忍者ブログ

水谷豊ファンブログ/ココロユタカニ。

水谷豊さんのファンブログです。データ収集は時間がないので休止中です。

あんちゃん最終回「ブルートレイン、極楽行き!」

水谷豊・田野中一徹
全26話。終わってしまったぁ・・・。
予告を見てたらとても悲しい終わり方をするのかと
思ってたんだけど・・・何だろうな、悲しいのは悲しかったけれど
自分なりに出きる一歩を考えて行動してたのがとても温かいというか。
何も出来ないけれど、自分を本当に必要としてくれている人に
真直ぐに向かい合ってるあんちゃんの姿がとても印象深い話だった。
最初はあんちゃん争奪戦で大騒動の幕開けと終りを
感じさせられるのが面白かった。みんな元気で、らしいなというか。
まだまだ走ってる途中なんだなというか。
でも、あんちゃんに頼りまくってて自分で何かを解決しようとする
気持ちにかけててね(笑)そういう所を見るとさ、反省しなきゃなとか思う。
誰かのせいにする、お前がなんとかしてくれれば
ひどく自己中心的な考え方で、論点がズレてて真剣に向かい合ってるのかという態度。
いろいろと考えさせられる作品ではあったな。

残念なのは徳子との恋愛事情かな。途中から軽く無視されたような状態で最後まで。
もっと何かあってもよかったのに。
全体を通すと笑いがメインの日がありマジメに人の行動について
語る時があり、騒がしい仲間達のなかで、時にしっかりと考え一歩ずつ
歩んでいくあんちゃんが見られたのはとてもよかった。
いつも何かに巻き込まれてて、いつも何かに悩まされててな。
最終話、メンバー全員がどう自分の悩みを対処していったのか
凄く気になるけれどこの先も続いているってそんな感じがしてんのはいい。
この先もあぁやってグダグダとあんちゃんに頼ったりしながら騒いでるんだろうと。
ラストには今まで関わってきた作り手の名前が今までとは違って
ズラッと上にスクロールされるカタチで出てきて、本当に終りなんだなと
少し淋しくなったけれど、何だか並んでお辞儀されてる気分にもなったな。
舞台上で幕が下りてきて手を振ってるようなね。
妙にお疲れ様ぁと言って拍手したい気分になったよ。

いいコーヒーは頼みごとの予感?
今回はブルーマウンテンが売れに売れてた。
みんなよってたかってブルーマウンテン。喫茶店は大盛況だな。
町中が一徹争奪戦になってたのが面白かったよ。
おとちゃんの部下が一徹を抱えあげて拉致ってたり(笑)
丁寧にお連れしろって結構なお姫様な扱いで部下に指示したらしいが。
おとちゃんなら拉致って来いと言いかねない(失礼)
このおとちゃん見てると奥さんの尻にしかれた旦那みたいなんだよね。
で、おとちゃんの話にキョトンとする一徹のチワワ的な目がまたイイんだこれ(何)
岩さんまでも一徹争奪戦に参戦!ブルマン頼むのに岩さん、名前が思いつかず一言。
「女学生が着た体操着みたいな名前のコーヒー」
・・・岩さんなら何でもアリだな(笑)
この大騒動の中で一人キチッとしてたしんちゃんはやっぱり大人なのかね。
だてに修羅場をくぐってきてない?!一徹からかって遊んでたけどな(笑)
「俺にも頼みごとしてもらいたい」って言うしんちゃん見て、初めて可愛いと思ったよ。

record:2007.10.15
放送日:1983/04/23

拍手[9回]

PR

あんちゃん第二十五回「ネコ好きVSネコ嫌い・・・その結果は?」

水谷豊・田野中一徹
ぬこっ!ねこっ!ぬこっ!ねこっ!!!ねこぉお!!
・・・・そろそろウザイな。
水谷豊さん@あんちゃんと猫という組み合わせが激しく
可愛くてどうしようかともんもんとした今回の話。
途中のみんなにあんちゃんが猫を飼うことを説得しにかかる所は
ホントにねぇ、にやにやが止まらなかったぞ。可愛いすぎるよ。
でもさ、そんな可愛いセットだったのに、悲しいオチだったんだよねぇ。
猫が死んでしまった。それが凄く嫌だった。
別に他のオチで良かったじゃないかって。
十分伝わったんだよ。徳ちゃんの反省も。あんちゃんの行動の意味も。
自分勝手な行動で安易な気持ちで起こってしまった事の重大さも。
小さくても命は命なんだっていうあんちゃんの言葉
必死になって探す行動に感動したもの。だからオチが凄く悲しかった。
簡単に飼う事を決めて、簡単に捨ててしまう人
そういう人に見て考えて欲しい回だったな。
日本の法律も器物に指定されてるけど猫や犬はモノじゃないんだよって。
生きてるんだって。人間の勝手で好き放題していいものじゃないのだと。
何だかしみじみとしてしまった。
とかマジメに言ってるけど、その後の本編かなりあっさりしてんの。
軽くズコッとした。大切だぁ~!つった後、サパッとしたあっさりさ。
いやぁ、もうちょっと思ってやるとか、あんちゃんが考え込む所があるとか
無いのかよって(笑)どうなんだ!ってな。あっさりしてたなぁ~
これにはビックリだ。

