忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

あんちゃん第二回 やさしすぎる!モテすぎる!

みんな可愛いね~。な第2回だった。
いやもうホントに、おばぁちゃんも可愛いし
徳子も可愛いし、振り回されるあんちゃんも可愛いし。
最初っから最後まで可愛いの連続だった。

今回はあんちゃんのもとへ次から次へと迷い人がやってきて
苦悩させられたり、いろいろと町のみんなに勘違いされちゃったり
不慣れな住職の活動にあたふたしながら
なんとか住職への道のりを1歩前進させるお話。

あんちゃんのもとには人が集まっちゃうのかな。
あんちゃん優しいんだ。無意識のうちにも答えられてるってのは
生まれ持ってのものだよね。そんなあんちゃんだからまた
人が集まってくるんだろうなぁ。
それにしても噂の広まるのが早い町だね。あんちゃんの
子供だとか、逢引してたとか。真意を確かめず広まる噂、あぁ~恐い(笑)
徳子はあんちゃんの事が好きなんだろうか。
もやっともやもや、可愛い乙女心だね~。おっかけっこが素敵じゃないか。
でも電話がきたのを伝えた時の”オンナ”って一言は結構、恐かったかも(笑)
可愛いといえばオジサンの後をついていくあんちゃんも可愛かったなぁ。
足おおっぴろげにあけてみたりの雑な歩き方して
ぴょこぴょこついていく感じがなんともいえないよ。
寝坊してとっさに苦しいいい訳してみたり。
出口が分からなくて慌てふためいて逆切れしてみたり
おじさんに教えてもらってる時のほのぼの具合とか
お披露目の儀式の時に文章を間違えたのか
ちょくちょく注意されて、たどたどしく読んでたり
いちいち確認しながら一つ一つ用事を片付けてるたどたどしさだったり
人が頼りにして集まってくる男のわりには
子供っぽいところがあるよね。
驚きっぷりは大げさでいいなぁ。
おばあちゃんにあった時の『何だよ!』が面白かった(笑)
あと、男女の機敏に疎いのか。友達のモヤモヤ加減が
あんちゃんにはちっとも伝わってない気がするのが
おかしくてしょうがないよ。
あんちゃんの周りにいる人は大変だな。
住職に正式決定してやれやれこれからが
本番ってところのようだが次からはどんな
受難が待ち受けているんだろうか~。次も楽しみだ。

今回の一番の見所。
あんちゃんが弟に文句言われた時の徳子のキレっぷり。

record:2007.04.26
本放送:1982.10.30

出演者
田野中一徹【水谷豊】、田野中徳子【伊藤蘭】
田野中文太【西山浩司】、宇佐木静【藤真利子】
川上音次【三浦洋一】、馬場一郎【岡本富士太】
小林伸一【ピーター】、杉山米夫【河西健司】
森山良江【ねもときよみ】、久富桃子【太田あや子】
山田とみ子【蜷川有紀】、栗林光子【西川ひかる】
島崎朋江【木内みどり】、中原定子【児島美ゆき】
栗林しげ【初井言栄】、内田国夫【東千代介】
野村仙造【木田三千雄】、原田【頭師孝雄】
島崎俊一【石関賢太郎】(子役)
中原わたる【大熊敏志】(子役)、夢子【長谷川奈穂】(子役)
実【小倉謙一】(子役)、雪江【星野さやか】(子役)
昇一【芨川豊英】、敏夫【塚本恭弘】
日本児童、ヤマプロ
森山岩男【村田英夫】、田野中頼子【淡島千景】

スタッフ
【脚本】金子成人

主題歌「普通のラブ・ソング」
 作詞:松本隆
 作曲:筒美京平
  歌:水谷豊(フォーライフレコード)

挿入歌「宇佐木温泉音頭」
 作詞:松本隆
 作曲:大滝詠一
  歌:角川博

【音楽】川村栄二
【タイトル画】湯村輝彦
【アニメーション】木下蓮三
【監修】逸見道郎
【技術】松下滋
【カメラ】興膳幹雄
【照明】関真久
【音声】島孝之
【調整】守屋誠一
【効果】倉橋静男
【編集】伊藤信行
【選曲】鈴木清司
【美術】伊東清
【装置】武田寛
【装飾】川合政行
【持道具】小川和男
【衣裳】花房孝治
【メイク】加藤久美子
【スタイリスト】合田瀧秀
【PR】河村良子
【演出補】太田雅晴
【TK】林満利子
【製作主任】長沢克明
【プロデューサー補】菊池昭康
【衣裳協力】(株)VIVID、三松
【製作協力】生田スタジオ
【プロデューサー】清水欣也、永野保徳
【演出】高井牧人
【製作】日本テレビ、ユニオン映画

拍手[0回]

PR