忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

徹子の部屋 2011/01/06

てっきり捜一+米沢さんのみかと思って見ていたら
ちまっとだけ出ていた豊さん@チーム特命係。
なので、ざっくりと書いてみる。

前の番組終わり、大人気相棒のみなさんですという徹子の言葉とともに
椅子に腰かけている捜一+米沢の格好をした4人が映し出される。
ただただ、違和感!
ここで芹ちゃんだけカメラに手を振り振りして、すぐCMへ。
CMあけ、米沢さんが現場の指紋を取っている所へ徹子登場。
コントから始まる徹子の部屋vs相棒。
今回はどうなる事やらと見守っていると
続いて捜一登場。
『あんた、黒柳さん?』の伊丹んの問に
徹子「いや私は犯人じゃないんですけど」
はい、もう会話がかみ合わない。
先行き心配なスタートを切る。
そして、芹沢@崇史。
声を大きく舞台使用な感じで
「私たちがいれば何の心配もいりません」
手を広げてアピールし、先輩2人から突っ込まれる。
こちらもコントコント~。が、この一連の流に徹子さん
一切笑わない。
はい、更に先行き不安なスタート決定!
コントも終わり、どうします?となった所で
芹沢@崇史君、笑いながら再び前に出て手を広げる。
予定にない行動に、伊丹ん@川原さんも笑って頭をはたく。
楽しそうなのと、この行動に何とかなりそうな気がした
オープニングであった。

以下さらにざっくり。
CMあけ、座っている面々。
徹子さん側から、米沢さん、三浦さん、伊丹、芹沢。
それぞれの役の格好でそれぞれの役として出演されているので
テロップも役名で表記。順番に紹介されていく。
警視庁 刑事部 鑑識課 米沢守
↑2009年に登場した時のギター持った写真が出る。
警視庁 刑事部 捜査一課 三浦信輔
↑叩き上げの刑事、最年長、上司とみんなの間を取り持つ役。
警視庁 刑事部 捜査一課 伊丹憲一 
↑元気のいい方と紹介される。元気のいいかた・・・(笑)
↑更に、相棒のファンからイタミンと呼ばれていると紹介される。
↑これ何の羞恥プレイ。伊丹@川原さんにとっては厄介日だな。
↑隣で笑っている芹沢@崇史くんが世の意見か。
警視庁 刑事部 捜査一課 芹沢慶二
↑この中で一番若い。島根県の出身、興奮すると島根弁が出る。
↑はい、島根出身ですと答える時の声が超低音。なぜ作っている(笑)
↑興奮すると島根弁という話に、非常に興奮したのがまだ一度しかないと解答の芹沢くん。
↑確かにそうだった(笑)
↑崇史くんが喋る時にじっと見て、一瞬口元を緩めた感じの川原さん。仲良いのかね~。
紹介終わり、相棒の話へ。
・徹子、大事件は?という質問に劇場版の籠城事件の話を語ろうとする米沢さん。
↑が、それは後でとガッツリ否定の徹子…えぇえええ~~~~っ。
↑徹子は、段取りを乱されるのがお嫌いらしい。
↑六角さん@米沢さん撃沈。
・普段の捜査での大事件。
↑犯人の潜伏先へ行こうとしたら爆破して、破片が伊丹の顔のすぐ横をすぎて行った。
↑危なすぎる。ってかこれが普段の事件ってククリはどうなの。
・犯人を追いかけて走っている時に靴が脱げた話。@セリちゃん。懐かしすぎる。
・それでも犯人を捕まえたというセリちゃんに徹子「痛かったでしょう?」
↑そこか。そこなのか。
・どういう時がやったぞという時なのか。
↑なかなかやったぞはない。最近ない、全部特命係がやったぞby伊丹&三浦(笑)
・特命係に関してはいい感情を持っていない?
↑最近は彼らの言う事もあたってるな、という事で・・・by三浦
・特命係の2人の性格は?
↑杉下右京警部は人を見すかしたような目をしますねby伊丹
↑我々が喋っている時、我々の目を見ませんby伊丹
↑かなり嫌な人だな。
・手をあげて、答える芹沢くん。
↑及川警部補がですね・・・といきなり間違え、神戸警部補と伊丹に訂正される芹沢くん。
↑間違えてまで言った事が、神戸警部補がスキンシップが激しいと。
↑「僕の事好きなんじゃないかな」って・・・。
↑続きがあると待ち受けてたからか誰も突っ込まず微妙な空気になり
↑「そんな具合の話です」と終わらせる芹沢くん。場内シーン…
↑誰も、広げてくれない。
・笑いの耐えられないらしい、伊丹@川原さん。デコを手で押さえ顔を隠しながら肩を震わせる。
・その隣で笑うセリちゃん@崇史くん。いい光景。

