テレビ朝日系列
記録日:2011/02/14

拍手[0回]


キングコングのあるコトないコト「相棒」

ペナルティ、ヒデさんのリクエストで、テーマが「相棒」
ざっくりある事ない事を並べてみる。

■杉下右京のモデルはハリセンボン春菜の父親?
@天津・向情報
×解答者・松本基弘:ないコト
↑これは前にどっかのバラエティで言ってたなぁ。
↑右京はオリジナルでモデルはいない。
↑ハリセンボン春菜のお父さんは警視庁に勤務している。

この日の出演者はメインのキンコンに相棒好きのペナルティ・ヒデ。
相棒にもご出演されたココリコ遠藤、そして天津の向清太朗。
一人場違いなような天津の向くん。
呼ばれた理由は米沢さんに似ているかららしい。
確かに、彼の後にある米沢さんの写真パネルと比べると
似ている事を否定しようがない。

■水谷豊さんは撮影期間中毎日、スタッフ全員と握手をして挨拶するらしい
@ペナルティ・ヒデ。
▼解答者・松本基弘:あるコト。
一体感を出すためにやっているらしい。

■右京がよく使う「最後にあと一つだけ」というセリフは豊さんのアドリブらしい。
豊さんがセリフを飛ばしちゃった後、思いだした時に付けくわえて言った所から出来た。
@ココリコ・遠藤
×解答者・松本基弘:ないコト。

■ミッチーが相棒に加わる時に、相棒になるからという意味でAIBOをプレゼントしたらしい。
@キングコング・梶原
×解答者・松本基弘:ないコト。

■水谷豊さんは方向音痴らしい。
@ヒデ
▼解答者・松本基弘:あるコト
↑今更…
↑自宅で迷うコトもあるそうで、長年使用している楽屋への道も迷ったりするらしい。
↑本当に方向感覚を失ってしまうコトがあるようで、昨日ねぇ自宅で迷ったんだよ、んんっ
↑と、言っているのを聞いたことがあるらしい。
↑モノマネしながら答える六角さんだがモノマネ微妙!(笑)

■毎週脚本家が違う。
@キングコング・西野
▼解答者・松本基弘:あるコト。
↑観客がざわざわしてたけど、今更すぎる。
↑シーズン8では10人の脚本家を使用した。
↑これでキャラを統一出来ていればもっと文句ないのにな。
↑この辺りはPのお仕事なんですかな?一本筋は通して貰わないと。

■相棒に出てきた凄い殺害方法。便器にはまって餓死。
@向
▼解答者・松本基弘:あるコト(5-13)
↑相棒見てれば分かる話で情報でも何でもないような…。

■相棒では会議の段階では黄金刑事(ゴールデンコップス)というタイトルにほぼ決まりかけていた。
@遠藤
▼解答者・松本基弘:あるコト。
↑会議で提案されていたがカッコよくない為、その後みんなで行った中華料理屋で
↑なにげなく出た相棒に決定した
↑六角さんもうっすらと聞いたことがあるらしい。
↑ここで六角さんが凄い安定感があるとヒデさんに褒められる。
↑確かに何か落ち着く光景。

■相棒のタイトルはもっと長かった。「相棒 警視庁ふたりだけの特命係」
@向

↑他の面々も知っていた。調べる必要なし。
↑で、本気で答え合わせの時に出て来なかった。

■六角さんは、すごく寂しがり屋で夜になると友人に電話をしまくるらしい。
友人がなんとかしなくてはと、曜日別に電話に出る人のシフト表を渡したらしい。
@向
▲解答者・六角さんの担当マネージャー、舞プロモーション ヒロタさん
↑解答を読み上げている時に、読みあげている女性の後からぬぅっと六角さん登場。
↑ネットでウラドリをしている人と同じジャンバー衣裳を着ている六角さん。
↑ジャンバーを脱ぐと鑑識の衣裳。
↑答えはサンカク。つねに誰かを呼びつけているわけではないと本人否定。
↓下参照:六角さんに対して出したあるコトないコトなコメントを謝罪する面々。

■六角さんはモテる。結婚3回した。最後の結婚した人は20歳年下。
@遠藤
▼解答者・六角さんの担当マネージャー…と言いかけ、本人から答え発表「まるでございます」と、あるコト。
↑本人登場前、~らしいと語っている所でモテる話から六角フィンガーがあるとか
↑六角返しがあるとか言い出す面々。後に全員で謝罪。
↑僕はあなたの味方だよという所から、色々相談をもちかけていただいたりして
↑少しずつ自分のコトを出していくという感じですね
↑奥さんは出て行ったコトもあり、そのダメージは非常に辛いコトがありまして…
↑とここで遠藤さん画面いっぱいにアップでうつる。