そうそうビックリといえば一徹の猫の暖め方な。初めてみたの。
体の冷えたであろう猫を温める時リキチ!って呼びながら
寒いか!?なんて言って口ではぁ~ってしたり抱え込んだりするシーンがあるんだよね。
でもリキチは冷たいままで、暖めようって必死になったんだろうね。
すごくすごく必死になった結果、あんちゃん、猫の顔を口にガバッてin・・・・。
そしてout・・・・再びin・・・。
初めて見た。あんな暖め方は始めてみたよ。やりすぎだ。
っつーか、そんな事するなら早く温かい場所へ連れていってやればいいのに。

皆で猫嫌い
これは新発見だなぁ~。発見っつーか新情報か。
母上が喘息で、徳子が耳かじられてから嫌いで、文太はアレルギー。
どんだけ猫にダメな家系だ(笑)一徹だけ大丈夫という事はやはり血の問題か。
あんちゃんだけ、猫を隠そうとしてソワソワしてたり、猫とじゃれてたり
少しの間だけ飼いたいからと頼んでるところはまるで子供みたいな態度で
可愛かったよ~。珍しいよねぇ。あんちゃんの小さい子供みたいな態度。
いつも振り回される側だから。
そういえば徳ちゃんのお見合いの話が広まってないのも珍しいことだよねぇ。
広まってたら確実に米ちゃん何か言ってくるもんな。
徳子とあんちゃんの2人の恋心の話が絡んできても良かったのにそれも無かった。
広まらなかったのは文太が車の話で忙しかったからかぁ?
相変わらず文太はバカなのかね。
100万の車がいきなり50万になる所で少しは怪しめ。
っていうか文太は調子が良すぎるよな。
車が欲しいから金くれ、んでもって金くれないあんちゃんに
自分の事は考えてくれてないって~~ってぇえええっ!!
なめてんのかっ!!(落ち着け
考えて貰っている、大切にしてもらっている=金が入るという事でもないよな
自分勝手すぎる、文太を軽くしばきたく・・・・(だから落ち着け
なんか荒木を見てる気分になった。似てんのかねぇ、この2人。
自分勝手といえば徳子だってそうだよな。自分が一番じゃないからうさ晴らしをしてしまった。
これも自分勝手な行動だよ。人間ってそんな所、あるんだろうな。誰しもさ。
誰もがあるからいいってワケじゃなくて自分だって行動を改める必要があるって事だけど。
う~ん、自分にも多々思い当たることがある。恐いほどな(笑)

メモ
■猫の名前・リキチ
■あんちゃんは小さい頃、よく猫を拾ってきていた
■田野中家は一徹以外猫がダメ

record:2007.10.06
放送日:1983/04/16

拍手[2回]


あんちゃん 第二十四回「花まつり・花ズモウ・大荒れ! 」

水谷豊・田野中一徹
極楽浄土って何だろう。そんな所から始まった今回のあんちゃん。
怨みや妬みに絡めて解いていく仙じいの中で
それを知らない人間たちがこれでもかっていうくらいにいがみ合う。
いたるところで対決のあらし。
あんまりいい気分にならない途中経過の話だった。
仙じいも出てきた時から最後が見えてたし。全体的に暗い。
前回があんな感じでやってたから余計にそう感じたのかも。

“嫉妬、憎しみ、妬み・・・人間誰しも持っている邪心の事で
 自分の邪心を知り、自分の弱さを知り、自分の至らなさをしった時に
 自分以外の人を好きになり、ゆるし、楽しくなるのじゃないかと”

これが極楽に繋がるのだという仙じいの言葉だが、分かっていてもなかなか出来ないな。
後に反省し、次につなげていく事はあったとしても、どれくらい許す事が出来るというのか。
こういう人って世の中にどれくらいいるんだろう。何ておだやかな人なんだろうと思ったよ。
こういう気持ちを持っているからか
仙じい、とても可愛いく見えた。仙じいが出てくるたびにほのぼのしてて心地いいのな。
きっと最後まで自分はあぁ~は、なれないだろうと思う。
言葉の意味を分かったとしても。けれどおだやかなる仙じいの言葉っていうのは
誰の教えよりも刻み込まれる深みのあるものだったな。

