忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

相棒、劇場版Ⅱ 舞台挨拶 梅田ブルク7、1回目!

直前まで風邪でぜぇぜぇ言っていたのが嘘のようにピタッと止まり。
気合いってすげぇっていうのと、サンタはいるなと思いながら
見に行ってきました!大阪、梅田ブルク7での舞台挨拶!!
その節はコメントありがとうございました。無事行く事が出来ました。

登壇されたのは水谷豊さんと及川光博さん。
姿はもちろん杉下右京姿と神戸尊の衣裳です。
映画が始まる前の舞台挨拶ですのでもちろんネタばれなし。
探り探りに話されている様子が見られました。
まとめてたのに載せるの遅れちゃった。
ざっくりと書いたんですけれども、間違ってたらすいません。

劇場に入ると相棒のBGMが流れていて気分を高揚させる。
座席につくと何やら一枚の画用紙が。
他を見渡すと、白やら緑やらと色々な色を持っている。
何ぞや?と思っていると、司会者の方が出て来られて
この画用紙をフォトセッション中のバックに使いたいので
せぇのといったらみんなであげてくださいと。
せぇのという掛け声と共にあげてみると、司会者の方から
わぁ~すごぉおいの言葉。
あげている側からすると何が出来ているのかさっぱり分からず
何ぞや?状態に。話を聞いていると
どうやら、クリスマスツリーが綺麗に出来あがっているらしい。
まぁ、ナットクされたならそれでいいのか・・・。
と思いつつ、豊さんとミッチャンにはサプライズでやりたいので
フォトセッションまで紙を隠しておいてくれといわれ足元へ。
準備が整った所で、豊さん、ミッチーが紹介され登場。
手をあげ出て来るミッチーとその後に続いて出て来られる豊さん。
相棒の格好だからか相棒の映画だからか、客からかけられる言葉は
右京さーんの声。盛り上がってました!
そして右京さん姿の豊さんからまずご挨拶。
一呼吸おいて、サンキューな豊さん。
会場から拍手がわきあがり、一言でこれだけ拍手が貰えるなんていいですねとミッチー。
確かに(笑)
きっと誰よりもこの言葉で拍手を貰ってきているよな(笑)
続いて
『本日はようこそ、梅田ブルクへ』
『警視庁 特命係 係長 警部 杉下右京です』
と何故か細かすぎる自己紹介をし
『ようこそ相棒ワールドへ』と締めくくる。
ここで、水谷豊という名前を言わなかったため
ミッチーが、今、杉下右京で挨拶しましたよね?と確認をとり
相棒のファンの方に拍手をされるという事は
そうない経験なので、ありがたく感じていると話した後
警視庁~元警視と役職名を名乗って『神戸尊です』と挨拶。
それを聞いて豊さん、気づいたのか、そういう事ですかといい
もう一度やらせてほしいと、初めっから挨拶をやりなおし。
杉下右京の役をやっていますと名乗りなおし、客席から拍手を貰う(笑)
その拍手の中、ミッチーは及川光博ですと挨拶。
ミッチーに向かって、誰がやってるんだって思われるかもしれないと。
挨拶はきっちりしておこう発言。今更である(笑)

Q.現在の心境は?
『テレビのシリーズから劇場版が出来るというのは一つの夢』
『感無量です』と豊さん。
「これから多くの人が見るんだなと思うとドキドキする」とミッチー。

Q.初めて相棒の劇場版Ⅱを見た時の感想は?
音楽の凄さに感動した様子のミッチー。
編集した映像を流しながらオーケストラ演奏している今回の音楽。
音楽人としては、やはりそこか。そこなのか。
Q.撮影中も手ごたえを感じていた?
「悔いは残したくなかった」「精いっぱい出来る事をやった」とミッチー。

続いて、豊さん。
映画の内容については、喋りたい事がいっぱいあるけれど
見る前なので、詳しく話せないと。
これが映画前の舞台挨拶の残念なところだ。
ちょっともったいない・・・。
でも、だからミッチーと一緒に『楽しく過ごそうと話していた』と豊さん。
楽しく過ごす(笑)
この様子が見られて逆にラッキーなのか?

Q.シーズン8から~それぞれのキャラの成長度合いについて。
成長ですか?と考え込む豊さんに会場笑い。
はい!と手をあげてこたえるミッチー。
どうぞといった風にゆずる豊さん。
シーズン8がおわって、エネルギーもある中、のびのびと出来たと。
人間的な側面を出していける神戸を応援してほしいとミッチー。
この後、司会者の人が話を続けようとするのだが
豊さん、いつもマイクを腰より下げて持っているか
後手に持っているかをしているので、ミッチーが喋っている所で
豊さんに~なんですよね、と話てから口へマイクを持っていき
話すまでのタイミングが遅く結局、口を開いてみるが
何も話せずみっちーの話が進んでしまうというシーンがいくつかあり
見かねたミッチーからダメだしをされる豊さん。
マイクは口の近くに持ちましょうよと
だから話したいことを話しそびれるんですよと。
納得したようにマイクを口のところで構える豊さん。
でも暫くすると、また元に戻り、話すタイミングを逃して
だから・・・とミッチーにまた忠告される。
笑いながら、この辺でねと再度、構え直す豊さん。
注意されてる時って、豊さんってばすこぶる可愛い。
素直に言われた事をやってみるからなんだろうか。

相棒の人気の秘訣は?
という問をだし次へ行こうとする司会者の方に
まだ成長の事について語ってないと豊さん。
テンポが遅くて申し訳ない(笑)
結局、成長について語ろうとするが・・・
『いろいろな事件を解決した。けれど出世してない』
『だたそれだけです。事件を解決しただけ』と語る豊さん。
それって成長って言わないですよ!と思っていると
右京には、人間的な成長があると、フォローするミッチー。
それに対して、右京になりきって褒める豊さん。
いきなりプチコント突入した!やはり切り替えが凄い。

Q.相棒の人気の秘訣は?
気を取り直しての質問にミッチーは
「レギュラーのキャラの人間ドラマ、ミステリー、サスペンス」など
色々な楽しみ方が出来る所だと語るミッチー。
一方豊さんは
『相棒は何度見ても飽きないという声が多くて』
『僕も何度出ても飽きない』と。
出てて飽きるドラマってあるのか!?怖いなー、それ。
『作品がよく出来ている』『複雑』な話もある。と相棒の魅力を語られる豊さん。
今後もいい本に出会えると嬉しいな~。

フォトセッション
ここで、皆さん準備はいいですか?という司会者の言葉と共に
練習した紙をあげるというのをお二人を前にやってみせる。
出来あがったツリーを見て
ミッチーぽつりと「盆栽?」ボケた~?!(笑)
こちらには見えないが盆栽にも見えるツリーが
出来あがっているらしい(笑)
フォトセッションでは客席をバックに写真をとるため
お客さんにお尻を見せる事になるとミッチー。
これもサービス?といいながらカメラに向かうのだが
こちら、フォトセッション中は紙をあげてくれと言われているので
ほぼ見えない・・・・(涙)
写真撮影が行われている様子も見たかったよ・・・。

最後に映画を楽しんでとメッセージを残され
これにて舞台挨拶終了。
去って行く時も手をふって帰られていき、最後まで素敵な豊さん。
ちょくちょく注意されたり、司会の方のズレた返答だったりに
いつもの笑いをされる豊さんも見られて大満足。
杉下右京、水谷豊が入れ替わり立ち替わり~!な感じで楽しかった。

舞台挨拶:2010/12/25 梅田ブルク7(大阪)
記録@登録日:2011/02/04

拍手[3回]

PR