■六角さんはご自身で仕掛けたネズミ捕りにひかかって靴下をダメにした
@ヒデ
▼解答者・六角さん:あるコト
↑階段の踊り場に仕掛けておいたが、酔っぱらって毎回そこんところを踏むらしい。

■結果発表
@「相棒」あるコト率、6割6分7厘
▼あるコト8個、×ないコト3個、▲サンカク1個。

スタジオに六角さん。向さんと対面。
一度お会いしたくって、凄く良く似てるっていつも言われていると挨拶される六角さん。
モテる話については、モテるとは思ってない。30前までは全くなかった、と。
興味津津でこっから未来があるんですか?!・・・未来のオレと喋っている気分と向くん。
2人並んでいる姿が面白い光景でした。
六角さんが、相棒ー劇場版Ⅱーの紹介をして、VTRが流れ、出番終了。
ラストは今日のあるコトを振り返り番組終了。

放送日:2010/12/27 メーテレで放送されたものが遅れて放送。
記録日:2010/12/28

拍手[1回]


相棒、劇場版Ⅱ 舞台挨拶 梅田ブルク7、1回目!

直前まで風邪でぜぇぜぇ言っていたのが嘘のようにピタッと止まり。
気合いってすげぇっていうのと、サンタはいるなと思いながら
見に行ってきました!大阪、梅田ブルク7での舞台挨拶!!
その節はコメントありがとうございました。無事行く事が出来ました。

登壇されたのは水谷豊さんと及川光博さん。
姿はもちろん杉下右京姿と神戸尊の衣裳です。
映画が始まる前の舞台挨拶ですのでもちろんネタばれなし。
探り探りに話されている様子が見られました。
まとめてたのに載せるの遅れちゃった。
ざっくりと書いたんですけれども、間違ってたらすいません。

劇場に入ると相棒のBGMが流れていて気分を高揚させる。
座席につくと何やら一枚の画用紙が。
他を見渡すと、白やら緑やらと色々な色を持っている。
何ぞや?と思っていると、司会者の方が出て来られて
この画用紙をフォトセッション中のバックに使いたいので
せぇのといったらみんなであげてくださいと。
せぇのという掛け声と共にあげてみると、司会者の方から
わぁ~すごぉおいの言葉。
あげている側からすると何が出来ているのかさっぱり分からず
何ぞや?状態に。話を聞いていると
どうやら、クリスマスツリーが綺麗に出来あがっているらしい。
まぁ、ナットクされたならそれでいいのか・・・。
と思いつつ、豊さんとミッチャンにはサプライズでやりたいので
フォトセッションまで紙を隠しておいてくれといわれ足元へ。
準備が整った所で、豊さん、ミッチーが紹介され登場。
手をあげ出て来るミッチーとその後に続いて出て来られる豊さん。
相棒の格好だからか相棒の映画だからか、客からかけられる言葉は
右京さーんの声。盛り上がってました!
そして右京さん姿の豊さんからまずご挨拶。
一呼吸おいて、サンキューな豊さん。
会場から拍手がわきあがり、一言でこれだけ拍手が貰えるなんていいですねとミッチー。
確かに(笑)
きっと誰よりもこの言葉で拍手を貰ってきているよな(笑)
続いて
『本日はようこそ、梅田ブルクへ』
『警視庁 特命係 係長 警部 杉下右京です』
と何故か細かすぎる自己紹介をし
『ようこそ相棒ワールドへ』と締めくくる。
ここで、水谷豊という名前を言わなかったため
ミッチーが、今、杉下右京で挨拶しましたよね?と確認をとり
相棒のファンの方に拍手をされるという事は
そうない経験なので、ありがたく感じていると話した後
警視庁~元警視と役職名を名乗って『神戸尊です』と挨拶。
それを聞いて豊さん、気づいたのか、そういう事ですかといい
もう一度やらせてほしいと、初めっから挨拶をやりなおし。
杉下右京の役をやっていますと名乗りなおし、客席から拍手を貰う(笑)
その拍手の中、ミッチーは及川光博ですと挨拶。
ミッチーに向かって、誰がやってるんだって思われるかもしれないと。
挨拶はきっちりしておこう発言。今更である(笑)