・特命係の話をしていると、後で何やら怪しい人影が!?
・きたーきたー!特命係だー!!
・ここで、嫌な顔をする川原さん、伊丹だ!スイッチオン!!
・及川警部補と間違えた事を告げ口する徹子さん。何をw
・それに対して苦笑いの芹沢@崇史くんと、普通に笑ってる三浦@大谷さん、川原さん。
・皆、ごちゃごちゃやってる中で、右京さん@豊さんが
↑「やはり皆さんの声でしたか」と一言。これは事前に決めていたセリフか。
・さっきの神戸が芹沢にちょっかい出す事について審議。
・こうやってちょっかい出すと実践してみせるミッチー@神戸。
・そういえば伊丹もよくやってるよなぁ。前はもっとやってたけど。
・いじりたくなるキャラなんだろうな。
・他の人が全員、人生の先輩だからちょっとからかえるかなという…
↑やっぱりからかわれてるんだ。一番年下の辛い所ですなw
・好きなんじゃないかなって思ってるという所は全否定。
・伊丹が右京は自分達を見下しているという伊丹の意見をまた告げ口する徹子さん。
↑これに偉そうな態度をしながら伊丹
↑『あくまでも杉下警部の話ですからね!』と豊さんに言ったんじゃないよと必死アピール!?
↑可愛い・・・可愛すぎるw
・右京曰く、普通に見ているつもり、本人の被害者意識との事。
↑目線について、胸元を見ているのはあっていると。
・目を見ると伊丹は困るだろうと思って…相手を気遣っていると。
・川原さん、これに笑い。隣で大谷さんも笑い(笑)
・気遣われてるのか~。ってか伊丹って呼び捨てする右京さんが新鮮すぎる。
・「捜査一課に限界がある」発言の右京さん。
↑はっきり言い過ぎである。
・ここで立ち上がるは伊丹一人。隣で笑ってるセリちゃん。
↑おーい、頑張ろうぜ、捜一!
・米沢さんの情報は大変役に立つ。
・米沢さんがいなければ解決できないコトが沢山ある
・との右京さんの言葉に米沢さん『こう見えても結構、有能な人でして』と自画自賛!
・嫌味ったらしく見えないから不思議だな。
・事件について調べている途中という事で帰る右京さん。
・皆さんは結構ですと捜一はいいと発言の右京さん。
・どうせ事件解決するのは…って厳しい、ズバッといいすぎる(笑)
・皆さんに励ましの言葉を一言の徹子の声に右京さん
・「あの、いいですか?分かってますね?」
↑異様にピリっとした一言に聞こえる。怖いよ怖いよ怖いよ。
・この感じに、普段より緊張されているんじゃ?と神戸@ミッチーの気遣いが(笑)
・徹子さんとハグをして帰る右京さん。
・立ち上がる捜一の面々。何か言うのかなーと思ったら何もなし。
・ん?と思ってたら右京さん『何か言いたい事があるんですか!?』と。
↑よくぞ突っ込んでくれた。
・でも、伊丹「ありませんっ!」と。これも伊丹らしいな~(笑)
・どこから帰って行くか、迷って、結局玄関から帰って行く特命係のお二人。
・出番終わり。短いけどいいサプライズ。