文太の恋
女性に見ほれている時のぽかーんとした顔はプリティだなと思った文太の恋。
まさかそこに恋だとはねぇって感じ。とみ子さんだってよ。年上好きだったとはな。
ライバルのいる中、恋は成就するのか!?ってあと2話しかないじゃないか!!
大変だなぁ。ところでライバルがとてつもなくおじさんっぽく見えるのだけれど
一応、文太と同じくらいの歳の人という設定なんだろうか。すごく気になる。

相撲対決
相撲対決ってもっとでぇーん、ぼよよーんって感じのを想像してたけれど
みんな細いッ、そして白すぎる(笑)
まわしつけてくるっくる回りながらのほぼ裸体な感じの対決は目の保養だったよ。
豊さんの筋肉のつき方は綺麗だし。なんといっても胸筋がねぇ~
・・・変態な感想になりそうなので自重します。
対決でビックリしたのはあんちゃんの強さ。前よりちょっとは強くなったかも程度で
おとちゃんと張り合うだけの体力がついてるんだよ。
これが女子プロでしごかれてた成果か・・・トレーナーなのに(笑)
しんちゃんの強さが気になる今日この頃である。

細かな事でケンカ
傍から見てたら誰もが悪いようにも思えるから不思議なケンカ満載だった。
母のケンカは、互いにじゃぁ、もう一回調べなおしてくるで良かったはずなのに。
引かないのねぇ、絶好って子供みたいだよ。
おとちゃんのは、一徹の行動に不思議もあったけれど完全におとちゃんの責任でワロタ。
半年間料金滞納。なんでだろう、おとちゃんらしいと思うのは。
その後の周りの対応が凄いんだよねぇ。ちやほやちやほや。
どんだけ周りに気を使わせてるのかと。確実にお姫様的な扱いよ。おとちゃん。
なんだかなんだ恐がられながらも愛されてるよなぁ。
料金は滞納しても、肩書きは気にするおとちゃん。頑張れおとちゃん。

メモ
■4時50分あと30分、ぐい寝。
■皿でもめごと、一徹の母といっちゃんの母。
■前回の相撲の優勝者はおとちゃん。
■徳子あんまり出番なし。
■一徹vsおとちゃん、1勝1敗で次回へ持ち越し。
■米ちゃん弱すぎる(笑)
■子供はあんちゃんの味方

record:2007.09.29
放送日:1983/04/09

拍手[1回]


あんちゃん第二十三回「超能力者・タノナカイッテツ」

水谷豊・田野中一徹
今日はあんちゃんの超能力の話。
あの穏やかな、機械とはあまり縁がなさそうな
町並みの中で、CGが使われている事がとても不思議な
というか違和感のある回だった。
今日もどっちかってぇとギャグ回だな。
あんちゃんは瓶を落とされたら超能力のスイッチが入るんだけど
その超能力期間に限って、みんなガッチャンガッチャン
割れ物を落とす落とす(笑)
普通、そんなに物割るなんてなかなかないのにな。
まぁ、割れ物が落とされてスイッチが入るってのには理由があって
超能力を備えるに至った過程が一歩間違えば死んでただろうという頭蓋骨直撃の
花瓶が頭に当たるとかいう事故からなんだけど。
なんなんだろうな・・・この昔のアニメ的な事故。
その事故の後、どこからかもう一人の一徹?が遠くからやってきて
寝そべってる一徹と同じように重なり一徹にin!!!
という事で、いわば一徹に入ってきたコヤツが超能力の種なんだよね。
変な踊りを踊りながらやってきてたとしても。
一徹の中に入るのに、一発で入れないで時間かかってても。
重要なキーポインツ。
幽体離脱じゃなくて、今回のは何っていうんだ・・・
えぇ~幽体侵入、潜入?・・・まぁ、いっか。
わざわざCG使ってまで入ってきたのは分かりやすさ重視なのかな。
どこから一徹激似のヤツがやってきたのか
あと、何で入ろうと思ったのかとか・・・何踊りですかとか・・・失礼な質問攻めをしたくなった。
超能力が発動する時がまた、仮面ライダーの変身みたいなクルクル感でねぇ。
遊びなのか本気なのかな微妙なラインのCG攻撃が良かったよ。
あと、入ってくる一徹の変な踊りの時、着物?浴衣?姿で踊ってるんだけど
足を高々と上げるものだからついつい目が股間に・・・。
いやぁ、チラッチラと白い・・(以下略

