忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

あんちゃん第三回「ふるさとは、ほとんどビョーキ!」

成功してるものへの嫉妬。
成功してるものには分からない事なのかもしれないけど
一度くらいはある事だよねぇ。
その地位に溺れるものもあれば、そうでないものもあり。
おだてられ、褒められ、思いあがり
疎む人間もいれば、媚びる人間がよってきたりして
持つと恐いものの一つなのかもしれないね。
嘘も地位を確保したいが為なのかな。
もっと好かれたいチヤホヤされたい。嫌われたくない。
そんな事で嘘つき始めるとキリがないな。
本当の自分ではなく嘘に集まってきた人と仲良くしても
虚しくなるだけのような気がする。

今回の物語の中であんちゃんのセリフに
「そんな格好さぁ、お前に似合わないよ。チャボみたい。」
って一言があるんだけどチャボはお前だ~
と思った人はきっと何人もいるよね(笑)

いい雰囲気になってきた徳子とあんちゃんは
やっぱりひっつくのかな!?
一緒の傘に入ってみたり、手で目を隠してみたり
2人して可愛かった。でも、そんな可愛らしさはどこへやら
な、今回ああんちゃんの暴れっぷりが凄かったなぁ。
ケンカシーンが長いのね。
男2人でケンカしてる時は路地に入ったり出てきたりと
こっちから見えてる時と隠れる時があって面白かった。
隠れて出てくる時に何かカブッて出てくるとかボケがあれば
もっと面白かったのに・・・ってコントじゃないか。
一徹が金をつまれることに嫌悪感を覚えブンタをいかせた後
グダグダだったらしい尾等々につけられたクレームに対する
お母さんの怒とうの言い返しは流石だった(笑)
一番強くて一番相談役として向いてるのはお母さんだね。

record:2007.05.10
放送日:1982.11.06

メモ
■あんちゃん名刺を作る。
■留置場に入れられるあんちゃん。
■3本目に15年ほど前埋めたタイムカプセル発見。
■男4人で温泉。

地位を手に入れたことで疎まれるようになり
そんな周りの変化に戸惑うあんちゃん。
そんな時、町では町おこしの一環として一徹たちが昔
遊び場として使っていた公園を取り壊して別の建物を
たてようという案が出ていた。
住職である一徹に賛成票に投じてもらいたいと思う
発案者の男、小寺が一徹に近寄り味方につけようとする。
一徹は町おこしのためならと取り壊しに一旦賛成をするが
昔を思いだしているうちに意識は変わっていく。
公園取り壊しの反対の意思をかためた一徹だったが
何者かに襲われてしまい、ボコボコにされてしまう。
判決当日、怪我で動けないかと思われた一徹だったが
なんとか投票に間に合い反対票に投じる事が出来た。
一徹が反対票を投じたことで賛成派の人間が翻る事になり
町の仲間と仲直りし、公園の取り壊しは否決されることとなった。


出演者
田野中一徹【水谷豊】、田野中徳子【伊藤蘭】
田野中文太【西山浩司】、宇佐木静【藤真利子】
川上音次【三浦洋一】、馬場一郎【岡本富士太】
林田元【寺田農】
小林伸一【ピーター】、久富桃子【太田あや子】
木又圭六【市川好郎】、杉山米夫【河西健司】
山田とみ子【蜷川有紀】、安子【麻ミナ】
小川【高杉哲平】、まつ【大川万裕子】
丸山【下之坊正道】、商工会・会員1【加藤茂雄】
商工会・会員2【築池博】、商工会・会員3【打出親五】
商工会・会員4【草間幸夫】(※幸は王へんに幸)
男1【森岡隆見】、男2【星野晃】、男3【中瀬博文】
林田信子【甲斐みどり】(子役)、雪江【星野さやか】(子役)
実【小倉謙一】(子役)
擬斗・伊奈貫太
日本児童、劇団いろは、ヤマプロ
東吉【桑山正一】、小寺丑寅【内田朝雄】
田野中頼子【淡島千景】

スタッフ
【脚本】金子成人

主題歌「普通のラブ・ソング」
 作詞:松本隆
 作曲:筒美京平
  歌:水谷豊(フォーライフレコード)

挿入歌「宇佐木温泉音頭」
 作詞:松本隆
 作曲:大滝詠一
  歌:角川博

【音楽】川村栄二
【タイトル画】湯村輝彦
【アニメーション】木下蓮三
【監修】逸見道郎
【技術】松下滋
【カメラ】興膳幹雄
【照明】関真久
【音声】島孝之
【調整】守屋誠一
【効果】倉橋静男
【編集】伊藤信行
【選曲】鈴木清司
【美術】伊東清
【装置】武田寛
【装飾】川合政行
【持道具】小川和男
【衣裳】花房孝治
【メイク】加藤久美子
【スタイリスト】合田瀧秀
【PR】河村良子
【演出補】太田雅晴
【TK】林満利子
【製作主任】長沢克明
【プロデューサー補】菊池昭康
【衣裳協力】(株)VIVID、三松
【製作協力】生田スタジオ
【プロデューサー】清水欣也、永野保徳
【演出】吉野洋
【製作】日本テレビ、ユニオン映画

拍手[0回]

PR