劇場版のVTRへ。
・役名から、普通に戻る面々。
・六角さん、大谷さん、川原さん、山中さん、と紹介される。
・ここで笑顔で話を始める川原さんに「普段は怖くないんですね」と徹子さん。
・全然怖くないと他の面々。伊丹の時では見られないいい笑顔だ~
・大谷さん、2年前に結婚されたらしい。マジでかっ。おめでとうございます!
・劇団の若い方と結婚されたらしい。
・ここから六角さんの3回結婚して失敗した話をさらりと復習する徹子さん。
↑酷過ぎるサラリな具合に笑っちゃう川原さん。そりゃそうだ。
・川原さんは独身、ってのに、おーーーそうですか、と徹子さん。何だその長さは。
・山中さんはガールフレンドがいる。
・徹子の部屋に出るといったら、手を叩いてよくやった!と言われ
・次はピンだな・・・と言われたらしい。
↑かなりのプレッシャーをかける彼女さんだな(笑)強い強い(笑)
・そんな崇史くんが徹子の部屋で言い残したい事があると一言。
「ぜひ、川原さんに彼女を!」彼女を勝手に一般応募。
・めちゃアップになる崇史くんと、それを見る川原さん。
・川原さんが一人なので迷惑を被っているらしい皆さん(笑)
・寂しそう。家でずっとお酒を飲んでテレビを見ている。
・一人焼き肉は一回やっただけ。大晦日も一人でカニを食べているとか。
↑ガンガンつっこんでいくな、崇史くんは。
↑言われて笑う川原さん。何も言い返せないだけなのか。
・大谷さん演出の舞台に出てから、つながりのある六角さんと大谷さん。
・六角さんの所属している劇団に崇史くんもいる。
・川原さんは六角さんと近い世代の劇団なので、ある時期一緒に稽古していたりした。
・相棒の前からどこかでつながりがあった。
・イイ意味でも悪い意味でもコミュニケーションは取れている。
・悪い意味が気になるby川原@確かに
・同じマンションの上下に住んでいた事のある川原さんと六角さん。
・一回目の結婚が終わった後…ってそんな時系列で話すか(笑)
↑一人で住んでいる時に、偶然、川原さんが引っ越してこられたらしい。
・ちょうど相棒が始まった頃だった。
・川原さんが3階で六角さんが2階で。
・部屋を出て、川原さんがいたのでつけていったら同じ現場にたどり着いた六角さん。
↑もう一緒に行けよ(笑)途中で話しかけろよ(笑)
・六角さんが、どこに住んでいるの?と聞いても、答えてくれなかったらしい川原さん。
・同じマンションに六角さんがいる事を知って、うーわ、と思ったらしい川原さん。
↑まぁ、微妙な距離感の人間が近くにいるとそんな反応になるわな。
・まだそんなに親しくはなかったから。得体も知らないし。by川原さん
↑得体がしれない(笑)
・川原さんも彼女とわかれ、六角さんも奥さんと別れた後で二人とも静かだった。
・静かになりに引っ越して来たと川原さん。寂しすぎる。
・上に住んでるよね?って言ったらやっと白状してくれた川原さん。
・でも、その後一緒にご飯いったりしたこともなかったと。
↑どんだけコミュニケーションとるのが嫌だったんだ(笑)
・最近は帰りの方向が一緒な事もあってご飯を食べに行く事もあるらしい
・心を開いていなかった川原さんw
・大谷さんは、相棒の始まった当初からお付き合いされていた方との結婚だった模様。
・旦那としても通るからちゃんとしなきゃいけないなと結婚されたとか。
・崇史くんにも結婚の話をズバッとききすぎる徹子。動揺する崇史。
↑全てはタイミングですかのぅ。
・驚くほど凄くシャイな人。by大谷→川原
・車の免許を持ってない六角さん。崇史くんに温泉に連れて行って貰う。
↑こんな所で免許とったのが役にたってるのか(笑)
↑同じ鉄っちゃんでもあるんだっけ。
↑よく知る仲なので、これからの事、相棒の事などを話し合ったりしているらしい。
↑真面目だ。
・大谷さんは、奥さんと箱根に何度か行った事があるらしい。奥さんも温泉好き。
↑でも奥さんには、お酒飲んだりして帰ったら怒られる。毎日こっぴどく怒られるby大谷
↑冗談半分でも、ってしょぱな尻にしかれてるのを想像すると面白い。
・六角さんが店で飲んでいたら、隣の隣のお店@洋服屋で強盗が入った事があった。
↑刑事さん、鑑識の方もいるからと、本物の現場を観察しに行った六角さん。
↑が、邪魔だからどいてくれと言われた@ただの野次馬六角。
↑これが先月くらいの話。六角さん、いろんな所で撃沈している模様。
・鑑識車があったので見てみたら鑑識犬がいてその犬にも吠えられた。
・最終的には川原さんの彼女を募集する番組になった徹子の部屋。

放送日:2011/01/06 テレビ朝日系列
記録日:2011/02/14

拍手[0回]

PR