Q.現在の心境は?
『テレビのシリーズから劇場版が出来るというのは一つの夢』
『感無量です』と豊さん。
「これから多くの人が見るんだなと思うとドキドキする」とミッチー。

Q.初めて相棒の劇場版Ⅱを見た時の感想は?
音楽の凄さに感動した様子のミッチー。
編集した映像を流しながらオーケストラ演奏している今回の音楽。
音楽人としては、やはりそこか。そこなのか。
Q.撮影中も手ごたえを感じていた?
「悔いは残したくなかった」「精いっぱい出来る事をやった」とミッチー。

続いて、豊さん。
映画の内容については、喋りたい事がいっぱいあるけれど
見る前なので、詳しく話せないと。
これが映画前の舞台挨拶の残念なところだ。
ちょっともったいない・・・。
でも、だからミッチーと一緒に『楽しく過ごそうと話していた』と豊さん。
楽しく過ごす(笑)
この様子が見られて逆にラッキーなのか?

Q.シーズン8から~それぞれのキャラの成長度合いについて。
成長ですか?と考え込む豊さんに会場笑い。
はい!と手をあげてこたえるミッチー。
どうぞといった風にゆずる豊さん。
シーズン8がおわって、エネルギーもある中、のびのびと出来たと。
人間的な側面を出していける神戸を応援してほしいとミッチー。
この後、司会者の人が話を続けようとするのだが
豊さん、いつもマイクを腰より下げて持っているか
後手に持っているかをしているので、ミッチーが喋っている所で
豊さんに~なんですよね、と話てから口へマイクを持っていき
話すまでのタイミングが遅く結局、口を開いてみるが
何も話せずみっちーの話が進んでしまうというシーンがいくつかあり
見かねたミッチーからダメだしをされる豊さん。
マイクは口の近くに持ちましょうよと
だから話したいことを話しそびれるんですよと。
納得したようにマイクを口のところで構える豊さん。
でも暫くすると、また元に戻り、話すタイミングを逃して
だから・・・とミッチーにまた忠告される。
笑いながら、この辺でねと再度、構え直す豊さん。
注意されてる時って、豊さんってばすこぶる可愛い。
素直に言われた事をやってみるからなんだろうか。

相棒の人気の秘訣は?
という問をだし次へ行こうとする司会者の方に
まだ成長の事について語ってないと豊さん。
テンポが遅くて申し訳ない(笑)
結局、成長について語ろうとするが・・・
『いろいろな事件を解決した。けれど出世してない』
『だたそれだけです。事件を解決しただけ』と語る豊さん。
それって成長って言わないですよ!と思っていると
右京には、人間的な成長があると、フォローするミッチー。
それに対して、右京になりきって褒める豊さん。
いきなりプチコント突入した!やはり切り替えが凄い。

Q.相棒の人気の秘訣は?
気を取り直しての質問にミッチーは
「レギュラーのキャラの人間ドラマ、ミステリー、サスペンス」など
色々な楽しみ方が出来る所だと語るミッチー。
一方豊さんは
『相棒は何度見ても飽きないという声が多くて』
『僕も何度出ても飽きない』と。
出てて飽きるドラマってあるのか!?怖いなー、それ。
『作品がよく出来ている』『複雑』な話もある。と相棒の魅力を語られる豊さん。
今後もいい本に出会えると嬉しいな~。

フォトセッション
ここで、皆さん準備はいいですか?という司会者の言葉と共に
練習した紙をあげるというのをお二人を前にやってみせる。
出来あがったツリーを見て
ミッチーぽつりと「盆栽?」ボケた~?!(笑)
こちらには見えないが盆栽にも見えるツリーが
出来あがっているらしい(笑)
フォトセッションでは客席をバックに写真をとるため
お客さんにお尻を見せる事になるとミッチー。
これもサービス?といいながらカメラに向かうのだが
こちら、フォトセッション中は紙をあげてくれと言われているので
ほぼ見えない・・・・(涙)
写真撮影が行われている様子も見たかったよ・・・。

最後に映画を楽しんでとメッセージを残され
これにて舞台挨拶終了。
去って行く時も手をふって帰られていき、最後まで素敵な豊さん。
ちょくちょく注意されたり、司会の方のズレた返答だったりに
いつもの笑いをされる豊さんも見られて大満足。
杉下右京、水谷豊が入れ替わり立ち替わり~!な感じで楽しかった。

舞台挨拶:2010/12/25 梅田ブルク7(大阪)
記録@登録日:2011/02/04

拍手[3回]