忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

あんちゃん第十六回「緊急質問!キミはさすらい派か、定住派か?」

前回からの引き続き。さすらいか定住か
については個人的には、安定を求めるが、時にさすらいたい派。
とまぁ自分勝手発言をしてみるトコから今日の感想をはじめる(殴)
人間息抜きは必要、でも手放したくないものがある。
まぁ、人生に正解はないって事だ(逃)
それにしても2話続けて、おっも~い話になってたなぁ。
ラストの互いに自分の考える事をぶつけあってる所が素敵だったよ。
何がいいのかなんて答えが出てないのがいいね。提案するも
押し付けるではなく、それぞれの道を歩んだのがなんとも人生っぽい。

ぱふぅ~と布団の上にのびる山本は可愛かった。
不思議な人だな。この時確かに安らぎを感じてたはず。
宗教じみた行動は恐かったぞ。っつーか流されてた人が恐かった。
最後は一人だっていいながら結局人に頼ってるって
矛盾してねぇーかぁー!?
出て行った人間が自分勝手に行動したために
残ってる人間も自分勝手に生きようとしているような?
これってさ、破滅の始まりみたいだよねぇ。
互いのことを考え自分のことを見つめなおすのはいいけれど
伝え合うことが抜けている気がする。

山本vs一徹
いやぁ~二人の言い合いがおかしかった(笑)
対立なのにテンポがいいのなんのって。一徹が安住の地が本堂にある
って言った後の間とか、ギクシャク感とか素晴らしいなぁ。
安住はどこにあるのか!?って探しに行く必死さが何とも言えない。
子供のケンカみたい(笑)
安住は自分が関わってきたどこかにあるのが一番なのだろうけど
彼はそういう安心できるような場所を見つけたことはないのか
安心してはいけないと思っているのかなぁ。
執着したり悩んだりするのはそれが大事だと思うからだろうから
何もかも捨てられる人間なんて数少ないんじゃないかなぁ。
何かを見失ったとしても嫌になっても手にあるものほど
安らげるものはないのかも。
2人は互いに本心をぶつけあって違う考え方をしてるけれど
どこか似たようなところを持ってるよね。
互いに一緒にいたいと思って、けれど進む道は違っている。
なんだか嵐が去ってほっとしたような
けれど物悲しくも感じる不思議な終りだった。

record:2007.08.23
放送日:1983.02.12

町には本堂に寝泊りすることになった山本を先生と呼ぶ
女性たちが集まっていた。男が家出をした事で山本に話を聞いた女性が
考え方を変えたようだ。男達は次々と家に帰って来てはスッキリ顔。
家族に迷惑をかけても反省するそぶりも見せない。
しかし家や仕事場で何の支障もきたしていない事を知り
なぜ帰って来たのかとまで言われてしまい、新たに悩みを抱えていた。
そんな様子を見ていた一徹は山本の教えを違うのではと感じ山本と話をする。
いろんな所を旅するべきだという山本に安住は町中にあるという一徹。
山本は安住を探しに出かけるが見つけられず
女性達を集めて全てを捨てて自由になりなさいととくが
全てを捨てきれない女性たちは出て行ってしまった。呆然とする山本をただ見守る一徹。
そんな静けさとは対照にあたりは雷雨になり徳子たちが雨戸を閉めにやってきた。
暗くなった本堂で山本の様子がおかしくなる。山本は慌てて扉をあけ明かりを入れると
暗い場所にいると恐いのだと言い出し、その原因をゆっくりと話始めた。


キャスト
田野中一徹【水谷豊】、田野中徳子【伊藤蘭】
田野中文太【西山浩司】、川上音次【三浦洋一】
馬場一郎【岡本富士太】、林田元【寺田農】
小林伸一【ピーター】、久富桃子【太田あや子】
木又圭六【市川好郎】、杉山米夫【河西健司】
森山良江【ねもときよみ】、山田とみ子【蜷川有紀】
山本倉三【松田優作】
東吉【桑山正一】、とよ【野村昭子】
久子【伊佐山ひろ子】、たき子【川口敦子】
公平【前島尚人】、三吉【村木慎一】

わたる【大熊敏志】(子役)、夢子【長谷川奈穂】(子役)
実【小倉謙一】(子役)、雪江【星野さやか】(子役)
昇一【芨川豊英】(子役)、敏夫【塚本恭弘】(子役)
---------------------
日本児童、ヤマプロ
森山岩男【村田英雄】、田野中頼子【淡島千景】


スタッフ
【脚本】金子成人

主題歌「普通のラブ・ソング」
 作詞:松本隆
 作曲:筒美京平
  歌:水谷豊(フォーライフレコード)

挿入歌「宇佐木温泉音頭」
 作詞:松本隆
 作曲:大滝詠一
  歌:角川博

【音楽】川村栄二
---------------------
【タイトル画】湯村輝彦
【アニメーション】木下蓮三
---------------------
【監修】逸見道郎

【技術】松下滋
【カメラ】興膳幹雄
【照明】関真久
【音声】島孝之

【調整】守屋誠一
【効果】倉橋静男
【編集】伊藤信行
---------------------
【選曲】鈴木清司

【美術】伊東清
【装置】武田寛
【装飾】川合政行
【持道具】小川和男

【衣裳】花房孝治
【メイク】加藤久美子
【スタイリスト】合田瀧秀
【PR】河村良子

【演出補】太田雅晴
【TK】林満利子
【製作主任】長沢克明
---------------------
【プロデューサー補】菊池昭康

【衣裳協力】(株)VIVID、三松
【製作協力】生田スタジオ
【プロデューサー】清水欣也、永野保徳
【演出】吉野洋
【製作】日本テレビ、ユニオン映画

拍手[1回]

PR