本当にいきなり超能力が使えるとなったらかなり悩むだろうな。
一徹も悩んでたけど。言っていい事なのか悪いことなのかっていうのもあるだろうし。
まぁ、金には困らないのだろうけど・・・苦労を考えると普通が一番かねぇ。
でも一徹ならギャンブルに使う前にそんな事って言いそうなのにな。

みんなの災難
えぇ~っと始まりと終りは一徹。そんでもって割れ物を落とした人々。
おとちゃんの車事故、ロクちゃん転落。
いっちゃん結婚ミス、乱闘で足もって引きづられる。
文太階段から落ちる。徳子博打に失敗。
あんちゃん徳子に追っかけまわされ、投げられる。
か~な~り災難率が高い(笑)みんなアチコチで大変だ。
徳子の投げっぷりは最高だった。徳子、勝者~!!強すぎます(笑)

一郎が結婚
どっちにしろ跡継ぎとしての結婚なんだなぁ。
今だったら嫌だぁとかって話が一本くらいありそうなものだけど。
いきなりな結婚話で驚いたぞ~。もっとユラユラしてて欲しかった。
でもさぁ、一目ぼれに近い感じで結婚しようとしてて、それが辞めになって
次って・・・凄く相手に失礼すぎるよな。
結構惚れやすいタイプなのは分かるんだけど。切替早すぎるのもなぁ~。
しかし、どんどん結婚を目指していくのね、一徹の周り。
最終回も間近だから身を固めて一つずつ解決してるのかな。
一徹・徳子はどうなるんだろう。

結論
一徹を信じた米ちゃんの一人勝ち。
小心者もたまにはOKッ。

メモ
■忍者・あんちゃん
■元さんにすがりつくあんちゃん
■橋本先生の研究材料のあんちゃん

record:2007.09.22
放送日:1983/04/02

拍手[1回]


あんちゃん第二十二回「心に平和を!おフトンに世界地図を!」

水谷豊・田野中一徹

今回の話は、米ちゃんメイン!
米ちゃんのイメージ通りだった。
親のあのプライドの高そうな感じとか過保護な所とか
おねしょくらいで凹みまくってみたりするところとか
ちょっと気の弱い良い所のおぼっちゃまな感じが、イメージ通り。
母親になかなか抵抗できないところも米ちゃんらしい。

米ちゃんの大脱走っぷりをかばう一徹たちは滑稽だったけれど
みんないい仲間すぎる。ホントいい仲間だよな。
コミカルな部分、ちゃかす面々、真剣に考える人たち
いろんな面から物を見る人がいる中で
その人の立場にたって何とかしようじゃないかと動く仲間っぷりは
ある種の感動ものだ。そういう素敵な仲間ってなかなか
出来るもんじゃないもんな。何かきっかけを与えようとする
あんちゃんのパパ的なところがとても温かく感じたよ。
人は失敗を乗り越えて育っていくもんなんだな。

それにしても米ちゃんの奇行は恐かったなぁ。
まず顔が(コラ
歩く時も一歩一歩ゆらゆら~ゆらゆらぁ~ぬきあしさしあし・・・
見た目、稲川淳二と対等。
何かすっごい体が冷たそうな感じするし。
夜中にあったら、絶対あーーーーっていうな。うん。
その名残が残ってんのか分からないけど、夜出歩いてない時でも
今回ちょっと恐いんだよ米ちゃん。あきらかに、どよ~んとした影が・・・。
近づいたら絶対、悪いものついてくる。
そんな米ちゃんを奇行を見てお仲間達は・・・静によけるヾ('o'ヾ('o'ヾ('o';)ォィォィォィ
誰か一人くらいドツいて欲しかったな。

完治したのか確かめる一徹
酒を飲ませてグッスリ眠ったところで、母上に大丈夫だと電話。
30になってどれだけ過保護だよ。
でもその時にのっそりと後を通っていく米ちゃんの姿が・・・
上手いなぁ(笑)
米ちゃんを慌てておいかけてみたけど、思い凄しだと分かったあんちゃん。
夢遊病が出たんじゃないかと思っておっかけたとは言えず、米ちゃんには
『ちょっとアレだからアレしようと思ってさ』
何一つつたわらねぇよっ!!
それに対して米ちゃんは一言「あぁ」
分かるのかよ!!ΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛
ホントにねぇ、友達って大切だねぇ(笑)

メモ
■米ちゃんの回
■30歳でおねしょ
■徳子の部屋に現る
■スナックゆけむり
■宇佐木通信を作った
■ミニコミ誌を出したいという文太の案から
■宇佐木通信の編集長は文太

record:2007.09.16
放送日:1983.03.26

拍手[0回]