忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

スーパーモーニング 2010.12.22

東京・六本木ヒルズumuで行われている相棒展に来た上宮菜々子アナ。
右京さんの使っているマウスパッドがロゼッタストーン!とか
紅茶カップだとか、特命係の右京と神戸の名前がかかっている所に
上宮アナの名前プレートが飾られていて、それをひっくり返して楽しむ上宮アナだったりが
映し出された後『何をしているのでしょう』と声が聞こえる。
『おやおや上宮さんではありませんか』
って右京さんと神戸くんの格好をした豊さんとミッチーがやってきたー!!!
っていうか右京さんと神戸くんだ。
そしてそっとミッチーをうながす豊さん。
「ここは特命係ですよ、何してるんですか」
とミッチー、いや神戸!さらりとしたこの口調に
上宮さん、引きさがるでもなく
「実はですね、看板娘が必要だと聞きまして」
何だその設定。
「お言葉ですが、そんな話聞いておりません」
とカメラ目線でミッチー
「右京さんダメでしょうか?」と食い下がる上宮さん。
これを聞いた右京さん、パサリと一言。
『そんな話、上からきてませんねぇ』
右京口調!鋭い!キレ味抜群!わーい、コントだコントだー。
どうやら、スタジオゲストの予定は前もってあったらしいが
中継にまで来られるというのは予定になかった!と上宮さん。
声高く、異常なテンションのあげかた感がありながら盛り上げる。
上宮さんがこの後もお話を!と振ると
右京さんと神戸くんにカメラがずずずいとより
『我々は必ずスタジオにたどり着いてみせます』
とカメラ目線の右京さんの一言でCMへ。
ガッツリ、進行が煉りこまれているではないか。

CMあけ、スタジオにて。
水谷さん、及川さんお願いします!という上宮アナの声のあと
映し出される豊さんとミッチー。
「お願いします」と一言さわやかミッチー。
その隣で右京モードの豊さん
『神戸くん、どうやら我々、スーパーモーニングのスタジオにたどり着きましたねぇ』
と話し、カメラ目線でニコリ。いやニヤリ?
右京モードの豊さんの横で神戸モードを解き放った
ミッチーは「はりきってどうぞ!」とテンションあげる。
再びCMが入り、劇場版のVTRが流れる。
左下、小さな枠でお二人がVTRを見ている様子が見てとれる。
ここから右京神戸モードから、いつものトークな感じに戻るお二人。
Q.シリーズ10年目、劇場版2について
今の気持ちは?→豊さん
相棒チームにとっての2つ目の夢に辿りついたという感じなんですね。
それ、いよいよ明日、はぁ、皆さんに見てもらえるのかと思うと…
と語られる豊さん。
続いて新相棒としては初の劇場版だが?とミッチーにも質問。
やはり大きなチャンスをいただいたので
大きな責任を感じながらですね、足を引っ張ることのないように
せいいっぱい演じました。
すごい優等生な意見ですね、と笑いながら豊さんにタッチするミッチー。
言い終わった後、あまりにも出来過ぎた解答になっちゃったなぁと
思ったのかな。テレですかね、いい笑顔です。

Q.ポスターのあなたの正義を問うの意味する所は?
『相棒で我々警察官ですからね、警察という組織の中で
その組織の人間として生きるのか
それとも一警察官として、つまり人として生きるのか
という所で警察官っていうのは揺れ動くんですね
そこの葛藤と、正義の持ち方も、権力の行使の仕方も全く変わって来る
その中の警察官の根底に流れているコト
つまりそれは警察官だけではなくて、人、人・・・
生きてる人たちは皆、これを何かどこかに抱えてるんじゃないかという
そんなようなコトだと思います』
と、迷いながら答えられる豊さん。すっごい難しい質問をぶっこんできたなぁ。
スムーズに語られるわけじゃないんだけど
語られている姿を見ると何というか聞き入ってしまうのが不思議な所だ。

Q.今回の劇場版でも大どんでん返しもあるのか?
これにはミッチー
「怒涛の展開ですね。言えないんですけど、衝撃のラストという・・・」
さらりと答える。

Q.酷暑の中での撮影だったが、大変ではなかったか?→ミッチー
この問にミッチー、あたりまえじゃないですかといった様子で
「大変ですよ~」とサラっと答え、笑いが起こる。
スーツ姿で酷暑、大変じゃないわけがない。
続いて語るミッチー、とそれをミッチーの方に体をむけて見ている豊さん。
「今年はホントに猛暑でねぇ、僕たちスーツを着て、犯人を追う時は走りますし・・・」
と、ここでメイキング映像が流れる。
「僕暑がりなので、本当に夏、辛かったですけれども水谷さんはねぇ
何故かねぇ、汗かかないですね」とミッチー。
これに対して豊さん。
『そう僕、ミスターサマーなんですねぇ、夏OKなんですよ。』
『(みっちゃんを見ていると)可愛そうでした』とのコト。
初めて聞いたよ、そのネーミング(笑)ミスターサマー。そしてゾーン。
今年の豊さん周りも流行語がいっぱいだ。
Q.実際は及川さん、ダラダラかきながら(撮影)なんですか?
これは即座に否定。。
「いや、そこはねプロですから、心頭滅却してっ!」と
意気込みながら解答。
気合いで?!と笑いながら問い返す小木アナに
笑顔に戻るミッチー
「かいてましたけどね、全然滅却できてない」と。
神戸はクールなイメージだと赤江さん。
でも歌ってる時のミッチーのイメージは汗ダラダラだよな~。
何で豊さんはかかないんだろう。謎な人だ・・・。

個人的な質問!?といきなり鳥越さん、乗り出し
『よくご覧になって分かると思いますけどドラマの中でも今でもそうですけど
及川さんは、(シャツの)ボタン二つはずしなんですよ』とポツリ。
いきなり何かと思えば
自分もシャツのボタンは2つだからか、言いたかった模様。
ファンか(笑)
この言葉に、ミッチー、鳥越さんに笑顔で握手をしに行く。
戻って来てミッチー、はずしている理由は
「相棒の中ではお色気担当なんで」と答え、即座に「嘘です」否定。
何故、無駄な嘘をついた。
今日気づいたからと、すいません個人的なコトでと謝られる鳥越さん。
あぁ~いい自由時間(笑)

Q.二人で一緒に食事に行ったりしたコトは?
ロケで仙台に何泊かした時に一緒に行ったというミッチー。
頷く豊さんの横でさらに
「お刺身、トンカツ、牛タン、牛タンでした」
と答えるミッチー。
この記憶力に驚いたのか『よく覚えてますねぇ』と笑いながら答える豊さん。
そしてその横で笑うミッチー。何だか楽しそうである。

視聴者の方にメッセージを
と言われ、豊さんとミッチー二人にカメラが向く。
豊さん『相棒劇場版2、いよいよ明日公開です。
相棒は見る人を裏切りません。ぜひ、DVDになる前に劇場で。』
とカメラ目線語る。ミッチーもカメラ目線で頷き
決まった!と思ったら赤江さん一言
「右京さんはやっぱり、そんなに笑い上戸ではない・・・」
と一言。
なぜそこで崩した。そんな事を言うもんだから豊さん
ふっと笑いのスイッチが入り
『いや、笑う時は笑うんですけど・・・』
と言い終わらないうちにあっはっはっはと笑いが~。
相変わらず、落差が激しすぎです。
これで、お二人の出番終わり。
ビシッと決まったままでは終わらせてくれないのか(笑)
決まったやりとりの中にも、自由なやりとりがある楽しい番組でした。

記録日:2011.01.11
放送日:2010.12.22 テレビ朝日系列 09:29~09:47

拍手[3回]

PR